FC2ブログ
当日行われた過去のクラシック・コンサートのライヴ録音を紹介いたします。ほかネットラジオ感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Orchestre National de l'ORTF - Orchestre national de France 1964-1976

CDもいくつか出している、フランス国立視聴覚研究所―通称INAの視聴覚アーカイヴがものすごいことになってました。
1964年から1976年までのフランス国立放送管弦楽団―1975年からフランス国立管弦楽団―の、大方の演奏会(定期、ツアー―ブザンソン音楽祭・ストラスブール音楽祭・ローザンヌ音楽祭、特別演奏会―現代音楽祭ロワイヤンも含む)が聴けます。
現状では視聴覚研究所のサイトから演奏会単位ではなく、作曲家・演奏家で単曲検索しか出来ないため、非常に使い辛いのが難点なことから、今回検索に検索を重ねて演奏会単位での抽出を試みました。
モノによっては録音が存在しないものもあり、演奏のデータもおそらく演奏日当日ではなく、後日の放送日(?)が記載されているものも多く、抽出は困難(というか面倒)を極めました。
しかし、まとめてみますとこのオーケストラの12年間の軌跡というものが実に多様でおもしろいのです。モーリス・ル・ルーの元、フランスを代表するおらがオーケストラだった国立放送管が、マルティノンの音楽監督就任やライヴァルパリ管の創設を経て近代化していく様が手に取るように分かる一大集成となっています。そんじょそこらの十何枚組程度のボックス・セットなんてもう時代遅れと言っていいような、それはもうすさまじいものです。
内容はあまりにも膨大なため、まだ7割程度しか精査出来ていませんが、取り急ぎ記事に値する抽出が完成したので載せてみることにします。演奏日の特定にはこちらのシャンゼリゼ劇場アーカイヴ検索を用いました。ただここにもプログラムのない演奏会も多いので、日付の特定に関してはINAに記載されてる日付しか特定できないものは、その日付の前に「伝」を付けています。
それと、いちおう有料になっています。小品で1曲0.99ユーロですから、ちょっと長めの演奏会プログラムひとつでトータル10ユーロもしないでしょう。これをお得とみるかどうか。ちなみにweb上でモニターできる音質と、購入後DLしたものとでは、音質がまるで違いますのでご安心を。目安としてはディスク・モンテーニュの各種の音源や、カイルベルト/フェラスのベトコン・ヨッフムのブル5などを出していたPekoの元音源がここだと思っていただければ分かり易いのではないでしょうか。

四の五の言うよりは、まずは聴いていただきましょう。指揮者別に載せています。音楽監督を務めたル・ルー、マルティノン以外は順不同です。


モーリス・ル・ルー(1923-1992)
ml.jpg

ムソルグスキー/ボリス・ゴドゥノフ(第3幕なし、ミロスラフ・チャンガロヴィチ、ロベール・マッサール、ジャン・ジロドーほか) 伝65.4.18
http://www.ina.fr/audio/PHF07009044

ベートーヴェン/荘厳ミサ(インゲボルク・ハルシュタイン、ルート・ヘッセ、ジャン・ピアース、デリック・オルセン) 65.10.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009060

モーツァルト/交響曲第40番、ショパン/P協奏曲第1番、プロコフィエフ/P協奏曲第3番(以上アレクシス・ワイセンベルク)、ラヴェル/ダフニスとクロエ第2組曲 66.6.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009130
http://www.ina.fr/audio/PHF07009131
http://www.ina.fr/audio/PHF07009132
http://www.ina.fr/audio/PHF07009133

モーツァルト/魔笛序曲、Vn協奏曲第5番「トルコ風」、ショスタコーヴィチ/Vn協奏曲第1番(レオニード・コーガン) 66.3.8
http://www.ina.fr/audio/PHD07008780
http://www.ina.fr/audio/PHD07008781
http://www.ina.fr/audio/PHD07008782

モンテヴェルディ/聖母マリアの夕べの祈り 67.1.10
http://www.ina.fr/audio/PHF07009169

ヘンデル/王宮の花火の音楽から、ブラームス/Vn協奏曲(ミシェル・シュヴァルベ)、ヴェーベルン/5つの小品、ストラヴィンスキー/アブラハムとイサク(オルセン)、バルトーク/舞踏組曲 伝65.1.7
http://www.ina.fr/audio/PHD07008862
http://www.ina.fr/audio/PHD07008863
http://www.ina.fr/audio/PHD07008864
http://www.ina.fr/audio/PHD07008865
http://www.ina.fr/audio/PHD07008866

モーツァルト/セレナータ・ノットゥルナ、ベートーヴェン/P協奏曲第4番(ミシェル・ベロフ)、ドビュッシー/イベリア 伝75.12.11(拍手なし)
http://www.ina.fr/audio/PHY07009817
http://www.ina.fr/audio/PHY07009818
http://www.ina.fr/audio/PHY07009819
http://www.ina.fr/audio/PHY07009820
http://www.ina.fr/audio/PHY07009821

クセナキス/メタスタシス、ピトプラクタ 伝68.10.26
http://www.ina.fr/audio/PHF07009048
http://www.ina.fr/audio/PHF07009049

G.マッソン/Dans le deuil des vagues初演、ディアファネイス初演、武満徹/テクスチュアズ、ミシェル・ドゥクー/ポリモルフィー初演、ヴァレーズ/アルカナ 伝67.4.13 ロワイヤン音楽祭
http://www.ina.fr/audio/PHF07009201
http://www.ina.fr/audio/PHF07009202
http://www.ina.fr/audio/PHF07009203
http://www.ina.fr/audio/PHF07009204
http://www.ina.fr/audio/PHF07009205

ジャン・マルティノン(1910-1976) 
ジャン・マルティノン
ブラームス/交響曲第2番、ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲、ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵 伝72.7.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009732
http://www.ina.fr/audio/PHF07009733
http://www.ina.fr/audio/PHF07009734

ドビュッシー/春、プロコフィエフ/P協奏曲第2番(ダニエル・ワイエンベルク)、ブリテン/イリュミナシオン(ジェラード・イングリッシュ)、マルティノン/トリプティーク~讃歌とロンド 74.4.4
http://www.ina.fr/audio/PHD07008726
http://www.ina.fr/audio/PHD07008727
http://www.ina.fr/audio/PHD07008728
http://www.ina.fr/audio/PHD07008729

ベートーヴェン/P協奏曲第5番「皇帝」(フィリップ・アントルモン)、合唱幻想曲、交響曲第7番 70.2.11 *生誕200年ベートーヴェン・フェスティヴァル
http://www.ina.fr/audio/PHF07008933
http://www.ina.fr/audio/PHF07008934
http://www.ina.fr/audio/PHF07008935

ベートーヴェン/Vn協奏曲(アイザック・スターン)、交響曲第3番「英雄」 70.1.28 *生誕200年ベートーヴェン・フェスティヴァル
http://www.ina.fr/audio/PHF07009494
http://www.ina.fr/audio/PHF07009495

ベートーヴェン/エグモントの音楽(アグネス・ギーベル)、交響曲第9番「合唱付」(ギーベル、マルガ・ヘフゲン、エリック・タピー、ヴァルター・クレッペル) 70.2.25 *生誕200年ベートーヴェン・フェスティヴァル
http://www.ina.fr/audio/PHF07009499
http://www.ina.fr/audio/PHF07009500

ベートーヴェン/大フーガ、トリプル(クリスティアン・フェラス、エリック・ハイドシェック、ポール・トルトゥリエ)、ロマンス1&2、交響曲第5番 70.3.11 *生誕200年ベートーヴェン・フェスティヴァル
http://www.ina.fr/audio/PHF07009505
http://www.ina.fr/audio/PHF07009506
http://www.ina.fr/audio/PHF07009507
http://www.ina.fr/audio/PHF07009508
http://www.ina.fr/audio/PHF07009509

ハイドン交響曲第85番「王妃」、R. シュトラウス/カプリッチョから終景(キャロル・ファーリー)、バルトーク/管弦楽の協奏曲 74.5.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009787
http://www.ina.fr/audio/PHF07009788
http://www.ina.fr/audio/PHF07009789

ベルリオーズ/ロメオとジュリエット全曲(ロジェ・ソワイエ他) 69.10.8/11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009466

シェーンベルク/グレの歌(ジークムント・ニムスゲルン、テレサ・ジリス・ガラ、マルガリータ・リローヴァ、ヴォルフガング・G・カッセル、マッティ・ユハニ) 71.1.27
http://www.ina.fr/audio/PHF07009580

ストラヴィンスキー/管楽器の交響曲、チャイコフスキー/P協奏曲第1番(ワイセンベルク)、プロコフィエフ/交響曲第5番 71.2.10
http://www.ina.fr/audio/PHF07009605
http://www.ina.fr/audio/PHF07009606
http://www.ina.fr/audio/PHF07009607

フォーレ/レクイエム(ジル・ゴメス、ソワイエ)、フローラン・シュミット/詩篇第47番(アンドレア・ギオ) 73.10.31
http://www.ina.fr/audio/PHD07008545
http://www.ina.fr/audio/PHD07008546

ブラームス/交響曲第1番、ベルリオーズ/夏の夜(ビクトリア・ロス・アンへレス)、ドビュッシー/海 70.9.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009558
http://www.ina.fr/audio/PHF07009559
http://www.ina.fr/audio/PHF07009560

ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」、シェーンベルク/5つの小品、バルトーク/中国の不思議な役人(組曲) 67.2.21
http://www.ina.fr/audio/PHF07009182
http://www.ina.fr/audio/PHF07009183

シューマン/ゲノフェーファ序曲、交響曲第1番「春」、ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ、優雅で感傷的なワルツ、ラ・ヴァルス 74.5.11
http://www.ina.fr/audio/PHD07008697
http://www.ina.fr/audio/PHD07008698
http://www.ina.fr/audio/PHD07008699
http://www.ina.fr/audio/PHD07008700
http://www.ina.fr/audio/PHD07008701

ヘンデル/ベレニーチェ序曲、モーツァルト/P協奏曲第23番、カサドシュ/P協奏曲(以上ロベール・カサドシュ)、コンスタン/シャコンヌ、軍隊行進曲、ドビュッシー/海 69.6.18
http://www.ina.fr/audio/PHF07009449
http://www.ina.fr/audio/PHF07009450
http://www.ina.fr/audio/PHF07009451
http://www.ina.fr/audio/PHF07009452
http://www.ina.fr/audio/PHF07009453

ショスタコーヴィチ/交響曲第14番「死者の歌」(ミシェル・ル・ブリス、ボリス・カルメリ)、三角帽子 伝72.1.3
http://www.ina.fr/audio/PHF07009628
http://www.ina.fr/audio/PHF07009629

ルーセル/バッカスとアリアーヌ~第1&第2組曲、メニン/交響曲第7番、チャイコフスキー/Vn協奏曲(ナタン・ミルシテイン) 69.6.4
http://www.ina.fr/audio/PHF07009446
http://www.ina.fr/audio/PHF07009447
http://www.ina.fr/audio/PHF07009448

ブラームス/P協奏曲第1番(アントルモン、なし)、交響曲第4番 71.6.16
http://www.ina.fr/audio/PHF07009637

J.C.バッハ/シンフォニアop.18-3、シューマン/P協奏曲(マウリツィオ・ポリーニ)、アラン・バンカール/パリンプセスト、ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵 72.3.1
http://www.ina.fr/audio/PHF07009673
http://www.ina.fr/audio/PHF07009674
http://www.ina.fr/audio/PHF07009675
http://www.ina.fr/audio/PHF07009676

チャイコフスキー/P協奏曲第2番(シルヴィア・ケルセンバウム)、ベルリオーズ/幻想交響曲 72.10.11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009684
http://www.ina.fr/audio/PHF07009685

バッハ/カンタータ第56番、ブラームス/ドイツ・レクイエム(ギーベル、ニムスゲルン、ジュール・ゲーテリュック/ob、デュッセルドルフ楽友協会合唱団) 72.10.25
http://www.ina.fr/audio/PHF07009686
http://www.ina.fr/audio/PHF07009687

マーラー/交響曲第3番 73.10.3
http://www.ina.fr/audio/PHF07009727

マーラー/子供の不思議な角笛(ジョセリーヌ・タイヨン、ニムスゲルン)、交響曲第1番「巨人」 71.11.17
http://www.ina.fr/audio/PHF07009659
http://www.ina.fr/audio/PHF07009660

プロコフィエフ/交響曲第1番「古典」、ショスタコーヴィチ/Vn協奏曲第2番(ダヴィッド・オイストラフ)、チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 71.10.20
http://www.ina.fr/audio/PHF07009653
http://www.ina.fr/audio/PHF07009654
http://www.ina.fr/audio/PHF07009655

バルトーク/Vn協奏曲2番(ヘンリク・シェリング)、青ひげ公の城(エリカ・ヴィーン、カルメリ) 71.3.17
http://www.ina.fr/audio/PHF07009614
http://www.ina.fr/audio/PHF07009615

ベートーヴェン/序曲レオノーレ第3番、ブラームス/Vn協奏曲(アルトゥール・グリュミオー)、ジョリヴェ/ジャンヌの真実~3つの交響的間奏曲、ラヴェル/ダフニスとクロエ第2組曲 伝69.4.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07009442
http://www.ina.fr/audio/PHF07009443
http://www.ina.fr/audio/PHF07009444
http://www.ina.fr/audio/PHF07009445

ルーセル/交響曲第3番、モーツァルト/P協奏曲第20番(ミシェル・ベグネール)、ブラームス/交響曲第4番 70.5.4ボルドー大劇場(ボルドー五月祭)
http://www.ina.fr/audio/PHF07009520
http://www.ina.fr/audio/PHF07009521
http://www.ina.fr/audio/PHF07009522

ラヴェル/シェエラザード序曲、サン=サーンス/交響曲ローマ、ベートーヴェン/P協奏曲第3番(ルドルフ・ゼルキン) 伝75.1.29
http://www.ina.fr/audio/PHD07008684
http://www.ina.fr/audio/PHD07008685
http://www.ina.fr/audio/PHD07008686

モーツァルト/P協奏曲第9番「ジュノーム」(Gersende de Sabran)、ミサ曲ハ短調(ギーベル、E.ブルンナー、ヴェルナー・ホルヴェーク、キース・エンゲン) 73.4.4サル・プレイエル
http://www.ina.fr/audio/PHF07009756
http://www.ina.fr/audio/PHF07009755

バッハ/ヨハネ受難曲(スカイラー・ハミルトン、ヘレン・ドナート、ヘフゲン、ホルスト・ラウベンタール、ペーター・メーフェン、ニムスゲルン) 73.4.11サル・プレイエル
http://www.ina.fr/audio/PHF07009757

ヴェーバー/魔弾の射手序曲、ドヴォルザーク/チェロ協奏曲(モーリス・ジャンドロン)、ドビュッシー/映像~イベリアから2曲、R. シュトラウス/ティル 伝69.10.5
http://www.ina.fr/audio/PHF07009456
http://www.ina.fr/audio/PHF07009457
http://www.ina.fr/audio/PHF07009459
http://www.ina.fr/audio/PHF07009460
http://www.ina.fr/audio/PHF07009461

バッハ(クロード・パスカル、マルセル・ビッチュ共編)/フーガの技法 伝70.2.1
http://www.ina.fr/audio/PHF07009480

ランドフスキ/交響曲第2番、フローラン・シュミット/イン・メモリアム~墓標、ルーセル/バレエ音楽「エネアス」 伝70.4.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07009477
http://www.ina.fr/audio/PHF07009478
http://www.ina.fr/audio/PHF07009479

ゴセック/交響曲第3番、ルネ・コーリン/Dynasties II、ルーセル/交響曲第3番、デュティーユ/メタボール 伝75.1.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009313
http://www.ina.fr/audio/PHF07009314
http://www.ina.fr/audio/PHF07009315
http://www.ina.fr/audio/PHF07009316

モーツァルト/踊れ喜べ幸いなる汝の魂よ、メンデルスゾーン/真夏の夜の夢から抜粋、ヒンデミート/気高き幻想、バッハ/クリスマス・オラトリオから、ミサ曲ロ短調~アニュス・デイ(ノーマ・プロクター) 伝69.12.10
http://www.ina.fr/audio/PHF07008978
http://www.ina.fr/audio/PHF07008979
http://www.ina.fr/audio/PHF07008980
http://www.ina.fr/audio/PHF07008981
http://www.ina.fr/audio/PHF07008982

ベルリオーズ/ロメオとジュリエット抜粋、ジャン=ルイ・マルティネ/交響的運動1番、フローラン・シュミット/サロメの悲劇 伝73.1.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009716
http://www.ina.fr/audio/PHF07009717
http://www.ina.fr/audio/PHF07009718

ビゼー/序曲「祖国」、ベートーヴェン/P協奏曲第1番(ジャン・フォンダ)、サン=サーンス/交響曲第3番「オルガン付」(ベルナール・ガヴォティ) 伝75.1.8
http://www.ina.fr/audio/PHD07008690
http://www.ina.fr/audio/PHD07008691
http://www.ina.fr/audio/PHD07008692

モーツァルト/フィガロの結婚序曲、P協奏曲第9番「ジュノーム」(ジャン・フォンダ)、プロコフィエフ/交響曲第7番 伝71.10.31
http://www.ina.fr/audio/PHF07009638
http://www.ina.fr/audio/PHF07009639
http://www.ina.fr/audio/PHF07009640

ヘンデル/水上の音楽、ベートーヴェン/交響曲第5番、ストラヴィンスキー/春の祭典 伝70.10.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009546
http://www.ina.fr/audio/PHF07009547
http://www.ina.fr/audio/PHF07009548

ベルリオーズ/ローマの謝肉祭、サン=サーンス/交響曲第3番「オルガン付」(Solange Robin-Chiapparin)、ドビュッシー/イベリア、ラヴェル/ダフニスとクロエ第2組曲 伝72.8.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009002
http://www.ina.fr/audio/PHF07009003
http://www.ina.fr/audio/PHF07009004
http://www.ina.fr/audio/PHF07009005
http://www.ina.fr/audio/PHF07009006
http://www.ina.fr/audio/PHF07009007

バッハ/管弦楽組曲2番、ストラヴィンスキー/ペトルーシュカ 伝71.11.21
http://www.ina.fr/audio/PHF07009656
http://www.ina.fr/audio/PHF07009658

マルティノン/あるギリシア悲劇への前奏曲、デュティーユ/交響曲第1番、マルティノン/交響曲第2番「Hymne a la vie」 伝71.7.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009597
http://www.ina.fr/audio/PHF07009598
http://www.ina.fr/audio/PHF07009599

プーランク/グローリア(ルイザ・ボサバリアン) 伝68.10.16
http://www.ina.fr/audio/PHF07009396

ピエール・デルヴォー(1917-1992)
dervaux.png

ドビュッシー/夜想曲から雲&祭り、ガーシュウィン/P協奏曲(ワイエンベルク)、ファリャ/恋は魔術師、ラヴェル/ボレロ 70.4.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009529
http://www.ina.fr/audio/PHF07009530
http://www.ina.fr/audio/PHF07009531
http://www.ina.fr/audio/PHF07009532
http://www.ina.fr/audio/PHF07009533

モーツァルト/皇帝ティートの慈悲序曲、セクストゥスの歌、チャイコフスキー/スペードの女王~ポリーナの歌(ノルマ・レーラー)、モーツァルト/P協奏曲第27番(アンヌ・ケフェレック)、プロコフィエフ/交響的協奏曲(クラウス・カンギーサー)、デュカ/魔法使いの弟子 70.11.16
http://www.ina.fr/audio/PHF07009588
http://www.ina.fr/audio/PHF07009589
http://www.ina.fr/audio/PHF07009590
http://www.ina.fr/audio/PHF07009591
http://www.ina.fr/audio/PHF07009592
http://www.ina.fr/audio/PHF07009593

ラロ/イスの王序曲、フランセ/6つの詩的な遊戯(マリー=クレール・ジャメ)、ドビュッシー/神聖な舞曲と世俗的な舞曲、ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵 伝73.11.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009008
http://www.ina.fr/audio/PHF07009009
http://www.ina.fr/audio/PHF07009010
http://www.ina.fr/audio/PHF07009011

カール・シューリヒト(1880-1967)
schulicht.jpg

ベートーヴェン/交響曲第1番、交響曲第9番「合唱付」(ギーベル、ヘフゲン、ラグナル・ウルフング、エドゥアルト・ヴォーリッツ) 65.6.15
http://www.ina.fr/audio/PHD07008811
http://www.ina.fr/audio/PHD07008812

マーラー/さすらう若人の歌、交響曲第2番「復活」(ゼーリヒ、エウジェニア・ザレスカ) 58.2.20
http://www.ina.fr/audio/PHD89036192

ベートーヴェン/エグモント序曲、リスト/P協奏曲第1番(サンソン・フランソワ)、ブラームス/交響曲第4番 57.6.22ストラスブール
http://www.ina.fr/audio/PHD89036210

ワーグナー/トリスタンとイゾルデ~前奏曲と愛の死、マーラー/さすらう若人の歌(ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ)、ベートーヴェン/交響曲第7番 57.9.9ブザンソン音楽祭
http://www.ina.fr/audio/PHD89036187

ワーグナー/神々の黄昏~抜粋(マリアンネ・シェヒ、ゼバスティアン・ファイアージンガー) 63.2.18サル・プレイエル
http://www.ina.fr/audio/PHD89028311

ブラームス/ドイツ・レクイエム(エルフリーデ・トレッチェル、ハインツ・レーフス) 55.2.10
http://www.ina.fr/audio/PHD89036367


ヘルマン・シェルヘン(1891-1966)
scherchen.png

バッハ/フーガの技法から、クロード・バリフ/A cor et a cri 作品39、マーラー/交響曲第5番 65.11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009067
http://www.ina.fr/audio/PHF07009068
http://www.ina.fr/audio/PHF07009069

オイゲン・ヨッフム(1902-1987)
ejochum.jpg

ベートーヴェン/P協奏曲第4番(ヴィルヘルム・ケンプ)、ブルックナー/交響曲第5番 69.10.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07008925
http://www.ina.fr/audio/PHF07008926

ポール・パレー(1886-1976)
paray.jpg

ブラームス/交響曲第3番、ラヴェル/スペイン狂詩曲、チャイコフスキー/P協奏曲第1番(バイロン・ジャニス) 64.5.12
http://www.ina.fr/audio/PHD07008891
http://www.ina.fr/audio/PHD07008892
http://www.ina.fr/audio/PHD07008893

シューマン/交響曲第4番、メンデルスゾーン/Vn協奏曲(スターン)、ミヨー/戦没者のための讃歌初演(これのみ作曲者指揮)、プロコフィエフ/Vn協奏曲第1番、ラヴェル/ラ・ヴァルス 66.6.28
http://www.ina.fr/audio/PHF07009135
http://www.ina.fr/audio/PHF07009136
http://www.ina.fr/audio/PHF07009137
http://www.ina.fr/audio/PHF07009138
http://www.ina.fr/audio/PHF07009139

フォーレ/歌劇「ペネロープ」全曲(リリアーヌ・ギトン、タイヨン、ギィ・ショーヴェ、エルネスト・ブラン、マッサール、ロベール・デュメ他) 74.3.9
http://www.ina.fr/audio/PHD07008629

ベルリオーズ/ファウストの劫罰(コンスエロ・ルビオ、ショーヴェ、ミシェル・ルー、ルイ・モーラン) 65.6.1 
http://www.ina.fr/audio/PHD07008813

ベルリオーズ/ファウストの劫罰(ステラ・アクサルリス、ショーヴェ、ジャック・マルス、パリ・マリノフ) 伝74.8.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07009760

ベートーヴェン/交響曲第1番、第9番「合唱付」(マリア・ポーザ、アリエット・シェデル、ゲオルク・イェルデン、マルス) 66.11.8
http://www.ina.fr/audio/PHF07009147
http://www.ina.fr/audio/PHF07009149

ラロ/イスの王序曲、シューマン/P協奏曲(レーヌ・ジャノーリ)、チャイコフスキー/交響曲第5番 70.11.25
http://www.ina.fr/audio/PHF07009569
http://www.ina.fr/audio/PHF07009570
http://www.ina.fr/audio/PHF07009571

ベートーヴェン/交響曲第8番、シューマン/Vc協奏曲(フレデリック・ロデオン)、パレー/カンタータ「ジャンヌ・ダルク没後500年を記念して」(アルベール・ランス、ドゥニーズ・モンテイユ) 伝73.12.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07009763
http://www.ina.fr/audio/PHF07009764
http://www.ina.fr/audio/PHF07009765

ベルリオーズ/序曲海賊、ピエルネ/少年十字軍から、ラヴェル/ボレロ、ベートーヴェン/Vn協奏曲(メニューイン) 伝72.6.5
http://www.ina.fr/audio/PHF07009677
http://www.ina.fr/audio/PHF07009678
http://www.ina.fr/audio/PHF07009679
http://www.ina.fr/audio/PHF07009680

パレー/交響曲第2番、モーツァルト/P協奏曲第9番「ジュノーム」(アンドレ・ワッツ)、ワーグナー/トリスタンとイゾルデ~前奏曲と愛の死、ワルキューレの騎行 伝68.11.27
http://www.ina.fr/audio/PHF07009417
http://www.ina.fr/audio/PHF07009418
http://www.ina.fr/audio/PHF07009419
http://www.ina.fr/audio/PHF07009420

フリッツ・リーガー(1910-1978)
rieger f

メンデルスゾーン/真夏の夜の夢序曲、エック/フランス組曲、ベルク/Vn協奏曲(イヴリー・ギトリス)、ベートーヴェン/交響曲第8番 1967.3.4
http://www.ina.fr/audio/PHF07009197
http://www.ina.fr/audio/PHF07009198
http://www.ina.fr/audio/PHF07009199
http://www.ina.fr/audio/PHF07009200

ベルリオーズ/リア王序曲、R. シュトラウス/4つの最後の歌(グンドゥラ・ヤノヴィッツ)、ブルックナー/交響曲第6番 71.3.3
http://www.ina.fr/audio/PHF07009611
http://www.ina.fr/audio/PHF07009612
http://www.ina.fr/audio/PHF07009613

リスト/P協奏曲2番(ニキタ・マガロフ)、ブルックナー/交響曲第7番 70.4.8
http://www.ina.fr/audio/PHF07009518
http://www.ina.fr/audio/PHF07009519

モーツァルト/交響曲第31番「パリ」、ブラッハー/協奏的音楽、プロコフィエフ/P協奏曲第5番(ベルナール・フラヴィニー)、シューマン/交響曲第4番 68.3.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009302
http://www.ina.fr/audio/PHF07009303
http://www.ina.fr/audio/PHF07009304
http://www.ina.fr/audio/PHF07009305

エンリケ・ホルダ(1911-1996)
jarda.png

ファリャ/讃歌、ヒナステラ/ハープ協奏曲初演(ニカノール・ザバレタ)、シューマン/交響曲第1番「春」 66.12.20
http://www.ina.fr/audio/PHF07009163
http://www.ina.fr/audio/PHF07009164
http://www.ina.fr/audio/PHF07009165

ベートーヴェン/交響曲第1番、モンサルバーチェ/バッハのシャコンヌの形態崩壊、グラナドス/歌劇「ゴイェスカス」(イザベル・ガルシサンス、ロザリオ・ゴメス、ライモンド・トーレス) 74.1.9
http://www.ina.fr/audio/PHF07009775
http://www.ina.fr/audio/PHF07009779
http://www.ina.fr/audio/PHF07009780

アンタル・ドラティ(1906-1988)
dorati.jpg

ベートーヴェン/序曲レオノーレ第2番、P協奏曲2番(タマーシュ・ヴァーシャリ)、ローベルト・ゲルハルト/ペスト 70.4.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07009538
http://www.ina.fr/audio/PHF07009539
http://www.ina.fr/audio/PHF07009540

ハイドン/交響曲第93番、プロコフィエフ/P協奏曲第3番(ユリ・ブーコフ)、ラヴェル/スペイン狂詩曲、ダフニスとクロエ第2組曲 65.11.23
http://www.ina.fr/audio/PHD07008764
http://www.ina.fr/audio/PHD07008765
http://www.ina.fr/audio/PHD07008766
http://www.ina.fr/audio/PHD07008767

モーツァルト/ルーチョ・シッラ序曲、メンデルスゾーン/Vn協奏曲(ジーノ・フランチェスカッティ)、ベルリオーズ/幻想交響曲 伝72.7.3
http://www.ina.fr/audio/PHF07009697
http://www.ina.fr/audio/PHF07009698
http://www.ina.fr/audio/PHF07009699

バッハ/マニフィカト、ストラヴィンスキー/春の祭典 68.4.24
http://www.ina.fr/audio/PHF07009346
http://www.ina.fr/audio/PHF07009347

ベルリオーズ/ベンヴェヌート・チェッリーニ序曲、ジョリヴェ/交響曲第3番、シューマン/Vc協奏曲(アントニオ・ヤニグロ)、ベートーヴェン/交響曲第4番 伝64.12.17
http://www.ina.fr/audio/PHD07008871
http://www.ina.fr/audio/PHD07008872
http://www.ina.fr/audio/PHD07008873
http://www.ina.fr/audio/PHD07008874

ブロムダール/シジフォス、ブルックナー/交響曲第4番「ロマンティック」 伝68.12.11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009421
http://www.ina.fr/audio/PHF07009422

ブラームス/ハイドン変奏曲、Vn協奏曲(フランチェスカッティ)、ラヴェル/スペイン狂詩曲、ダフニスとクロエ第2組曲 伝65.10.10
http://www.ina.fr/audio/PHF07009051
http://www.ina.fr/audio/PHF07009052
http://www.ina.fr/audio/PHF07009053
http://www.ina.fr/audio/PHF07009054

ドラティ/7つの小品初演(クレア・ベルナール) 伝65.9.19
http://www.ina.fr/audio/PHF07009050

ロヴロ・フォン・マタチッチ(1899-1985)
matacic.jpg

ベルク/Vn協奏曲(コーガン)、リスト/ファウスト交響曲 70.5.13
http://www.ina.fr/audio/PHF07009544
http://www.ina.fr/audio/PHF07009545

ショパン/P協奏曲第2番(ベグネール)、ブルックナー/交響曲第3番「ワーグナー」 65.1.26
http://www.ina.fr/audio/PHD07008798
http://www.ina.fr/audio/PHD07008799

R. シュトラウス/死と浄化、エレクトラ~ひとりだ!何と悲しいこと、サロメ~7つのヴェールの踊り、ワーグナー/神々の黄昏~ジークフリートのラインへの旅・葬送行進曲・終景(リアーネ・ジネック) 65.5.4
http://www.ina.fr/audio/PHD07008822
http://www.ina.fr/audio/PHD07008823
http://www.ina.fr/audio/PHD07008824
http://www.ina.fr/audio/PHD07008825

ヴィトルド・ロヴィツキ(1914-1989)
rowicki.png

ペンデレツキ/広島の犠牲者に捧げる哀歌、ヒナステラ/Vc協奏曲(アウロラ・ナトーラ・ヒナステラ)、リムスキー=コルサコフ/シェエラザード 74.3.27
http://www.ina.fr/audio/PHD07008608
http://www.ina.fr/audio/PHD07008609
http://www.ina.fr/audio/PHD07008610

クルピンスキ/2つの小屋序曲、タデウシュ・バイルト/墓碑の音楽、ボグスワフスキ/イントナツィオーニ、プロコフィエフ/スキタイ組曲 伝67.12.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009239
http://www.ina.fr/audio/PHF07009240
http://www.ina.fr/audio/PHF07009241
http://www.ina.fr/audio/PHF07009242

アレクサンダー・ギブソン(1926-1995)
gibson.png

ブリテン/鎮魂交響曲、ピエール・ペティ/2つのギターの協奏曲(アレクサンドル・ラゴヤ、イーダ・プレスティ)、チャイコフスキー/交響曲第4番 伝65.1.21
http://www.ina.fr/audio/PHD07008803
http://www.ina.fr/audio/PHD07008804
http://www.ina.fr/audio/PHD07008805

ベルリオーズ/序曲海賊、モーツァルト/交響曲第34番、ベルク/Vn協奏曲(リカルド・オドノポゾフ)、ドヴォルザーク/交響曲第7番 伝68.11.13
http://www.ina.fr/audio/PHF07009413
http://www.ina.fr/audio/PHF07009414
http://www.ina.fr/audio/PHF07009415
http://www.ina.fr/audio/PHF07009416

岩城宏之(1932-2006)
iwakih.jpg

ブラームス/P協奏曲第2番(ブルーノ・レオナルド・ゲルバー)、武満徹/テクスチュアズ、バルトーク/弦チェレ 65.10.19
http://www.ina.fr/audio/PHD07008788
http://www.ina.fr/audio/PHD07008789
http://www.ina.fr/audio/PHD07008790

シュトックハウゼン/ミクストゥール第1稿と第2稿、黛敏郎/舞楽、バルトーク/P協奏曲第2番(スヴャトスラフ・リヒテル) 伝67.5.11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009206
http://www.ina.fr/audio/PHF07009207
http://www.ina.fr/audio/PHF07009208
http://www.ina.fr/audio/PHF07009209

パウル・クレツキ(1900-1973)
klecki.jpg

シューマン/序曲マンフレッド(なし)、ブラームス/ダブル、プロコフィエフ/交響曲第5番 65.11.9
http://www.ina.fr/audio/PHD07008768
http://www.ina.fr/audio/PHD07008769

ワーグナー/名歌手前奏曲、チャイコフスキー/Vn協奏曲(フランチェスカッティ)、マーラー/交響曲第1番「巨人」 伝70.5.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009523
http://www.ina.fr/audio/PHF07009524
http://www.ina.fr/audio/PHF07009525

モーツァルト/交響曲第39番、マーラー/大地の歌(ナン・メリマン、エルンスト・ヘフリガー) 伝64.5.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07008927
http://www.ina.fr/audio/PHF07008928

ベートーヴェン/序曲コリオラン、P協奏曲第3番(エミール・ギレリス)、マーラー/交響曲第1番「巨人」 伝71.9.1
http://www.ina.fr/audio/PHF07008959
http://www.ina.fr/audio/PHF07008960
http://www.ina.fr/audio/PHF07008961

ブラームス/P協奏曲第2番(ユージン・イストミン)、交響曲第1番 65.5.11(全部なし)

キリル・コンドラシン(1914-1981)
kondrashin.jpg

モーツァルト/ドン・ジョヴァンニ序曲(なし)、プロコフィエフ/P協奏曲第3番(フランソワ、なし)、ショスタコーヴィチ/交響曲第8番 69.2.5
http://www.ina.fr/audio/PHF07009389

グリンカ/カマリンスカヤ、プロコフィエフ/十月革命20周年記念カンタータ(モスクワ・A・ユルロフ合唱団) 伝74.9.3
http://www.ina.fr/audio/PHF07009790
http://www.ina.fr/audio/PHF07009792

ラヴェル/マ・メール・ロワ、プロコフィエフ/Vn協奏曲第2番(パヴェル・コーガン)、シベリウス/交響曲第2番 74.11.6
http://www.ina.fr/audio/PHD07008713
http://www.ina.fr/audio/PHD07008714
http://www.ina.fr/audio/PHD07008715

ダヴィッド・オイストラフ(1908-1974)
david.jpg

モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」、シベリウス/Vn協奏曲(イーゴリ・オイストラフ)、ワーグナー/名歌手第3幕から抜粋、トリスタン~前奏曲と愛の死、タンホイザー序曲 71.10.27
http://www.ina.fr/audio/PHF07009647
http://www.ina.fr/audio/PHF07009648
http://www.ina.fr/audio/PHF07009649
http://www.ina.fr/audio/PHF07009650
http://www.ina.fr/audio/PHF07009651
http://www.ina.fr/audio/PHF07009652

ベートーヴェン/エグモント序曲、P協奏曲第1番(ヴァッソ・デヴェッツィ)、マーラー/交響曲第4番(イワノワ) 68.4.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009348
http://www.ina.fr/audio/PHF07009349
http://www.ina.fr/audio/PHF07009350

シューベルト/交響曲第2番、モーツァルト/Vn協奏曲第4番(弾き振り)、プロコフィエフ/交響曲第5番 66.4.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009106
http://www.ina.fr/audio/PHF07009107
http://www.ina.fr/audio/PHF07009108

デジレ・エミール・アンゲルブレシュト(1880-1965)
ingherbrescht.jpg

ムソルグスキー/禿山の一夜、セレナヘリブの陥落、子供部屋(E.シュトックハウゼン)、ホヴァンシチーナから抜粋(ベルナール・ドゥミニー)、ボリス・ゴドゥノフからポーランドの場(3幕1場、M.グランシェ、J.モリアン、ドゥミニー) 伝65.2.11
http://www.ina.fr/audio/PHD07008793
http://www.ina.fr/audio/PHD07008794
http://www.ina.fr/audio/PHD07008795
http://www.ina.fr/audio/PHD07008796
http://www.ina.fr/audio/PHD07008797

ワーグナー/タンホイザーから、フローラン・シュミット/詩篇第47番、シャブリエ/シュラミの女(グランシェ)、ボロディン/イーゴリ公~だったん人の踊り 伝64.3.29
http://www.ina.fr/audio/PHZ07009872
http://www.ina.fr/audio/PHZ07009873
http://www.ina.fr/audio/PHZ07009874
http://www.ina.fr/audio/PHZ07009875

シャルル・ミュンシュ(1891-1968)
munch.png

バッハ/ブランデンブルク協奏曲第3番、ランドフスキ/交響曲第2番、リスト/P協奏曲第1番(ニコル・アンリオ=シュヴァイツァー)、ブラームス/交響曲第2番 65.11.16
http://www.ina.fr/audio/PHD07008770
http://www.ina.fr/audio/PHD07008771
http://www.ina.fr/audio/PHD07008772
http://www.ina.fr/audio/PHD07008773

モーツァルト/フリーメイソン葬送音楽、ミヨー/P協奏曲(ジャン・ドワイヤン)、デュティーユ/メタボール、ラヴェル/P協奏曲(アンリオ=シュヴァイツァー)、バロー/ある影への捧げ物、ルーセル/バッカスとアリアーヌ第2組曲 66.11.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07009025
http://www.ina.fr/audio/PHF07009026
http://www.ina.fr/audio/PHF07009027
http://www.ina.fr/audio/PHF07009028
http://www.ina.fr/audio/PHF07009029
http://www.ina.fr/audio/PHF07009030

ベルリオーズ/ベンヴェヌート・チェッリーニ序曲、ルーセル/交響曲第4番、デュティーユ/メタボール、ドビュッシー/海 伝66.10.13
http://www.ina.fr/audio/PHF07009021
http://www.ina.fr/audio/PHF07009022
http://www.ina.fr/audio/PHF07009023
http://www.ina.fr/audio/PHF07009024

シャルル・ブリュック(1911-1995)
bruck.jpg

ニッコロ・カスティリオーニ/デコール、バイルド/主題なしの変奏曲仏初演、プロコフィエフ/P協奏曲第2番(アンリオ=シュヴァイツァー)、コンスタン/マルドロールの歌仏初演、イーヴォ・マレク/シグマ 伝64.11.5
http://www.ina.fr/audio/PHF07009039
http://www.ina.fr/audio/PHF07009040
http://www.ina.fr/audio/PHF07009041
http://www.ina.fr/audio/PHF07009042
http://www.ina.fr/audio/PHF07009043

ベートーヴェン/序曲レオノーレ第3番、P協奏曲第3番、P協奏曲第5番「皇帝」(ギレリス) 69.10.28(なし)

グレツキ/Scontri、チェレプニン/P協奏曲第5番(クロード・エルフェ)、ペルト/無窮動、ドナルド・ハリス/2楽章の交響曲、リドホルム/ポエシス 66.10.25(なし)

タンスマン/管弦楽のための6つの練習曲、バルトーク/P協奏曲第3番(ゲーザ・アンダ)、ポール・メファノ/Incidences初演、コダーイ/ハンガリー詩篇(ヨーゼフ・シマンディ) 67.5.19(なし)

ベルリオーズ/序曲海賊、アンリ・バロー/協奏交響曲、ストラヴィンスキー/ペトルーシュカ 66.10.4(なし)

レナード・バーンスタイン(1918-1990)
lb.jpg

コンスタン/24の前奏曲、マーラー/交響曲第2番「復活」(ベルト・モンマール、オラリア・ドミンゲス) 58.11.20
http://www.ina.fr/audio/PHD89036095

ベルリオーズ/序曲ローマの謝肉祭、シューマン/交響曲第2番、ショスタコーヴィチ/交響曲第5番 66.11.30(なし)

ベルリオーズ/イタリアのハロルド(ドナルド・マッキネス)、幻想交響曲 76.11.1-2(なし)

ミヨー/世界の創造、シューマン/Vc協奏曲(ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ)、ブロッホ/シェロモ、ミヨー/屋根の上の牛 76(なし)

アーロン・コープランド(1900-1990)
copland.jpg

コープランド/アパラチアの春、P協奏曲(ノエル・リー)、インスケープ、交響曲第1番 71.6.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009642
http://www.ina.fr/audio/PHF07009643
http://www.ina.fr/audio/PHF07009644
http://www.ina.fr/audio/PHF07009645

ゲオルク・ショルティ
solti.png

ベートーヴェン/交響曲第4番、マーラー/亡き子をしのぶ歌(ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ)、バルトーク/管弦楽の協奏曲 64.5.5
http://www.ina.fr/audio/PHD07008894
http://www.ina.fr/audio/PHD07008895
http://www.ina.fr/audio/PHD07008896

ブリテン/青少年の管弦楽入門、ショパン/P協奏曲第1番(マガロフ)、ブラームス/交響曲第4番 伝65.10.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009057
http://www.ina.fr/audio/PHF07009058
http://www.ina.fr/audio/PHF07009059

ヨーゼフ・クリップス(1902-1974)
krips.jpg

モーツァルト/交響曲第40番、アヴェ・ヴェルム・コルプス、レクイエム(ギーベル、ヘフゲン、ウィリアム・ブランケンシップ、カルメリ) 65.11.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07009064
http://www.ina.fr/audio/PHF07009065
http://www.ina.fr/audio/PHF07009066

ベートーヴェン/交響曲第1番 伝65.10.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009055

ジョルジュ・セバスチャン(1903-1989)
sebasutien.jpg

ベートーヴェン/フィデリオ序曲、シューマン/交響曲第4番、チャイコフスキー/交響曲第5番 65.10.26
http://www.ina.fr/audio/PHF07009061
http://www.ina.fr/audio/PHF07009062
http://www.ina.fr/audio/PHF07009063

R. シュトラウス/エレクトラ(アニヤ・シリヤ、ジーン・マデイラ、ベリット・リンドホルム、ゲルト・ニーンシュテット、ジロドー) 66.6.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07009134

R. シュトラウス/アルプス交響曲、死と浄化 64.3.24
http://www.ina.fr/audio/PHD07008900
http://www.ina.fr/audio/PHD07008901

シューマン/交響曲第1番「春」、マーラー/大地の歌(リタ・ゴール、ケネス・マクドナルド) 伝69.10.8
http://www.ina.fr/audio/PHF07009455
http://www.ina.fr/audio/PHF07009454

ブラームス/悲劇的序曲、リスト/P協奏曲第1番(ヴェンティスラフ・ヤンコフ)、シューマン/交響曲第4番 伝71.7.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009630
http://www.ina.fr/audio/PHF07009631
http://www.ina.fr/audio/PHF07009632

モーツァルト/フィガロ序曲、P協奏曲第19番(アリシア・デ・ラローチャ)、シューベルト/交響曲第8番「グレート」 伝71.7.27
http://www.ina.fr/audio/PHF07009633
http://www.ina.fr/audio/PHF07009634
http://www.ina.fr/audio/PHF07009635

ワーグナー/ラインの黄金(フランツ・マツーラ、ナディーヌ・ドゥニーズ、ゾルターン・ケーレメン、ヴィクター・フォン・ハーレム) 75.1.19 
http://www.ina.fr/audio/PHF07009318

マーラー/交響曲第8番「千人の交響曲」(リアーネ・ジネック、コレット・ヘルツォーク、ヘルガ・イェンケル、ヘッセ、ブランケンシップ、H.O.クローゼ、ニーンシュテット) 伝64.11.26
http://www.ina.fr/audio/PHD07008885

R. シュトラウス/エレクトラ(ウルズラ・シュレーダー=ファイネン、ロバータ・クニー、エーヴァ・ランドヴァー、フリッツ・ウール、ノーマン・ベイリー) 伝73.6.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07008929

バルトーク/青ひげ公の城抜粋(イルマ・エシェニー、フェレンツ・サルマ)、ワーグナー/トリスタン~前奏曲と愛の死、タンホイザー序曲、ローエングリン3幕前奏 伝70.10.21
http://www.ina.fr/audio/PHF07009553
http://www.ina.fr/audio/PHF07009554
http://www.ina.fr/audio/PHF07009556
http://www.ina.fr/audio/PHF07009557

ジョルジュ・ツィピーヌ(1907-1987)
tzipine.jpg

イベール/モーツァルトへのオマージュ、オネゲル/交響曲第5番、ラヴェル/優雅で感傷的なワルツ、ドビュッシー/映像~春のロンド 68.2.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009290
http://www.ina.fr/audio/PHF07009291
http://www.ina.fr/audio/PHF07009292
http://www.ina.fr/audio/PHF07009293

メンデルスゾーン/静かな海と愉しい航海、イヴォンヌ・デポルト/交響曲第3番、ルーセル/組曲作品33 伝72.1.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009624
http://www.ina.fr/audio/PHF07009625
http://www.ina.fr/audio/PHF07009626

ロッシーニ/泥棒かささぎ序曲、ハイドン/交響曲第103番「太鼓連打」、サン=サーンス/Vn協奏曲第2番(クララ・ボナルディ)、オネゲル/交響曲第5番 伝71.2.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009565
http://www.ina.fr/audio/PHF07009566
http://www.ina.fr/audio/PHF07009567
http://www.ina.fr/audio/PHF07009568

ブラームス/悲劇的序曲、ベートーヴェン/P協奏曲第1番(ジェルジー・シェベーク)、レイモン・ルシュール/ラモーへのオマージュ、ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ、ボレロ 伝65.4.22
http://www.ina.fr/audio/PHD07008844
http://www.ina.fr/audio/PHD07008845
http://www.ina.fr/audio/PHD07008846
http://www.ina.fr/audio/PHD07008847
http://www.ina.fr/audio/PHD07008848

ルーセル/パドマーヴァティ(ゴール、タイヨン、セネシャル、マッサール、タピーほか) 71.11.22 全曲
http://www.ina.fr/audio/PHF07009603

タンスマン/4つのムーヴメント、ロジェ・カルメリ/オルガン、弦楽と打楽器の協奏曲初演、ジョリヴェ/交響曲第1番 伝70.4.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009496
http://www.ina.fr/audio/PHF07009497
http://www.ina.fr/audio/PHF07009498

モーツァルト/交響曲第32番、エマニュエル・ボンドヴィル/舞踏交響曲、R.ルシュール/マダガスカル狂詩曲、コダーイ/ハーリ・ヤーノシュ 伝68.7.11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009355
http://www.ina.fr/audio/PHF07009356
http://www.ina.fr/audio/PHF07009357
http://www.ina.fr/audio/PHF07009358

ルイ・フレスティエ(1892-1976)
fourestier.png

ダンディ/交響的変奏曲「イシュタール」、フレスティエ/交響詩「サン・ヴァレリー」、
ブルッフ/Vn協奏曲第1番(ジャニーヌ・アンドラード)、シューマン/交響曲第3番「ライン」 伝70.2.11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009490
http://www.ina.fr/audio/PHF07009491
http://www.ina.fr/audio/PHF07009492
http://www.ina.fr/audio/PHF07009493

フランソワ=ジュリアン・ブラン(1909-1990)
ss.jpg

シューマン/交響曲第4番、ヴィエニャフスキVn協奏曲第2番(ジャン=ピエール・ヴァレーズ)、オーリック/画家とモデル、レスピーギ/ローマの松 伝70.4.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009501
http://www.ina.fr/audio/PHF07009502
http://www.ina.fr/audio/PHF07009503
http://www.ina.fr/audio/PHF07009504

ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)
isserstedt.jpg

ベートーヴェン/序曲レオノーレ第3番、P協奏曲第5番「皇帝」(ヴァン・クライバーン)、ブラームス/交響曲第2番 64.6.30
http://www.ina.fr/audio/PHD07008888
http://www.ina.fr/audio/PHD07008889
http://www.ina.fr/audio/PHD07008890

ボリス・ブラッハー/パガニーニ変奏曲、ブラームス/Vn協奏曲(フランチェスカッティ)、ベートーヴェン/交響曲第7番 72.12.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009688
http://www.ina.fr/audio/PHF07009689
http://www.ina.fr/audio/PHF07009690

リヒャルト・クラウス(1902-1978)
rkraus.jpg

R. シュトラウス/無口な女から抜粋(インゲボルク・ハルシュタイン、H.ホッペ、カール・クリスティアン・コーン)、ダフネから間奏曲と終曲(メリッタ・ムスツェリー)、ナクソスのアリアドネ~ツェルビネッタのアリア、ダナエの愛~第2幕終結部(ヒュー・ベレスフォード) 伝64.11.10
http://www.ina.fr/audio/PHD07008881
http://www.ina.fr/audio/PHD07008882
http://www.ina.fr/audio/PHD07008883
http://www.ina.fr/audio/PHD07008884

ヤーノシュ・フェレンチーク(1907-1984)
ferencsik.jpg

バルトーク/管弦楽の協奏曲、青ひげ公の城(フェレンツ・サルマ、オルガ・ショーニュイ) 65.10.5
http://www.ina.fr/audio/PHD07008774
http://www.ina.fr/audio/PHD07008775

ハンス・スワロフスキー(1899-1975)
hs.jpg

シェーンベルク/ペレアスとメリザンド、R. シュトラウス/6つの歌作品68から4曲(ヴィルマ・リップ)、ヒンデミート/画家マティス 伝68.314
http://www.ina.fr/audio/PHF07009294
http://www.ina.fr/audio/PHF07009295
http://www.ina.fr/audio/PHF07009296
http://www.ina.fr/audio/PHF07009297
http://www.ina.fr/audio/PHF07009298
http://www.ina.fr/audio/PHF07009299

ジャン=クロード・カサドシュ(1935-)
jcc.jpg

デュカ/ペリ~ファンファーレ(なし)、シャブリエ/音楽への頌歌、ラヴェル/左手のP協奏曲(ドミニク・メルレ)、ストラヴィンスキー/春の祭典 74.12.11
http://www.ina.fr/audio/PHD07008687
http://www.ina.fr/audio/PHD07008688
http://www.ina.fr/audio/PHD07008689

ロリン・マゼール(1930-)
maazel.jpg

ショスタコーヴィチ/祝典序曲、バルトーク/Vn協奏曲第2番(ピエール・ドゥカン)、ストラヴィンスキー/火の鳥全曲 74.4.24
http://www.ina.fr/audio/PHD07008626
http://www.ina.fr/audio/PHD07008627
http://www.ina.fr/audio/PHD07008628

ブリテン/青少年の管弦楽入門、プロコフィエフ/P協奏曲第5番(リヒテル)、ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界から」 67.4.18
http://www.ina.fr/audio/PHF07009217
http://www.ina.fr/audio/PHF07009218
http://www.ina.fr/audio/PHF07009219

モーツァルト/劇場支配人序曲、魔笛~わたしは鳥刺し、ドン・ジョヴァンニ~セレナード、フィガロの結婚~もう飛ぶまいぞこの蝶々(ジェラール・スゼー)、ベートーヴェン/交響曲第4番、ヴォルフ/竪琴弾きの歌~3曲、R. シュトラウス/ツァラトゥストラはかく語りき 70.12.16
http://www.ina.fr/audio/PHF07009572
http://www.ina.fr/audio/PHF07009573
http://www.ina.fr/audio/PHF07009574
http://www.ina.fr/audio/PHF07009575
http://www.ina.fr/audio/PHF07009576
http://www.ina.fr/audio/PHF07009577
http://www.ina.fr/audio/PHF07009578

ワーグナー/ローエングリン第1幕前奏曲、マーラー/亡き子をしのぶ歌(F=ディースカウ)、ブラームス/交響曲第3番 69.11.5 *サヴァリッシュ代役
http://www.ina.fr/audio/PHF07009469
http://www.ina.fr/audio/PHF07009470
http://www.ina.fr/audio/PHF07009471

バッハ/管弦楽組曲第3番、ドビュッシー/海、ブラームス/交響曲第1番 66.5.3
http://www.ina.fr/audio/PHF07009119
http://www.ina.fr/audio/PHF07009120
http://www.ina.fr/audio/PHF07009121

ラヴェル/子供と魔法、ダフニスとクロエ第1・第2組曲 69.11.19
http://www.ina.fr/audio/PHF07009475
http://www.ina.fr/audio/PHF07009476

ベートーヴェン/ロマンス第1番、モーツァルト/Vn協奏曲第5番(弾き振り)、バルトーク/ハンガリーの風景、シベリウス/交響曲第5番 伝70.10.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009549
http://www.ina.fr/audio/PHF07009550
http://www.ina.fr/audio/PHF07009551
http://www.ina.fr/audio/PHF07009552

ドビュッシー/遊戯、アンリ・ソーゲ/P協奏曲第1番(デヴェッツィ)、ラヴェル/スペインの時(ジャーヌ・ベルビエ/コンセプシオン、ミシェル・アメル/ゴンザルヴェ、ジャン・ジロドー/トルケマダ、マッサール/ラミーロ、アンドレ・ヴェシエール/ドン・ゴメス) 伝64.12.3
http://www.ina.fr/audio/PHD07008878
http://www.ina.fr/audio/PHD07008879
http://www.ina.fr/audio/PHD07008880

カール・ミュンヒンガー(1915-1990)
cm.jpg

モーツァルト/フィガロの結婚序曲、協奏交響曲、シューベルト/交響曲第8番「グレート」 66.5.17(拍手なし)
http://www.ina.fr/audio/PHF07009125
http://www.ina.fr/audio/PHF07009126
http://www.ina.fr/audio/PHF07009127

ローベルト・ベンツィ(1937-)
benzi.jpg

ロッシーニ/弦楽ソナタ5番、泥棒かささぎ序曲、スターバト・マーテル(ナンシー・テータム、レジーナ・サーファティ、ラヨシュ・コスマ、ソワイエ) 68.11.20
http://www.ina.fr/audio/PHF07009380
http://www.ina.fr/audio/PHF07009381
http://www.ina.fr/audio/PHF07009382

ストラヴィンスキー/詩篇交響曲、リスト/ファウスト交響曲(ルドヴィグ・スピース) 伝66.6.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009128
http://www.ina.fr/audio/PHF07009129

ブルーノ・マデルナ(1920-1973)
maderna.jpg

モーツァルト/交響曲第38番「プラハ」、マデルナ/クァドリヴィウム、ベルク/ヴォツェック~3つの断章(マリー・リンゼイ)、ラヴェル/スペイン狂詩曲 71.6.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009581
http://www.ina.fr/audio/PHF07009582
http://www.ina.fr/audio/PHF07009583
http://www.ina.fr/audio/PHF07009584

ルイス・デ・パブロ/イマジナリオII、シュトックハウゼン/プンクテ、アミ/ヴァイオリンと管弦楽の軌跡(クレア・ベルナール)、ドビュッシー/遊戯、 伝68.4.18
http://www.ina.fr/audio/PHF07009335
http://www.ina.fr/audio/PHF07009336
http://www.ina.fr/audio/PHF07009337
http://www.ina.fr/audio/PHF07009338

パーヴォ・ベルグルンド(1929-2012)
ber.jpg

シベリウス/4つの伝説、ルオンノタール(アニタ・ヴェルキ)、フィンランディア、交響曲第4番 66.1.6
http://www.ina.fr/audio/PHD07008776
http://www.ina.fr/audio/PHD07008777
http://www.ina.fr/audio/PHD07008778
http://www.ina.fr/audio/PHD07008779

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(1923-)
mrs.jpg

バッハ(S編)トッカータとフーガ ニ短調、ドヴォルザークVc協奏曲(ジャンドロン)、ルトスワフスキオケコン 69.2.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009423
http://www.ina.fr/audio/PHF07009424
http://www.ina.fr/audio/PHF07009425

ヴェーバー/オイリアンテ序曲、ベートーヴェン/P協奏曲第4番(ジャック・クライン)、プロコフィエフ/ロメオとジュリエットから、バーバー/メデアの復讐の踊り 67.1.17(なし)

ホルスト・シュタイン(1928-2008)
horst stein

オルフ/カルミナ・ブラーナ(キャサリン・ゲイヤー、ゲルハルト・シュトルツェ、ヴォルフガング・アンハイザー) 70.11.20サル・プレイエル (なし) *ついにシュトルツェのカルミナがライヴで!と思ったが音源なし。わざわざメールで訊いたけど「音源は確かに存在する。がわれわれに権利はない」とにべもない返答。

R. シュトラウス/ドン・ファン、サロメ~7つのヴェールの踊り、カプリッチョ~終景(フェリシア・ウェザース)、ベートーヴェン/交響曲第7番 69.(なし)

ヴォルフガング・サヴァリッシュ(1923-2013)
wsawalisch.jpg

シューベルト/交響曲第3番、モーツァルト/P協奏曲第24番(デヴェッツィ)、バルトーク/管弦楽の協奏曲 66.12.13
http://www.ina.fr/audio/PHF07009160
http://www.ina.fr/audio/PHF07009161
http://www.ina.fr/audio/PHF07009162

ベートーヴェン/序曲コリオラン、Vn協奏曲(シェリング)、ブラームス/交響曲第4番 68.12.4
http://www.ina.fr/audio/PHF07009383
http://www.ina.fr/audio/PHF07009384
http://www.ina.fr/audio/PHF07009385

R. シュトラウス/ドン・ファン、メンデルスゾーン/Vn協奏曲(フェラス)、ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」 65.5.25
http://www.ina.fr/audio/PHD07008814
http://www.ina.fr/audio/PHD07008815
http://www.ina.fr/audio/PHD07008816

ベートーヴェン/交響曲第4番、P協奏曲第4番(アントルモン)、レオノーレ3 66.5.10
http://www.ina.fr/audio/PHF07009122
http://www.ina.fr/audio/PHF07009123
http://www.ina.fr/audio/PHF07009124

ブラームス/P協奏曲第2番(クラウディオ・アラウ)、ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」 68.4.10
http://www.ina.fr/audio/PHF07009330
http://www.ina.fr/audio/PHF07009331

ラファエル・クーベリック(1914-1996)
kubelik.jpg

ブラームス/ドイツ・レクイエム(エディット・マティス、ヘルマン・プライ) 67.1.31
http://www.ina.fr/audio/PHF07009285

レオポルト・ルートヴィヒ(1908-1979)
LEOPOLD-LUDWIG.jpg

ミヨー/世界の創造、ベルク/ヴォツェック~3つの断章(イザベル・シュトラウス)、ブラームス/交響曲第1番 67.4.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009214
http://www.ina.fr/audio/PHF07009215
http://www.ina.fr/audio/PHF07009216

ミヒャエル・ギーレン(1927-)
ggg.jpg

シェーンベルク/期待(ヘルガ・ピラルツィク)、ジローラモ・アッリーゴ/thumos初演、シューマン(マーラー編)/交響曲第3番「ライン」 66.3.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009098
http://www.ina.fr/audio/PHF07009099
http://www.ina.fr/audio/PHF07009100

バッハ(ヴェーベルン編)/6声のリチェルカーレ、ヴェーベルン/変奏曲、シェーンベルク/Vn協奏曲(ズヴァイ・ザイトリン)、トナ・シェルヘン/Vague T'ao、ベルク/3つの小品 76.4.30
http://www.ina.fr/audio/PHD07008579
http://www.ina.fr/audio/PHD07008580
http://www.ina.fr/audio/PHD07008581
http://www.ina.fr/audio/PHD07008582

エルネスト・ブール(1913-2001)
ebour.jpg

ジャン=ピエール・ゲゼック/モンドリアン組曲、ベルク/抒情組曲 伝65.3.18
http://www.ina.fr/audio/PHD07008595
http://www.ina.fr/audio/PHD07008596

シェーンベルク/映画のための音楽、バルトーク/P協奏曲第3番(モニク・アース)、ストラヴィンスキー/アゴン、3楽章の交響曲 66.2.22
http://www.ina.fr/audio/PHD07008597
http://www.ina.fr/audio/PHD07008598
http://www.ina.fr/audio/PHD07008599
http://www.ina.fr/audio/PHD07008600

イサン・ユン/Fluctuations、ルイス・デ・パブロ/Initiatives、バルトーク/P協奏曲第2番(クロード・エルフェ)、R. シュトラウス/ティル 69.2.26
http://www.ina.fr/audio/PHF07008913
http://www.ina.fr/audio/PHF07008914
http://www.ina.fr/audio/PHF07008915
http://www.ina.fr/audio/PHF07008916

ミルコ・ケーレメン/Sub Rosa、モーツァルト/P協奏曲第24番(ミシェル・ベロフ)、バルトーク/中国の不思議な役人 伝68.2.25
http://www.ina.fr/audio/PHF07009258
http://www.ina.fr/audio/PHF07009259
http://www.ina.fr/audio/PHF07009260

シクステン・エールリング(1918-2005)
ehrling.jpg

ヴェーバー/オベロン序曲、ベートーヴェン/P協奏曲第5番「皇帝」(カサドシュ)、R. シュトラウス/ツァラトゥストラはかく語りき 67.5.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07009220
http://www.ina.fr/audio/PHF07009221
http://www.ina.fr/audio/PHF07009222

ヴェルディ/運命の力序曲、ブラームス/P協奏曲第1番(クライバーン)、バルトーク/管弦楽の協奏曲 65.5.18(なし)

ヨーゼフ・カイルベルト(1908-1968)
keirberth.jpg

ベートーヴェン/序曲コリオラン、Vn協奏曲(フェラス)、交響曲第7番 67.5.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009224
http://www.ina.fr/audio/PHF07009225
http://www.ina.fr/audio/PHF07009226

イーゴリ・マルケヴィチ(1912-1983)
markevich.jpg

ヴェルディ/レクイエム(エリーザベト・シュヴァルツコップ、フェドーラ・バルビエーリ、アマデオ・ベルディーニ、オットー・フォン・ロール) 53.4.30
http://www.ina.fr/audio/PHD89036462

ストラヴィンスキー/詩篇交響曲、マーラー/交響曲第1番「巨人」 67.6.20
http://www.ina.fr/audio/PHF07009235
http://www.ina.fr/audio/PHF07009236

ワーグナー/タンホイザー序曲、トリスタン~前奏曲と愛の死、神々の黄昏~ラインへの旅、ワルキューレ~ワルキューレの騎行、ベルリオーズ/幻想交響曲 伝68.10.20
http://www.ina.fr/audio/PHF07009371
http://www.ina.fr/audio/PHF07009372
http://www.ina.fr/audio/PHF07009373
http://www.ina.fr/audio/PHF07009374
http://www.ina.fr/audio/PHF07009375

ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付」(アルレット・シェデル、エミーリア・ペトレスク、ヴェルナー・ホルヴェーク、ヤコブ・スタンプフリ、スイス・ロマンド合唱団) 伝73.10.1
http://www.ina.fr/audio/PHF07009762

プロコフィエフ/交響曲第1番「古典」、ブラームス/P協奏曲第2番(クラウディオ・アラウ)、R. シュトラウス/ティル、ラヴェル/ダフニスとクロエ第2組曲(仏放送唱) 76.6.18シャンゼリゼ劇場
http://www.ina.fr/audio/PHY07009840
http://www.ina.fr/audio/PHY07009841
http://www.ina.fr/audio/PHY07009842
http://www.ina.fr/audio/PHY07009843

ワーグナー/タンホイザー序曲、ローエングリン第1幕前奏曲、ヴェーゼンドンクの5つの詩、トリスタン~前奏曲と愛の死、ジークフリート牧歌、神々の黄昏~ラインへの旅、ワルキューレ~ワルキューレの騎行、名歌手第1幕前奏曲 72.12.20
http://www.ina.fr/audio/PHF07009703―13

ヤッシャ・ホーレンシュタイン(1898-1973)
ho.jpg

プロコフィエフ/交響曲第1番「古典」、R. シュトラウス/死と浄化、ブラームス/交響曲第3番 53.5.11
http://www.ina.fr/audio/PHD86067925

マーラー/交響曲第9番 67.6.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009231

モーツァルト/交響曲第39番、ハイドン/Vc協奏曲第1番、R. シュトラウス/ドン・キホーテ(ヤーノシュ・シュタルケル、ミシェリーヌ・ルモワーヌ) 伝71.3.31
http://www.ina.fr/audio/PHF07009608
http://www.ina.fr/audio/PHF07009609
http://www.ina.fr/audio/PHF07009610

ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付」(ピラール・ローレンガー、ヘフゲン、ヨーゼフ・トラクセル、オットー・ヴィーナー) 63.10.31 *映像 
http://www.ina.fr/video/CPF86635429

アントニオ・デ・アルメイダ(1928-1997)
a.jpg

グルック/タウリスのイフィゲニア序曲、オネゲル/アンフィオン、ジャン=イヴ=ダニエル・ルシュール/コロンヌの歌、ワーグナー/パルジファルから 71.12.1
http://www.ina.fr/audio/PHD07008702
http://www.ina.fr/audio/PHD07008703
http://www.ina.fr/audio/PHD07008704
http://www.ina.fr/audio/PHD07008705

ダリウス・ミヨー
milhaud.jpg

ミヨー/戦没者への頌歌、地には平和を(ジョアンナ・ピータース、ルイ・キリコ) 67.11.8
http://www.ina.fr/audio/PHF07009237
http://www.ina.fr/audio/PHF07009238

ルイ・フレモー(1921-)
fremaux.png

ヴェーバー/魔弾の射手序曲、シューマン/交響曲第3番「ライン」、ブラームス/Vn協奏曲(ミルシテイン) 67.6.22伝 *メータの代役
http://www.ina.fr/audio/PHF07009232
http://www.ina.fr/audio/PHF07009233
http://www.ina.fr/audio/PHF07009234

モーツァルト/交響曲第36番「リンツ」、プロコフィエフ/P協奏曲第1番、R. シュトラウス/ブルレスケ(以上バイロン・ジャニス)、ブリテン/青少年の管弦楽入門 68.10.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009406
http://www.ina.fr/audio/PHF07009407
http://www.ina.fr/audio/PHF07009408
http://www.ina.fr/audio/PHF07009409

リヴィエ/交響曲第7番「コントラスト」、メンデルスゾーン/P協奏曲第2番(ジャン・ドワイヤン)、カジミエシュ・セロツキ/弦楽のシンフォニエッタ、R. シュトラウス/ドン・ファン 伝68.12.4
http://www.ina.fr/audio/PHF07009376
http://www.ina.fr/audio/PHF07009377
http://www.ina.fr/audio/PHF07009378
http://www.ina.fr/audio/PHF07009379

エレアザール・デ・カルヴァーリョ(1912-1996)
calvalho.jpg

モーツァルト/交響曲第41番「ジュピター」、ルトスワフスキ/ヴェネツィアの遊戯、ブラームス/P協奏曲第1番(ヴィトルド・マルクジンスキ) 66.2.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009087
http://www.ina.fr/audio/PHF07009088
http://www.ina.fr/audio/PHF07009089

エリオット・カーター/管弦楽の変奏曲、ミヨー/JFKへの追憶、ストラヴィンスキー/ムーヴメンツ(ジョシー・デ・オリベイラ)、ケネディの悲歌、歌曲2曲、ガンサー・シュラー/P・クレーの主題による変奏曲、アール・ブラウン/Module I et II 67.2.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009171
http://www.ina.fr/audio/PHF07009172
http://www.ina.fr/audio/PHF07009173
http://www.ina.fr/audio/PHF07009174
http://www.ina.fr/audio/PHF07009175
http://www.ina.fr/audio/PHF07009176
http://www.ina.fr/audio/PHF07009177
http://www.ina.fr/audio/PHF07009178

ジルベール・アミ(1936-)
amy.png

ベルリオーズ/クレオパトラの死(ドゥニーズ)、ジェラール・マッソン/イムノプシー初演 伝74.5.18
http://www.ina.fr/audio/PHF07009785
http://www.ina.fr/audio/PHF07009786

ヴェーベルン/夏風の中で、リルケによる2つの歌作品8、4つの管弦楽歌曲作品13から(キャサリン・ゲイヤー)、協奏曲作品24、5つの断章作品5、交響曲、6つの歌曲作品14、4つの管弦楽歌曲作品13、5つの宗教的な歌作品15(ラシェル・セーケイ)、管弦楽変奏曲 伝73.10.23
http://www.ina.fr/audio/PHD07008615
http://www.ina.fr/audio/PHD07008616
http://www.ina.fr/audio/PHD07008617
http://www.ina.fr/audio/PHD07008618
http://www.ina.fr/audio/PHD07008619
http://www.ina.fr/audio/PHD07008621
http://www.ina.fr/audio/PHD07008622
http://www.ina.fr/audio/PHD07008623
http://www.ina.fr/audio/PHD07008624
http://www.ina.fr/audio/PHD07008625

Raffi Ourgandjian/La Balance de Jade、アール・ブラウン/イヴェント-シナジーII、ジャン・バラケ/復元された時間(ピラルツィク)  伝68.5.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009332
http://www.ina.fr/audio/PHF07009333
http://www.ina.fr/audio/PHF07009334

ドビュッシー/映像~ジーグ、春のロンド、アミ/軌跡、リレー、管弦楽のための歌 伝69.10.24
http://www.ina.fr/audio/PHF07009434
http://www.ina.fr/audio/PHF07009435
http://www.ina.fr/audio/PHF07009436
http://www.ina.fr/audio/PHF07009437
http://www.ina.fr/audio/PHF07009438

ルーカス・ヴィス(1947-)
vis.jpg

シャルル・シェーヌ/黒い絵、クロード・バリフ/A cor et a cri、モーリス・オハナ/ T'haran Ngo 伝75.11.3
http://www.ina.fr/audio/PHD07008560
http://www.ina.fr/audio/PHD07008561
http://www.ina.fr/audio/PHD07008562

エドゥアール・ヴァン・ルモーテル(1926-1977)
remoortel.jpg

グリンカ/ルスランとリュドミラ序曲、ニコラス・ナボコフ/Studies in solitude、モーツァルト/Vn協奏曲第3番(グリュミオー)、ドヴォルザーク/交響曲第8番 66.3.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07009101
http://www.ina.fr/audio/PHF07009102
http://www.ina.fr/audio/PHF07009103
http://www.ina.fr/audio/PHF07009104

オネゲル/交響曲第5番、ショパン/P協奏曲第2番(ティエリ・ド・ブリュンホフ)、ベートーヴェン/交響曲第7番 68.5.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009352
http://www.ina.fr/audio/PHF07009353
http://www.ina.fr/audio/PHF07009354

ルイ・ド・フロマン(1921-1994)
f.jpg

ハイドン/交響曲第88番、バルトーク/Vn協奏曲第2番(ルッジェーロ・リッチ)、オネゲル/交響曲第3番「典礼風」 67.2.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009179
http://www.ina.fr/audio/PHF07009180
http://www.ina.fr/audio/PHF07009181

モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」、ジャン=イヴ=ダニエル・ルシュール/舞踏交響曲、ファリャ/スペインの庭の夜(ピア・セバスティアーニ)、ルーセル/バッカスとアリアーヌ第2組曲 伝65.3.4
http://www.ina.fr/audio/PHD07008856
http://www.ina.fr/audio/PHD07008857
http://www.ina.fr/audio/PHD07008858
http://www.ina.fr/audio/PHD07008859

モーツァルト/Vn協奏曲第3番(ダニエル・レミー) 伝68.10.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009361

ピエール・ミシェル・ル・コント(1921-2000)
le.jpg

ワーグナー/タンホイザー序曲、ラフマニノフ/P協奏曲第2番(ジャン=マリー・ダルレ)、コンスタン/24の前奏曲、ルーセル/交響曲第3番 伝65.3.11
http://www.ina.fr/audio/PHD07008852
http://www.ina.fr/audio/PHD07008853
http://www.ina.fr/audio/PHD07008854
http://www.ina.fr/audio/PHD07008855

ハイドン/交響曲第103番「太鼓連打」 伝71.9.24
http://www.ina.fr/audio/PHF07009604

ダンディ/フェルヴァール~第1幕前奏曲、リヴィエ/交響曲第6番、ドヴォルザーク/スラヴ舞曲集から4曲 伝71.11.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07008986
http://www.ina.fr/audio/PHF07008987
http://www.ina.fr/audio/PHF07008988

ジャック・ボワガレ/影の交響曲 伝71.7.4
http://www.ina.fr/audio/PHF07009579

マルティノン/交響曲第3番 伝68.7.28
http://www.ina.fr/audio/PHF07009351

ハイドン/交響曲第53番「帝国」、マルティネ/交響的運動第3番、イヴァン・デヴリーズ/シャルル・ドルレアンの5つの歌(ベルナール・プランティ)、リヴィエ/交響曲第3番 伝75.10.31 *国立放送室内管
http://www.ina.fr/audio/PHD86010829

ピエール・ブーレーズ(1925-)
boulez.jpg

ベルク/ルル交響曲(ハンナ・ルコムスカ)、ブーレーズ/水の太陽、ヴェーベルン/眼の光、変奏曲、カンタータ1、2(バリー・マクダニエル) 66.2.8
http://www.ina.fr/audio/PHF07009081
http://www.ina.fr/audio/PHF07009082
http://www.ina.fr/audio/PHF07009083
http://www.ina.fr/audio/PHF07009084
http://www.ina.fr/audio/PHF07009085
http://www.ina.fr/audio/PHF07009086

ラモー/イポリートとアリシ(ラシェル・ヤカール、ソワイエ、アメルほか) 伝64.10.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07009038

ドビュッシー/遊戯、ベルク/アルテンベルク歌曲集(ジョアンナ・ピータース)、シェーンベルク/5つの小品、4つの歌作品22、ヴァレーズ/アルカナ 伝64.3.12
http://www.ina.fr/audio/PHD07008902
http://www.ina.fr/audio/PHD07008903
http://www.ina.fr/audio/PHD07008904
http://www.ina.fr/audio/PHD07008905
http://www.ina.fr/audio/PHD07008906

エリアフ・インバル(1936-)
inbal.jpg

バルトーク/Vn協奏曲第2番(オレグ・カガン)、中国の不思議な役人全曲 76.4.14
http://www.ina.fr/audio/PHD07008663
http://www.ina.fr/audio/PHD07008664

ストラヴィンスキー/組曲第2番、プロコフィエフ/P協奏曲第3番(ジャニス)、ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵 伝75.6.6
http://www.ina.fr/audio/PHD07008520
http://www.ina.fr/audio/PHD07008521
http://www.ina.fr/audio/PHD07008523

オスカー・ダノン(1913-2009)
oskar-danon.jpg

ムソルグスキー/ホヴァンシチーナ全曲(チャンガロヴィチ、ポポヴィチ、パウリック) 66.3.29
http://www.ina.fr/audio/PHF07009105

プリモシュ・ラモフシュ/葬送音楽、スメタナ/シャールカ、リスト/P協奏曲第1番(ダルレ)、プロコフィエフ/交響曲第7番 68.2.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009286
http://www.ina.fr/audio/PHF07009287
http://www.ina.fr/audio/PHF07009288
http://www.ina.fr/audio/PHF07009289

エフゲニー・スヴェトラーノフ(1928-2002)
sss.jpg

スヴィリドフ/トリプティーク、ラフマニノフ/P協奏曲第2番(スタニスラフ・ネイガウス)、チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 73.3.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009745
http://www.ina.fr/audio/PHF07009746
http://www.ina.fr/audio/PHF07009747

ジョルジュ・プレートル(1924-)
pretre.png

ブラームス/交響曲第2番、R. シュトラウス/英雄の生涯 68.2.28
http://www.ina.fr/audio/PHF07009300
http://www.ina.fr/audio/PHF07009301

ヴェルディ、モーツァルト、ブルッフのガラ・コンサート(テレサ・シュティッヒ=ランダル/S、バキエ/Br、エリック・フリードマン/Vn) 64.2.11
http://www.ina.fr/video/CPF86635431

ユーリ・アーロノヴィチ(1932-2002)
ah.jpg

マルティノン/あるギリシア悲劇への序曲、プロコフィエフ/Vn協奏曲第2番(ジャン=ピエール・ヴァレーズ、なし)、ドヴォルザーク/交響曲第8番 76.4.7
http://www.ina.fr/audio/PHD07008589
http://www.ina.fr/audio/PHD07008591

ジェームズ・ロッホラン(1931-)
loo.jpg

モーツァルト/P協奏曲第20番(ゲイリー・グラフマン)、ブルックナー/交響曲第4番「ロマンティック」 76.11.17
http://www.ina.fr/audio/PHY07009845
http://www.ina.fr/audio/PHY07009846

ユージン・オーマンディ(1899-1985)
ormandy.jpg

ヴェーバー/魔弾の射手序曲、R. シュトラウス/ティル、ストラヴィンスキー/パストラル、火の鳥、ブラームス/交響曲第2番 65.6.25
http://www.ina.fr/audio/PHD07008806
http://www.ina.fr/audio/PHD07008807
http://www.ina.fr/audio/PHD07008808
http://www.ina.fr/audio/PHD07008809
http://www.ina.fr/audio/PHD07008810

ヴェーバー/魔弾の射手序曲、ブラームス/交響曲第2番、ストラヴィンスキー/火の鳥 伝67.12.24
http://www.ina.fr/audio/PHF07009266
http://www.ina.fr/audio/PHF07009267
http://www.ina.fr/audio/PHF07009268

ブラームス/交響曲第1番、Vn協奏曲(スターン) 72.1.24 *ブラームス・フェスティヴァル
http://www.ina.fr/audio/PHD07008516
http://www.ina.fr/audio/PHD07008517

ブラームス/大学祝典序曲、ダブル(スターン、レナード・ローズ)、交響曲第2番 72.1.27 *ブラームス・フェスティヴァル
http://www.ina.fr/audio/PHF07009661
http://www.ina.fr/audio/PHF07009662
http://www.ina.fr/audio/PHF07009663

エフレム・クルツ(1900-1995)
efrem.jpg

ベートーヴェン/序曲レオノーレ第3番、ブロッホ/2つの最後の詩、モーツァルト/fl協奏曲第1番(エレーヌ・シェーファー)、交響曲第41番「ジュピター」 68.2.14 *エレーヌ・シェーファーは指揮者夫人
http://www.ina.fr/audio/PHF07009802
http://www.ina.fr/audio/PHF07009803
http://www.ina.fr/audio/PHF07009804
http://www.ina.fr/audio/PHF07009805

ジャン・フルネ(1913-2008)
fournet.jpg

タンスマン/管弦楽の協奏曲、オネゲル/死の踊り(エダ・ピエール)、プーランク/スターバト・マーテル(ボサバリアン) 67.4.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009210
http://www.ina.fr/audio/PHF07009211
http://www.ina.fr/audio/PHF07009212

ランドフスキ/交響曲第1番(なし)、ラフマニノフ/P協奏曲第3番(アシュケナージ)、シューマン/交響曲第3番「ライン」 73.1.17
http://www.ina.fr/audio/PHF07009736
http://www.ina.fr/audio/PHF07009759

デュカ/ペリ~ファンファーレ、トマジ/Vc協奏曲初演(アンドレ・ナヴァラ)、トン・デ・レーウ/10 Mouvements retrogrades、ジャン・リヴィエ/王であるキリスト 70.1.24
http://www.ina.fr/audio/PHF07009486
http://www.ina.fr/audio/PHF07009487
http://www.ina.fr/audio/PHF07009488
http://www.ina.fr/audio/PHF07009489

ヘンデル/水上の音楽、ジョリヴェ/交響曲第3番、ベルリオーズ/イタリアのハロルド(ブルーノ・パスキエ) 伝74.1.16
http://www.ina.fr/audio/PHF07009772
http://www.ina.fr/audio/PHF07009773
http://www.ina.fr/audio/PHF07009774

マニュエル・ロザンタール(1904-2003)
rosenthal.jpg

バルトーク/弦チェレ、リスト/P協奏曲第2番(ヴァーシャリ)、R. シュトラウス/ツァラトゥストラはかく語りき 69.3.26 *シルヴェストリ代役、予定はマンフレッド交響曲
http://www.ina.fr/audio/PHF07009426
http://www.ina.fr/audio/PHF07009427
http://www.ina.fr/audio/PHF07009428

ラヴェル/優雅で感傷的なワルツ、左手のP協奏曲(ジャン=クロード・ペネティエ)、博物誌(ベルビエ)、ロザンタール/Temple de memoire初演 76.10.6
http://www.ina.fr/audio/PHD07008637
http://www.ina.fr/audio/PHD07008638
http://www.ina.fr/audio/PHD07008639
http://www.ina.fr/audio/PHD07008640

ミヨー/ユネスコカンタータ、イヴ・ボードリエ/Le Grand voilier、ジョリヴェ/オンド・マルトノ協奏曲(ジャンヌ・ロリオ)、メシアン/クロノクロミー、J.Y.D.ルシュール/歌劇アンドレア・デル・サルト~第1幕第2場初演(バキエ、レミー・コラッツァ、マース他) 66.11.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009151
http://www.ina.fr/audio/PHF07009152
http://www.ina.fr/audio/PHF07009153
http://www.ina.fr/audio/PHF07009154
http://www.ina.fr/audio/PHF07009155

ワーグナー/タンホイザー~バッカナール、ブラームス/P協奏曲第1番(ハイドシェック)サティ/パラード、黛敏郎/饗宴 伝68.2.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009282
http://www.ina.fr/audio/PHF07009283
http://www.ina.fr/audio/PHF07009284

リュリ/組曲「村の結婚」、ミヨー/Vla協奏曲(ルモワーヌ)、オーリック/バレエ音楽「フェードラ」、ヒンデミート/葬送音楽、バロー/交響曲第3番 伝68.5.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07009323
http://www.ina.fr/audio/PHF07009324
http://www.ina.fr/audio/PHF07009325
http://www.ina.fr/audio/PHF07009326
http://www.ina.fr/audio/PHF07009327

イベール/ポワティエのディアーヌ~第2組曲、T.ハルシャーニ/ディヴェルティスマン第2番、ルイ・オベール/シャトーブリアンの墓、マルティヌー/大騒ぎ 伝68.7.18
http://www.ina.fr/audio/PHF07009319
http://www.ina.fr/audio/PHF07009320
http://www.ina.fr/audio/PHF07009321
http://www.ina.fr/audio/PHF07009322

ラモー/組曲「遍歴騎士」、アンリ・バロー/モテット「パンジェ・リングア」、プーランク/オーバード(ジャック・ファヴリエ)、ジャン=ルイ・マルティネ/交響曲「ラモーへのオマージュ」 伝65.1.14
http://www.ina.fr/audio/PHD07008867
http://www.ina.fr/audio/PHD07008868
http://www.ina.fr/audio/PHD07008869
http://www.ina.fr/audio/PHD07008870

ベートーヴェン/フィデリオ序曲、ハイドン/交響曲第82番「熊」、ヴェーベルン/5つの小品、ルーセル/バッカスとアリアーヌ第1・第2組曲 伝68.9.5
http://www.ina.fr/audio/PHF07008948
http://www.ina.fr/audio/PHF07008949
http://www.ina.fr/audio/PHF07008950
http://www.ina.fr/audio/PHF07008951

ベルリオーズ/トロイ人~王の狩りと嵐、シャルル・シェーヌ/Vn協奏曲(ジェラール・ジャリ)、ロザンタール/オラトリオ「Missa deo gratias」 70.4.29
http://www.ina.fr/audio/PHF07009541
http://www.ina.fr/audio/PHF07009542
http://www.ina.fr/audio/PHF07009543

シェーヌ/Expressions contrastees、 伝71.8.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07009561

ロザンタール/交響曲第1番、アッシジの聖フランチェスコ 伝64.10.29
http://www.ina.fr/audio/PHD07008886
http://www.ina.fr/audio/PHD07008887

ミヨー/2台P協奏曲、ロザンタール/2つのモノクロのエチュード初演、モーリス・ティリエ/オイディプス王(エダ=ピエールほか) 伝72.1.31
http://www.ina.fr/audio/PHF07009664
http://www.ina.fr/audio/PHF07009665
http://www.ina.fr/audio/PHF07009666

コンスタン/24の前奏曲、メシアン/忘れられた捧げ物、マルティネ/交響詩「オルフェ」 伝64.4.21
http://www.ina.fr/audio/PHD07008897
http://www.ina.fr/audio/PHD07008898
http://www.ina.fr/audio/PHD07008899

ヘンデル/合奏協奏曲作品6-7、バルトーク/Pと管弦楽のラプソディ、ストラヴィンスキー/オルフェウス、ロザンタール/マジック・マンハッタン 伝65.12.16
http://www.ina.fr/audio/PHF07009070
http://www.ina.fr/audio/PHF07009071
http://www.ina.fr/audio/PHF07009072
http://www.ina.fr/audio/PHF07009073

アルベール・ヴォルフ(1884-1970)
wolff.jpg

ハイドン/交響曲第88番、A・ヴォルフ/flと管弦楽の4つの小品初演(フェルナン・デュフレーヌ)、ルイ・オーベール/シャトーブリアンの墓、ショーソン/交響曲 伝65.8.26
http://www.ina.fr/audio/PHF07008962
http://www.ina.fr/audio/PHF07008963
http://www.ina.fr/audio/PHF07008964
http://www.ina.fr/audio/PHF07008965

セルジュ・フルニエ(1939-2012)
sf.jpg

モーツァルト/交響曲第29番、P協奏曲第23番(アルド・チッコリーニ)、ヒンデミート/ヴェーバー主題の交響的変容、ヴァレーズ/アルカナ 66.3.1
http://www.ina.fr/audio/PHF07009090
http://www.ina.fr/audio/PHF07009091
http://www.ina.fr/audio/PHF07009092
http://www.ina.fr/audio/PHF07009093

ハイドン/交響曲第104番「ロンドン」、モーツァルト/P協奏曲第23番(フランス・クリダ)、ドナルド・ハリス/交響曲、ドヴォルザーク/スラヴ舞曲集~5曲 伝66.9.29
http://www.ina.fr/audio/PHF07008974
http://www.ina.fr/audio/PHF07008975
http://www.ina.fr/audio/PHF07008976
http://www.ina.fr/audio/PHF07008977

ニールセン/交響曲第4番「不滅」 伝75.11.7
http://www.ina.fr/audio/PHD07008763

セルジュ・ボド(1927-)
baudo.jpg

マルセル・ミハロヴィチ/交響的カンタータ(ハインツ・レーフス)、シューマン/P協奏曲(ガブリエル・タッキーノ)、ルーセル/交響曲第4番 伝64.12.10
http://www.ina.fr/audio/PHD07008875
http://www.ina.fr/audio/PHD07008876
http://www.ina.fr/audio/PHD07008877

ドビュッシー/遊戯、メンデルスゾーン/Vn協奏曲(アンリ・ブロンシュワク)、ドヴォルザーク/交響曲第7番 伝67.8.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009166
http://www.ina.fr/audio/PHF07009167
http://www.ina.fr/audio/PHF07009168

シェーヌ/オルガン協奏曲(マリー=クレール・アラン) 伝70.5.13
http://www.ina.fr/audio/PHD07008912

イェルジー・セムコフ(1928-)
semkov2.jpg

ルトスワフスキ/葬送音楽、ハイドン/Vc協奏曲第2番(トルトゥリエ)、チャイコフスキー/交響曲第5番 伝69.1.8 *この後1993年にも再登壇してチャイ5を振り直している。
http://www.ina.fr/audio/PHF07009799
http://www.ina.fr/audio/PHF07009800
http://www.ina.fr/audio/PHF07009801

アンドレ・ジョリヴェ(1905-1974)
jolivet.jpg

ジョリヴェ/5つの儀礼の踊り、Vc協奏曲(ナヴァラ)、交響曲第3番 66.4.19
http://www.ina.fr/audio/PHF07009111
http://www.ina.fr/audio/PHF07009112
http://www.ina.fr/audio/PHF07009113

ウィレム・ファン・オッテルロー(1907-1978)
otterloo.jpg

シューマン/マンフレッド序曲、マルティノン/チェロ協奏曲第2番(フルニエ)、ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」 伝72.4.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07009670
http://www.ina.fr/audio/PHF07009671
http://www.ina.fr/audio/PHF07009672

エーリヒ・ベルゲル(1930-1998)
bergel.jpg

エネスク/組曲第1番、シェーンベルク/P協奏曲(エルフェ)、ブラームス/交響曲第1番 伝75.2.10
http://www.ina.fr/audio/PHD07008529
http://www.ina.fr/audio/PHD07008530
http://www.ina.fr/audio/PHD07008531

ハンス・ヴァラット(1929-)
wallat.jpg

モーツァルト/交響曲第39番、ミサ曲ハ短調(ジョセリーヌ・シャモナン、アーリーン・オージェ、ディーター・エレンベック) 伝75.11.19
http://www.ina.fr/audio/PHD07008527
http://www.ina.fr/audio/PHD07008528

エーリヒ・ラインスドルフ(1912-1993)
leinsdorf.jpg

チャイコフスキー/スペードの女王序曲、プロコフィエフ/交響曲第5番、ワーグナー/神々の黄昏~葬送行進曲、終景(ハンネローレ・クーゼ) 伝68.1.25
http://www.ina.fr/audio/PHF07009277
http://www.ina.fr/audio/PHF07009278
http://www.ina.fr/audio/PHF07009279
http://www.ina.fr/audio/PHF07009280

ヴェーバー/オベロン序曲、ベートーヴェン/Vn協奏曲(フランチェスカッティ)、プロコフィエフ/ロメオとジュリエットから、 伝71.7.28
http://www.ina.fr/audio/PHF07008936
http://www.ina.fr/audio/PHF07008937
http://www.ina.fr/audio/PHF07008938

ベートーヴェン/序曲レオノーレ第3番、プロコフィエフ/P協奏曲第3番(ジャニス)、ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵 伝75.7.14
http://www.ina.fr/audio/PHY07009864
http://www.ina.fr/audio/PHY07009865
http://www.ina.fr/audio/PHY07009866

レイナルド・ジョヴァニネッティ(1932-)
giovaninetti.jpg

ドビュッシー/Pと管弦楽の幻想曲(アンリエット・フォール)、ルーセル/小組曲 伝66.4.10
http://www.ina.fr/audio/PHF07009109
http://www.ina.fr/audio/PHF07009110

リチャード・ボニング(1930-)
sutherland bonynge

ヘンデル/アルチーナ~愛しい人よ、またわたしを喜ばせに来て、グリエール/コロラトゥーラ・ソプラノと管弦楽の協奏曲、ロッシーニ/セミラーミデ~麗しい光が、ベッリーニ/夢遊病の女から(ジョーン・サザーランド) 66.4.28
http://www.ina.fr/audio/PHF07009114
http://www.ina.fr/audio/PHF07009115
http://www.ina.fr/audio/PHF07009116
http://www.ina.fr/audio/PHF07009117
http://www.ina.fr/audio/PHF07009118

ヴィリー・ボスコフスキー(1909-1991)
boskovsky.png

シュトラウス一家ほかワルツ集(グンドゥラ・ヤノヴィッツ) 76.12.10
http://www.ina.fr/audio/PHY07009847-59

ポール・シュトラウス(1920-?)
ps.jpg

ブラームス/悲劇的序曲、ベートーヴェン/トリプル(ジャン=ジャック・カントロフ、ジャック・ルヴィエ、フィリップ・ミュラー)、シューマン/交響曲第1番「春」 伝73.10.15
http://www.ina.fr/audio/PHD07008719
http://www.ina.fr/audio/PHD07008720
http://www.ina.fr/audio/PHD07008721

カルロス・パイタ(1932-)
paita.jpg

ヴェーバー/魔弾の射手序曲、ドヴォルザーク/Vc協奏曲(クリスティーヌ・ワレフスカ)、ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」 76.11.24
http://www.ina.fr/audio/PHD07008572
http://www.ina.fr/audio/PHD07008573
http://www.ina.fr/audio/PHD07008574

オーガン・ドゥナルク(ドゥリヤン)(1922-2011)
dulijan.jpg

ワーグナー/名歌手第1幕前奏曲、サン=サーンス/P協奏曲第2番(クリダ)、レーガー/ヒラーの主題による変奏曲とフーガ 伝71.3.10
http://www.ina.fr/audio/PHF07009594
http://www.ina.fr/audio/PHF07009595
http://www.ina.fr/audio/PHF07009596

スクリャービン/交響曲第4番「法悦の詩」、マルティノン/Vc協奏曲(レーナ・フラショ)、ブラームス/交響曲第3番 伝71.1.17
http://www.ina.fr/audio/PHF07009562
http://www.ina.fr/audio/PHF07009563
http://www.ina.fr/audio/PHF07009564

ヨアフ・タルミ(1943-)
talmi.jpg

シベリウス/カレリア組曲、Vn協奏曲(パトリス・フォンタナローザ)、交響曲第6番 76.3.25
http://www.ina.fr/audio/PHD07008575
http://www.ina.fr/audio/PHD07008576
http://www.ina.fr/audio/PHD07008578

ガブリエーレ・フェッロ(1937-)
ferro.jpg

バルトーク/P協奏曲1番(エルフェ)、ブラームス/交響曲第2番 伝75.5.22
http://www.ina.fr/audio/PHD07008665
http://www.ina.fr/audio/PHD07008666

ドビュッシー/春、ラヴェル/シェエラザード(リリアーヌ・ギットン)、マーラー/交響曲第1番「巨人」 伝75.5.14
http://www.ina.fr/audio/PHY07009813
http://www.ina.fr/audio/PHY07009814
http://www.ina.fr/audio/PHY07009815

Jean Claude Eloy / Kamakala, le Triangle des energies, pour 3 ensembles orchestraux et choeur、シュトックハウゼン/グルッペン 76.5.31
http://www.ina.fr/audio/PHD07008753
http://www.ina.fr/audio/PHD07008754

ミシェル・タバシュニク(1942-)
tabachnik.jpg

グリゼー/Vagues, Chemins, Le Souffle(共同指揮ジャック・メルシエ) 、Endo Ryo/Passage、サンドロ・ゴルリ/Me-Ti、シェーンベルク/期待(グロリア・デヴィ) 伝75.11.7
http://www.ina.fr/audio/PHY07009809
http://www.ina.fr/audio/PHY07009810
http://www.ina.fr/audio/PHY07009811
http://www.ina.fr/audio/PHY07009812

ブラームス/悲劇的序曲、ダブル(ギトリス、ジャンドロン)、ブラームス/交響曲第4番 伝71.2.3
http://www.ina.fr/audio/PHF07009015
http://www.ina.fr/audio/PHF07009016
http://www.ina.fr/audio/PHF07009017

エットーレ・グラチス(1915-1992)
gracis.jpg

ベルクVn協奏曲(ピーナ・カルミレッリ)、ストラヴィンスキー/3楽章の交響曲 伝65.4.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009046
http://www.ina.fr/audio/PHF07009047

ジョヴァンニ・ガブリエリ5曲、マリピエロ/交響曲第8番仏初演、ストラヴィンスキー/詩篇交響曲 67.2.28
http://www.ina.fr/audio/PHF07009187
http://www.ina.fr/audio/PHF07009188
http://www.ina.fr/audio/PHF07009189
http://www.ina.fr/audio/PHF07009190
http://www.ina.fr/audio/PHF07009191
http://www.ina.fr/audio/PHF07009192
http://www.ina.fr/audio/PHF07009193

ピエロ・ベルージ(1924-2012)
belugi.jpg

ケルビーニ/交響曲ニ長調、ブゾーニ/インディアン幻想曲(ピエトロ・スカルピーニ)、ノーノ/勇敢なるスペイン人、スクリャービン/交響曲第4番「法悦の詩」 伝68.1.18
http://www.ina.fr/audio/PHF07009273
http://www.ina.fr/audio/PHF07009274
http://www.ina.fr/audio/PHF07009275
http://www.ina.fr/audio/PHF07009276

シェーンベルク/幸福な手(ギュンター・ライヒ) 伝74.12.15
http://www.ina.fr/audio/PHF07009793

ボッケリーニ(ベリオ編)/マドリードの帰営ラッパ、ダルラピッコラ/3つの詩、3つの讃歌(ドロシー・ドロウ)、ベルク/アルテンベルク歌曲集、ペンデレツキ/ヤコブの目覚め、ペトラッシ/管弦楽の協奏曲第7番 伝75.11.3
http://www.ina.fr/audio/PHD07008741
http://www.ina.fr/audio/PHD07008742
http://www.ina.fr/audio/PHD07008743
http://www.ina.fr/audio/PHD07008744
http://www.ina.fr/audio/PHD07008745
http://www.ina.fr/audio/PHD07008746

フランチェスコ・マンデール(1915-2004)
mander.jpg

ドヴォルザーク/謝肉祭序曲、ラフマニノフ/P協奏曲第3番(ワイセンベルク)、ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵 67.3.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009194
http://www.ina.fr/audio/PHF07009195
http://www.ina.fr/audio/PHF07009196

フランク/プシシェ、レスピーギ/ローマの松、ベートーヴェン/Vn協奏曲(ダヴィッド・オイストラフ) 73.2.7
http://www.ina.fr/audio/PHF07009737
http://www.ina.fr/audio/PHF07009738
http://www.ina.fr/audio/PHF07009739
http://www.ina.fr/audio/PHF07009740
http://www.ina.fr/audio/PHF07009741
http://www.ina.fr/audio/PHF07009742

ケルビーニ/アナクレオン序曲、ファリャ/三角帽子第2組曲、スペインの庭の夜(ゴンザロ・ソリアーノ)、ドヴォルザーク/交響曲第7番 伝69.5.28
http://www.ina.fr/audio/PHF07009077
http://www.ina.fr/audio/PHF07009078
http://www.ina.fr/audio/PHF07009079
http://www.ina.fr/audio/PHF07009080

ピッツェッティ/ソフォクレスのエディプス王への3つの交響的前奏曲、モーツァルト/P協奏曲第17番(アンドール・フォルデス)、ドヴォルザーク/交響曲第7番 伝72.3.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009667
http://www.ina.fr/audio/PHF07009668
http://www.ina.fr/audio/PHF07009669

マリオ・ザフレド/交響曲第6番、ラフマニノフ/P協奏曲第1番(ラウラ・デ・フスコ)、ブラームス/交響曲第3番 伝68.10.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07009397
http://www.ina.fr/audio/PHF07009398
http://www.ina.fr/audio/PHF07009399

パウル・ザッハー(1906-1999)
sacher.jpg

モーツァルト/交響曲第32番、ハイドン/Vc協奏曲第1番、プロコフィエフ/交響的協奏曲(ロストロポーヴィチ) 伝75.8.11
http://www.ina.fr/audio/PHD07008602
http://www.ina.fr/audio/PHD07008603
http://www.ina.fr/audio/PHD07008604

ネッロ・サンティ(1931-)
SANTI.jpg

チャイコフスキー/交響曲第2番「ウクライナ」、ブラームス/P協奏曲第1番(ロジャー・ウッドワード) 伝76.3.14
http://www.ina.fr/audio/PHD07008605
http://www.ina.fr/audio/PHD07008606

ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(1927-2007)
rostro.jpg

プッチーニ/トスカ全曲(ガリーナ・ヴィシュネフスカヤ、フランコ・ボニゾッリ、ジャンジャコモ・グエルフィ) 76.1.28
http://www.ina.fr/audio/PHD07008601

チャイコフスキー/スペードの女王全曲(ヴィシュネフスカヤ、ペーター・グーガロフ、ファウスト・テンツィ、レジーナ・レズニク、ベルント・ヴァイクル、ハンナ・シュヴァルツ、ルチア・ポップ) 76.12.29
http://www.ina.fr/audio/PHY07009862

ミシェル・プラッソン(1933-)
plasson.jpg

バッハ/管弦楽組曲第3番、Jean Durbin/Le Grand Meaulnes,2eme suite 伝67.1.1
http://www.ina.fr/audio/PHF07009251
http://www.ina.fr/audio/PHF07009252

ジャン=ルイ・マルティネ/交響的運動第1番、ベートーヴェン/P協奏曲第3番(アンダ)、チャイコフスキー/交響曲第4番 72.6.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009681
http://www.ina.fr/audio/PHF07009682
http://www.ina.fr/audio/PHF07009683

シャルル・デュトワ(1936-)
dutoit.jpg

リムスキー=コルサコフ/ロシアの復活祭序曲、ドヴォルザーク/Vc協奏曲(ローズ)、ストラヴィンスキー/3楽章の交響曲、ファリャ/三角帽子第2組曲 伝68.1.4 *デュトワのORTFデビュー・コンサート
http://www.ina.fr/audio/PHF07009254
http://www.ina.fr/audio/PHF07009255
http://www.ina.fr/audio/PHF07009256
http://www.ina.fr/audio/PHF07009257

ヴェーバー/魔弾の射手序曲、シューマン/P協奏曲(マルタ・アルゲリチ)、ストラヴィンスキー/ペトルーシュカ 伝73.9.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009184
http://www.ina.fr/audio/PHF07009185
http://www.ina.fr/audio/PHF07009186

アンドレ・ヴァンデルノート(1927-1991)
vandernoot.jpg

ブラームス/P協奏曲第1番(ジュリアス・カッチェン)、R. シュトラウス/ドン・キホーテ 伝65.2.18
http://www.ina.fr/audio/PHD07008860
http://www.ina.fr/audio/PHD07008861

ヴラディミール・ゴルシュマン(1893-1972)
golschmann.jpg

ピエール・アスケノフ/交響曲第2番初演、マルティヌー/P協奏曲第3番(ルドルフ・フィルクスニー)、プロコフィエフ/ロメジュリから、R. シュトラウス/ティル 伝65.5.20
http://www.ina.fr/audio/PHD07008828
http://www.ina.fr/audio/PHD07008829
http://www.ina.fr/audio/PHD07008830
http://www.ina.fr/audio/PHD07008831

ルイス・エレラ・デ・ラ・フエンテ(1916-)
fuente.jpg

レブエルタス/センセマヤ、ブラームス/Vn協奏曲(シェリング)、ヘンツェ/交響曲第5番、レスピーギ/ローマの松 67.1.24
http://www.ina.fr/audio/PHD07008784
http://www.ina.fr/audio/PHD07008785
http://www.ina.fr/audio/PHD07008786
http://www.ina.fr/audio/PHD07008787

ルドルフ・アルベルト(1918-1992)
rudolf alberth

ドビュッシー/映像~ジーグ、ルイス・デ・パブロ/墓、ラヴェル/P協奏曲(タッキーノ)、ブラームス/交響曲第2番 67.1.31
http://www.ina.fr/audio/PHD07008556
http://www.ina.fr/audio/PHD07008557
http://www.ina.fr/audio/PHD07008558
http://www.ina.fr/audio/PHD07008559

モーツァルト/イドメネオ序曲、ルディ・シュテファン/管弦楽のための音楽、フランセ/花時計仏初演(ジュール・ゲーテリュック)、ヘンツェ/ウンディーネから、R. シュトラウス/ドン・ファン 64.3.17
http://www.ina.fr/audio/PHD07008907
http://www.ina.fr/audio/PHD07008908
http://www.ina.fr/audio/PHD07008909
http://www.ina.fr/audio/PHD07008910
http://www.ina.fr/audio/PHD07008911

フィリップ・モーラー/シェークスピア組曲、B.A.ツィンマーマン/ディアローグ-2台P協奏曲(コンタルスキー兄弟)、ドビュッシー/遊戯、スクリャービン/プロメテウス 伝71.6.9
http://www.ina.fr/audio/PHF07009616
http://www.ina.fr/audio/PHF07009617
http://www.ina.fr/audio/PHF07009618
http://www.ina.fr/audio/PHF07009619

クリストフ・フォン・ドホナーニ(1929-)
cd.jpg

モーツァルト/交響曲第38番「プラハ」、バルトーク/舞踏組曲、ブラームス/P協奏曲第2番(ジョルジュ・プリュデルマシェール) 伝73.12.17
http://www.ina.fr/audio/PHF07009012
http://www.ina.fr/audio/PHF07009013
http://www.ina.fr/audio/PHF07009014

テオドール・グシュルバウアー(1939-)
guschlbauer.jpg

ムソルグスキー/ホヴァンシチーナ~前奏曲、マルファの歌、チャイコフスキー/オルレアンの少女から、ロッシーニ/チェネレントラ序曲、ヴェルディ/トロヴァトーレ~炎は燃えて、ドン・カルロ~エボリのアリアむごい運命よ、リムスキー=コルサコフ/皇帝の花嫁から(イリーナ・アルヒーポワ)、ブルックナー/交響曲第4番「ロマンティック」 73.3.20-21サル・プレイエル
http://www.ina.fr/audio/PHF07009748
http://www.ina.fr/audio/PHF07009749
http://www.ina.fr/audio/PHF07009750
http://www.ina.fr/audio/PHF07009751
http://www.ina.fr/audio/PHF07009752
http://www.ina.fr/audio/PHF07009753
http://www.ina.fr/audio/PHF07009754
http://www.ina.fr/audio/PHF07009758

シューベルト/交響曲第4番「悲劇的」、モーツァルト/P協奏曲第27番(P不明)、R. シュトラウス/ばらの騎士組曲 伝70.5.20
http://www.ina.fr/audio/PHF07009526
http://www.ina.fr/audio/PHF07009527
http://www.ina.fr/audio/PHF07009528

モーツァルト/交響曲第41番「ジュピター」、コンサート・アリアK.416(エダ=ピエール)、レクイエム(キャロル・スミス、ヴェルナー・クレン、ソワイエ) 伝69.4.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07009439
http://www.ina.fr/audio/PHF07009440
http://www.ina.fr/audio/PHF07009441

モーシェ・アツモン(1931-)
atzmon.jpg

ヒンデミート/弦楽と金管楽器のための演奏会用音楽、ラフマニノフ/P協奏曲第2番(アントルモン)、ドヴォルザーク/交響曲第7番 伝74.6.12
http://www.ina.fr/audio/PHD07008650
http://www.ina.fr/audio/PHD07008651
http://www.ina.fr/audio/PHD07008652

ガブリエル・フムーラ(1946-)
chmura.jpg

ベートーヴェン/P協奏曲第5番「皇帝」(アラウ)、交響曲第7番 76.10.27サル・プレイエル 
http://www.ina.fr/audio/PHD07008543
http://www.ina.fr/audio/PHD07008544

ハイドン交響曲第88番、ベルク/Vn協奏曲、モーツァルト/Vn協奏曲第5番(シェリング)、R. シュトラウス/死と浄化 76.10.20
http://www.ina.fr/audio/PHD07008633
http://www.ina.fr/audio/PHD07008634
http://www.ina.fr/audio/PHD07008635
http://www.ina.fr/audio/PHD07008636

モーツァルト/交響曲第34番、ブルッフVn協奏曲第1番(スターン)、ワーグナー/ジークフリート牧歌、ストラヴィンスキー/火の鳥 伝75.9.22
http://www.ina.fr/audio/PHD07008722
http://www.ina.fr/audio/PHD07008723
http://www.ina.fr/audio/PHD07008724
http://www.ina.fr/audio/PHD07008725

ディミトリ・コラファス(1916-2004)
coraffas.jpg

ブラームス/ハイドン変奏曲、バルトーク/P協奏曲第3番(ベグネール)、リヴィエ/交響曲第6番、ラヴェル/スペイン狂詩曲 66.12.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009156
http://www.ina.fr/audio/PHF07009157
http://www.ina.fr/audio/PHF07009158
http://www.ina.fr/audio/PHF07009159

ベルリオーズ/序曲宗教裁判官、サン=サーンス/P協奏曲第2番(メルレ)、バルトーク/中国の不思議な役人 伝74.11.24
http://www.ina.fr/audio/PHD07008540
http://www.ina.fr/audio/PHD07008541
http://www.ina.fr/audio/PHD07008542

ハイドン/交響曲第49番、ヴェーバー/コンチェルトシュティック(ジャニーヌ・ダコスタ)、セルジュ・ニグ/ヒエロニムス・ボス交響曲 伝72.10.29
http://www.ina.fr/audio/PHF07009694
http://www.ina.fr/audio/PHF07009695
http://www.ina.fr/audio/PHF07009696

モーツァルト/交響曲第41番「ジュピター」、ヒナステラ/Vn協奏曲(リッチ)、ストラヴィンスキー/春の祭典 伝65.4.29
http://www.ina.fr/audio/PHD07008841
http://www.ina.fr/audio/PHD07008842
http://www.ina.fr/audio/PHD07008843

ルーカス・フォス(1922-2009)
foss.jpg

ベルリオーズ/序曲ローマの謝肉祭、モーツァルト/P協奏曲第9番「ジュノーム」(ゲルバー)、フォス/打楽器協奏曲(ジャン・ウィリアムズ) 75.10.15
http://www.ina.fr/audio/PHD07008524
http://www.ina.fr/audio/PHD07008525
http://www.ina.fr/audio/PHD07008526

アイヴズ/休日、クリストバル・アルフテル/環、フォス/バロック変奏曲、ジャン=エティエンヌ・マリー/協奏曲「神の場」初演 伝70.4.1
http://www.ina.fr/audio/PHF07009510
http://www.ina.fr/audio/PHF07009511
http://www.ina.fr/audio/PHF07009512
http://www.ina.fr/audio/PHF07009513

クセナキス/メタスタシス、ポラ・タ・ディナ、ST48-1,240162初演、夜、ピトプラクタ、ボホール 伝68.10.26
http://www.ina.fr/audio/PHF07009400
http://www.ina.fr/audio/PHF07009401
http://www.ina.fr/audio/PHF07009402
http://www.ina.fr/audio/PHF07009403
http://www.ina.fr/audio/PHF07009404
http://www.ina.fr/audio/PHF07009405

マリウス・コンスタン(1925-2004)
constant m

ブラッハー/パガニーニ変奏曲、ジャン=ルイ・マルティネ/交響的トリプティーク「オルフェ」、アンドレ・カサノヴァ/Vn協奏曲初演(ドゥカン) 70.2.4
http://www.ina.fr/audio/PHF07009585
http://www.ina.fr/audio/PHF07009586
http://www.ina.fr/audio/PHF07009587

ジョリヴェ/5つの儀礼の踊り、Vn協奏曲(ドヴィ・エルリー)、交響曲第3番 伝75.6.16
http://www.ina.fr/audio/PHD07008553
http://www.ina.fr/audio/PHD07008554
http://www.ina.fr/audio/PHD07008555

モーツァルト/カッサシオン第1番、バッハ/P協奏曲BWV.1052、メシアン/鳥達の目覚め(イヴォンヌ・ロリオ)、リゲティ/アパリション、ヴァレーズ/アメリカ 伝69.4.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009429
http://www.ina.fr/audio/PHF07009430
http://www.ina.fr/audio/PHF07009431
http://www.ina.fr/audio/PHF07009432

ジョゼフ・ポスト(1906-1972)
post.jpg

ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界から」、ラヴェル/P協奏曲(P不明)、ドビュッシー/海、ルーセル/バッカスとアリアーヌ第2組曲 伝66.3.13
http://www.ina.fr/audio/PHF07009094
http://www.ina.fr/audio/PHF07009095
http://www.ina.fr/audio/PHF07009096
http://www.ina.fr/audio/PHF07009097

イヴ・プラン(1933-)
prin.jpg

レイナルド・アーン/組曲テレーズ公妃の祝宴 伝75.11.26
http://www.ina.fr/audio/PHD07008641

クルト・マズア(1927-)
young masur

ブラームス/交響曲第4番、セルジュ・ニグ/P協奏曲第2番初演(アース)、プロコフィエフ/スキタイ組曲 73.12.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009771
http://www.ina.fr/audio/PHF07009770
http://www.ina.fr/audio/PHF07009769

モーツァルト/魔笛序曲、ベートーヴェン/Vn協奏曲(フランチェスカッティ)、ブラームス/交響曲第1番 伝75.4.9
http://www.ina.fr/audio/PHD07008738
http://www.ina.fr/audio/PHD07008739
http://www.ina.fr/audio/PHD07008740

セルジュ・チェリビダッケ(1912-1996)
celib.jpg

ケルビーニ/アナクレオン序曲、ストラヴィンスキー/詩篇交響曲、R. シュトラウス/死と浄化、ラヴェル/スペイン狂詩曲 73.12.23
http://www.ina.fr/audio/PHD07008611
http://www.ina.fr/audio/PHD07008612
http://www.ina.fr/audio/PHD07008613
http://www.ina.fr/audio/PHD07008614

シューベルト/6つのドイツ舞曲、交響曲第5番、J.シュトラウスⅡ/こうもり序曲(なし)、ウィーンの森の物語、ポルカ3曲、皇帝円舞曲(なし) 73.12.30
http://www.ina.fr/audio/PHD07008532
http://www.ina.fr/audio/PHD07008533
http://www.ina.fr/audio/PHD07008535
http://www.ina.fr/audio/PHD07008536
http://www.ina.fr/audio/PHD07008537
http://www.ina.fr/audio/PHD07008538

ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」、ラヴェル/マ・メール・ロワ、ストラヴィンスキー/ペトルーシュカ 74.2.6
http://www.ina.fr/audio/PHD07008733
http://www.ina.fr/audio/PHD07008734
http://www.ina.fr/audio/PHD07008735
http://www.ina.fr/audio/PHD07008736
http://www.ina.fr/audio/PHD07008737

ブラームス/交響曲第3番、ミヨー/ブラジルの郷愁、レスピーギ/ローマの松 伝74.2.15
http://www.ina.fr/audio/PHD07008730
http://www.ina.fr/audio/PHD07008731
http://www.ina.fr/audio/PHD07008732

モーツァルト/レクイエム(オージェ、G.プレスナー、アダルベルト・クラウス、ソワイエ) 74.2.22(なし)

ヴェーバー/魔弾の射手序曲、ハイドン/交響曲第102番、シューマン/交響曲第2番 74.2.27
http://www.ina.fr/audio/PHF07009782
http://www.ina.fr/audio/PHF07009783
http://www.ina.fr/audio/PHF07009784

ラヴェル/道化師の朝の歌、シューマン/P協奏曲(アルゲリチ)、プロコフィエフ/ロメオとジュリエットから 74.5.29
http://www.ina.fr/audio/PHF07008930
http://www.ina.fr/audio/PHF07008931
http://www.ina.fr/audio/PHF07008932

シューベルト/交響曲第7番「未完成」、シェーンベルク/作品8から4つの歌曲(コレット・ヘルツォーク)、ベートーヴェン/交響曲第7番 74.9.17パリ、Faculte de Droit d'Assas
http://www.ina.fr/audio/PHD07008716
http://www.ina.fr/audio/PHD07008717
http://www.ina.fr/audio/PHD07008718

シューベルト/ロザムンデ序曲、ドヴォルザーク/Vc協奏曲(フルニエ)、デュティーユ/メタボール、ラヴェル/ラ・ヴァルス 74.10.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07008917
http://www.ina.fr/audio/PHF07008918
http://www.ina.fr/audio/PHF07008919
http://www.ina.fr/audio/PHF07008920
http://www.ina.fr/audio/PHF07008921
http://www.ina.fr/audio/PHF07008922
http://www.ina.fr/audio/PHF07008923
http://www.ina.fr/audio/PHF07008924

ブラームス/悲劇的序曲、ベートーヴェン/P協奏曲第5番「皇帝」(アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリ)、ラヴェル/ダフニスとクロエ第1・第2組曲 74.10.16
http://www.ina.fr/audio/PHD07008630
http://www.ina.fr/audio/PHD07008631
http://www.ina.fr/audio/PHD07008632

ルーセル/交響曲第3番、ブラームス/交響曲第4番 74.10.23
http://www.ina.fr/audio/PHD07008518
http://www.ina.fr/audio/PHD07008519

ルーセル/交響曲第3番、ブラームス/交響曲第4番~第1・第2・第4楽章、アンコール3曲 74.10.25リール、セバストポル劇場
http://www.ina.fr/audio/PHD07008566
http://www.ina.fr/audio/PHD07008567
http://www.ina.fr/audio/PHD07008568
http://www.ina.fr/audio/PHD07008569
http://www.ina.fr/audio/PHD07008570

ラヴェル/クープランの墓、モーツァルト/P協奏曲第17番(ピエール=ローラン・エマール)、ベートーヴェン/交響曲第4番 75.1.15サル・ガヴォー(なし、フランス国立放送管との最後の演奏会)

ジャン=バティスト・マリ(1912-)
mari.jpg

ワーグナー/名歌手第1幕前奏曲、ラロ/スペイン交響曲(シェル・ブシノ)、プロコフィエフ/石の花第2組曲、ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵 伝67.4.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07008966
http://www.ina.fr/audio/PHF07008967
http://www.ina.fr/audio/PHF07008968
http://www.ina.fr/audio/PHF07008969

グリンカ/ルスランとリュドミラ序曲、タンスマン/バレエ「王の9つの習慣」組曲、サン=サーンスP協奏曲第5番(モニク・ド・ラ・ブリュショルリ)、チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 伝65.5.6
http://www.ina.fr/audio/PHD07008837
http://www.ina.fr/audio/PHD07008838
http://www.ina.fr/audio/PHD07008839
http://www.ina.fr/audio/PHD07008840

モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」、ワーグナー/ジークフリート牧歌、パガニーニ/Vn協奏曲第1番(レジス・パスキエ)、デュティーユ/メタボール 伝69.3.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009034
http://www.ina.fr/audio/PHF07009035
http://www.ina.fr/audio/PHF07009036
http://www.ina.fr/audio/PHF07009037

ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ(1926-2012)
henze.jpg

ヘンツェ/豚についての習作(ウィリアム・ペアソン)、P協奏曲第2番仏初演(クリストフ・エッシェンバッハ) 69.10.29
http://www.ina.fr/audio/PHF07009467
http://www.ina.fr/audio/PHF07009468

ヘンリク・チシュ(1923-2003)
czyz.jpg

ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」、ブラームス/P協奏曲第1番(アルトゥール・ルービンシュタイン)、ショパン/英雄ポロネーズ 伝74.3.13
http://www.ina.fr/audio/PHD07008550
http://www.ina.fr/audio/PHD07008551

ヴィルモシュ・コモル(1895-1971)
komor.jpg

コダーイ/ガランタ舞曲、マロシュセーク舞曲、ハーリ・ヤーノシュ 伝68.1.11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009269
http://www.ina.fr/audio/PHF07009271
http://www.ina.fr/audio/PHF07009272

ローレンス・フォスター(1941-)
foster.jpg

ブラームス/ハイドン変奏曲、プロコフィエフ/Vn協奏曲第1番(フェラス)、ショスタコーヴィチ/交響曲第1番 73.10.17
http://www.ina.fr/audio/PHF07009728
http://www.ina.fr/audio/PHF07009729
http://www.ina.fr/audio/PHF07009731

小泉和裕(1949-)
koizumi.jpg

ヴェーバー/魔弾の射手序曲、ベートーヴェン/P協奏曲第3番(ルービンシュタイン)、フォーレ/ペレアスとメリザンド、ドビュッシー/海 76.1.7
http://www.ina.fr/audio/PHD07008659
http://www.ina.fr/audio/PHD07008660
http://www.ina.fr/audio/PHD07008661
http://www.ina.fr/audio/PHD07008662

ワーグナー/トリスタン~前奏曲と愛の死、ショパン/P協奏曲第1番(ジャニーナ・フィアルコフスカ)、チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 76.1.14
http://www.ina.fr/audio/PHD07008747
http://www.ina.fr/audio/PHD07008748
http://www.ina.fr/audio/PHD07008749

モーツァルト/交響曲第36番「リンツ」、ショスタコーヴィチ/Vc協奏曲第2番(ロストロポーヴィチ)、ストラヴィンスキー/春の祭典 76.1.23
http://www.ina.fr/audio/PHD07008592
http://www.ina.fr/audio/PHD07008593
http://www.ina.fr/audio/PHD07008594

R. シュトラウス/ドン・ファン、スクリャービン/P協奏曲(クリダ)、ドビュッシー/牧神前奏曲、メシアン/キリストの昇天 76.2.4
http://www.ina.fr/audio/PHD07008680
http://www.ina.fr/audio/PHD07008681
http://www.ina.fr/audio/PHD07008682
http://www.ina.fr/audio/PHD07008683

ビゼー/アルルの女第2組曲、ラロ/スペイン交響曲(ピエール・アモワイヤル)、デュティーユ/交響曲第2番 76.5.10ラジオ・フランス・グラン・オーディトリアム
http://www.ina.fr/audio/PHY05078956

ルチアーノ・ベリオ(1925-2003)
berio.png

ベリオ/カオス-マデルナの追憶に、2台P協奏曲(ラベック姉妹)、エピファニー(キャシー・バーベリアン) 76.5.14
http://www.ina.fr/audio/PHD07008677
http://www.ina.fr/audio/PHD07008678
http://www.ina.fr/audio/PHD07008679

デヴィッド・ジンマン(1936-)
zinmann.jpg

ラヴェル/クープランの墓、モーツァルト/P協奏曲第26番「戴冠式」(カサドシュ)、チャイコフスキー/交響曲第4番 伝68.9.13
http://www.ina.fr/audio/PHF07009393
http://www.ina.fr/audio/PHF07009394
http://www.ina.fr/audio/PHF07009395

バルトーク/弦楽のディヴェルティメント、ブラームス/ハイドン変奏曲、ベートーヴェン/P協奏曲第5番「皇帝」(アシュケナージ) 伝68.11.6
http://www.ina.fr/audio/PHF07009410
http://www.ina.fr/audio/PHF07009411
http://www.ina.fr/audio/PHF07009412

ワーグナー/名歌手第1幕前奏曲、バルトーク/P協奏曲第3番(フランソワ)、チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 伝69.10.11
http://www.ina.fr/audio/PHF07009463
http://www.ina.fr/audio/PHF07009464
http://www.ina.fr/audio/PHF07009465

ズデニェク・マーツァル(1936-)
macal.jpg

モーツァルト/交響曲第32番、プロコフィエフ/P協奏曲第3番(マガロフ)、ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界から」 73.11.28
http://www.ina.fr/audio/PHF07009766
http://www.ina.fr/audio/PHF07009767
http://www.ina.fr/audio/PHF07009768

ヨーゼフ・ボハーチ/断章、シベリウス/Vn協奏曲(チョン・キョンファ)、R. シュトラウス/英雄の生涯 73.5.16
http://www.ina.fr/audio/PHF07009724
http://www.ina.fr/audio/PHF07009725
http://www.ina.fr/audio/PHF07009726

ヴェーバー/オイリアンテ序曲、ラフマニノフ/P協奏曲第3番(マガロフ)、ベートーヴェン/交響曲第7番 伝75.7.28
http://www.ina.fr/audio/PHD07008547
http://www.ina.fr/audio/PHD07008548
http://www.ina.fr/audio/PHD07008549

小澤征爾(1935-)
ozawa.jpg

モーツァルト/交響曲第32番、メシアン/7つの俳諧(イヴォンヌ・ロリオ)、ドビュッシー/牧神前奏曲、ストラヴィンスキー/火の鳥 66.9.19ブザンソン国際音楽祭
http://www.ina.fr/audio/PHF07009140
http://www.ina.fr/audio/PHF07009141
http://www.ina.fr/audio/PHF07009142
http://www.ina.fr/audio/PHF07009143

クラウディオ・アッバード(1933-)
abbado.jpg

プロコフィエフ/ロメオとジュリエットから、P協奏曲第3番(アルゲリチ)、交響曲第3番 69.11.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009472
http://www.ina.fr/audio/PHF07009473
http://www.ina.fr/audio/PHF07009474

ズービン・メータ(1936-)
mehta.jpg

ヴェーバー/オベロン序曲、P協奏曲第5番「皇帝」(アラウ、なし)、ドヴォルザーク/交響曲第7番 65.6.29
http://www.ina.fr/audio/PHD07008791
http://www.ina.fr/audio/PHD07008792

ハイドン/戦時のミサ、ブルックナー/テ・デウム(シーラ・アームストロング、シュヴァルツ、ホルヴェーク、ニムスゲルン) 73.2.21
http://www.ina.fr/audio/PHF07009743
http://www.ina.fr/audio/PHF07009744

ストラヴィンスキー3楽章交響曲、Vn協奏曲(ギトリス)、春の祭典 伝69.3.19
http://www.ina.fr/audio/PHF07009390
http://www.ina.fr/audio/PHF07009391
http://www.ina.fr/audio/PHF07009392

フランコ・マンニーノ(1924-2005) 
*ヴィスコンティ作品の音楽も担当
Franco_Mannino.jpg

ロッシーニ/アルジェのイタリア女序曲、モーツァルト/P協奏曲第27番、ヴェーバー/コンチェルトシュティック(カサドシュ)、ベートーヴェン/交響曲第7番 66.6.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07008970
http://www.ina.fr/audio/PHF07008971
http://www.ina.fr/audio/PHF07008972
http://www.ina.fr/audio/PHF07008973

ヴィヴァルディ/シンフォニアト長調、ベートーヴェン/P協奏曲第3番(弾き振り)、R. シュトラウス/ツァラトゥストラはかく語りき 68.3.13
http://www.ina.fr/audio/PHF07009306
http://www.ina.fr/audio/PHF07009307
http://www.ina.fr/audio/PHF07009308

アンドレ・ジラール(1913-1987)
girard.jpg

バッハ/管弦楽組曲第2番(フェルナン・デュフレーヌ)、チャイコフスキー/Vn協奏曲(ミリアム・ソロヴィエフ)、リヴィエ/レクイエム(イルマ・コラッシ、ミシェル・リチェス) 伝65.1.28
http://www.ina.fr/audio/PHD07008800
http://www.ina.fr/audio/PHD07008801
http://www.ina.fr/audio/PHD07008802

ハイドン/交響曲第88番、ベートーヴェン/P協奏曲第3番(アニー・ダルコ)、チェレプニン/ディヴェルティメント作品90 伝68.9.26
http://www.ina.fr/audio/PHF07008956
http://www.ina.fr/audio/PHF07008957
http://www.ina.fr/audio/PHF07008958

アンゲルブレシュト/バレエ音楽「エル・グレコ」、フォーレ/バラード(オデット・ガルタンローブ)、ドビュッシー/夜想曲~雲・祭り、シャブリエ/音楽への頌歌、アンゲルブレシュト/レクイエム 伝65.5.13
http://www.ina.fr/audio/PHD07008832
http://www.ina.fr/audio/PHD07008833
http://www.ina.fr/audio/PHD07008834
http://www.ina.fr/audio/PHD07008835
http://www.ina.fr/audio/PHD07008836

ブラームス/Vn協奏曲(エルリ・ドゥヴィ)、アンゲルブレシュト/レクイエム 伝66.12.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07009145
http://www.ina.fr/audio/PHF07009146

ダンディ/交響的変奏曲「イシュタール」、ロジェ=デュカス/煙突掃除人から、フローラン・シュミット/ポーの「幽霊屋敷」のための試作作品49 伝73.4.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07009700
http://www.ina.fr/audio/PHF07009701
http://www.ina.fr/audio/PHF07009702

トニー・オーバン(1907-1981)
無題

ピエルネ/ラムンチョ序曲、デュカ/ペリのファンファーレ、オネゲル/Vc協奏曲(ナヴァラ)、オーバン/交響曲第1番「ロマンティーク」 68.3.18
http://www.ina.fr/audio/PHF07009309
http://www.ina.fr/audio/PHF07009310
http://www.ina.fr/audio/PHF07009311
http://www.ina.fr/audio/PHF07009312

ユーディ・メニューイン(1916-1999)
menuhin.jpg

バッハVn協奏曲BWV.1042、ベートーヴェン/P協奏曲第3番(ヘプツィバ・メニューイン)、シューマン/交響曲第4番 伝66.1.13
http://www.ina.fr/audio/PHF07008945
http://www.ina.fr/audio/PHF07008946
http://www.ina.fr/audio/PHF07008947

ティボール・パウル(1909-1973)
paul.jpg

アイネム/交響的情景作品22、リスト/P協奏曲第2番(ガブリエル・タッキーノ) 伝68.3.27
http://www.ina.fr/audio/PHF07009328
http://www.ina.fr/audio/PHF07009329

ジョン・マウチェリー(1945-)
mauceri.jpg

マーラー/交響曲第10番~アダージョ、メシアン/キリストの昇天、アイヴズ/交響曲第4番~3楽章 伝76.2.1
http://www.ina.fr/audio/PHD07008563
http://www.ina.fr/audio/PHD07008564
http://www.ina.fr/audio/PHD07008565

リチャード・デュファロ(1933-2000)
dufallo.gif

シューベルト/交響曲第5番、ベルクV/n協奏曲(ドゥカン)、シェーンベルク/ペレアスとメリザンド 伝71.6.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07008983
http://www.ina.fr/audio/PHF07008984
http://www.ina.fr/audio/PHF07008985

アレクサンドロス・マイラット(1950-)
myrat.jpg

シューベルト/交響曲第8番「グレート」 伝76.12.2
http://www.ina.fr/audio/PHD07008648

ジェラール・ドゥヴォス(1927-)
gerard devos

ハイドン/交響曲第101番「時計」、ピエール・サンカン/P協奏曲(シルヴィ・メルシエ)、ランドフスキ/交響曲第3番、ヴェーバー/オベロン序曲 伝71.5.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009620
http://www.ina.fr/audio/PHF07009621
http://www.ina.fr/audio/PHF07009622
http://www.ina.fr/audio/PHF07009623

リムスキー=コルサコフ/ロシアの復活祭序曲、ガーシュウィン/P協奏曲(チッコリーニ)、ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界から」 72.11.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07009691
http://www.ina.fr/audio/PHF07009692
http://www.ina.fr/audio/PHF07009693

ピエール・ストール(1924-?)
stoll.jpg

平義久/クロモフォニー(1973) 伝75.4.21
http://www.ina.fr/audio/PHD07008588

トン=ツァ・ティエ/Ngu Hanh II 伝75.5.5
http://www.ina.fr/audio/PHD07008607

ローベルト・シュノーレンベルク(1929-1983)
Schnorrenberg.jpg

クラウディオ・サントロ/Ponteio、エディノ・クリーガー/Variations Elementary、シューマンP協奏曲(ホセ・カーハン)、ハイドン/交響曲第97番 伝67.11.2
http://www.ina.fr/audio/PHF07009227
http://www.ina.fr/audio/PHF07009228
http://www.ina.fr/audio/PHF07009229
http://www.ina.fr/audio/PHF07009230

モーリス・スーザン(1925-?)
suzan.jpg

ベートーヴェン/序曲レオノーレ第3番、交響曲第8番、ミヨー/プロヴァンス組曲、チャイコフスキー/ロメオとジュリエット 伝68.9.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07008952
http://www.ina.fr/audio/PHF07008953
http://www.ina.fr/audio/PHF07008954
http://www.ina.fr/audio/PHF07008955

ルーセル/組曲作品33、ストラヴィンスキー/カプリッチョ(アンリオ=シュヴァイツァー)、ラヴェル/P協奏曲、タンスマン/石碑-ストラヴィンスキーの追憶に初演、バルトーク/中国の不思議な役人 72.1.24
http://www.ina.fr/audio/PHF07009719
http://www.ina.fr/audio/PHF07009720
http://www.ina.fr/audio/PHF07009721
http://www.ina.fr/audio/PHF07009722
http://www.ina.fr/audio/PHF07009723

ヴェーバー/オベロン序曲、モーツァルト/P協奏曲第24番(レスリー・ライト)、ストラヴィンスキー/かるた遊び、ベルリオーズ/ロメオとジュリエットから2曲、R. シュトラウス/ドン・ファン 伝70.3.8
http://www.ina.fr/audio/PHF07009481
http://www.ina.fr/audio/PHF07009482
http://www.ina.fr/audio/PHF07009483
http://www.ina.fr/audio/PHF07009484
http://www.ina.fr/audio/PHF07009485

ミハイ・ブレディチェアヌ(1920-2005)
brediceanu-mihai.jpg

モーツァルト/フィガロ序曲、P協奏曲第9番「ジュノーム」(ポミエ)、ブルックナー/交響曲第6番 伝75.5.7
http://www.ina.fr/audio/PHD07008693
http://www.ina.fr/audio/PHD07008694
http://www.ina.fr/audio/PHD07008695

コンスタンティン・イリエフ(1924-1988)
iliev.png

ゲオルギー・イヴァノフ/悲劇的序曲、バルトーク/P協奏曲第3番(シルヴィ・メルシエ)、ベルリオーズ/幻想交響曲 伝65.3.25
http://www.ina.fr/audio/PHD07008849
http://www.ina.fr/audio/PHD07008850
http://www.ina.fr/audio/PHD07008851

マルセル・クーロー(1912-1986)
cou.png

クセナキス/夜初演、メシアン/夢の中のかすかな音(ベロフ)、5つのルシャン 伝68.4.28ロワイアン音楽祭
http://www.ina.fr/audio/PHD07008706
http://www.ina.fr/audio/PHD07008707
http://www.ina.fr/audio/PHD07008712

ヴェルナー・トルカノフスキー(1926-1992)
tor.jpg

バッハ(シェーンベルク編)前奏曲とフーガ変ホ長調、ショパン/P協奏曲第1番(ワイセンベルク)、シベリウス/交響曲第1番 74.1.23
http://www.ina.fr/audio/PHF07009776
http://www.ina.fr/audio/PHF07009777
http://www.ina.fr/audio/PHF07009778

ポール・カポロンゴ(1940-)
capolongo.jpg

ベルリオーズ/序曲海賊、ベートーヴェン/P協奏曲第4番、ショパン/P協奏曲第2番(イストミン)、ドビュッシー/イベリア 伝74.6.26
http://www.ina.fr/audio/PHF07008939
http://www.ina.fr/audio/PHF07008940
http://www.ina.fr/audio/PHF07008941
http://www.ina.fr/audio/PHF07008942
http://www.ina.fr/audio/PHF07008943
http://www.ina.fr/audio/PHF07008944

ロジェ・アルバン(1920-2001)
albin.jpg

デュティーユ/交響曲第1番、プロコフィエフ/Vn協奏曲第1番(アニー・ジョドリー)、ラヴェル/道化師の朝の歌 伝68.9.8
http://www.ina.fr/audio/PHF07009031
http://www.ina.fr/audio/PHF07009032
http://www.ina.fr/audio/PHF07009033

クリストフ・シュテップ(1927-)
step.jpg

モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」、ベートーヴェン/P協奏曲第2番(ゲルバー)、ブラームス/セレナード第2番 伝67.12.21
http://www.ina.fr/audio/PHF07009243
http://www.ina.fr/audio/PHF07009244
http://www.ina.fr/audio/PHF07009245

ジャック・ウートマン(1935-)
houtman.jpg

ヴェルディ/運命の力序曲、オネゲル/交響曲第2番、ミヨー/プロヴァンス組曲、ドヴォルザーク/交響曲第8番 伝67.12.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009247
http://www.ina.fr/audio/PHF07009248
http://www.ina.fr/audio/PHF07009249
http://www.ina.fr/audio/PHF07009250

イーヴォ・マレク(1925-)
marec.png

シュトックハウゼン/ミクストゥール、ストラヴィンスキー/聖マルコの名をたたえる讃歌、メシアン/クロノクロミー 76.3.22
http://www.ina.fr/audio/PHD07008750
http://www.ina.fr/audio/PHD07008751
http://www.ina.fr/audio/PHD07008752

フィリップ・ドロゴス/Eclatement II 、リゲティ/Vc協奏曲、マレク/弦楽と18の声による歌、ミルコ・ケーレメン/Changeant(ジークフリート・パルム)、武満徹/アーク 伝75.4.22
http://www.ina.fr/audio/PHD07008667
http://www.ina.fr/audio/PHD07008668
http://www.ina.fr/audio/PHD07008669
http://www.ina.fr/audio/PHD07008670
http://www.ina.fr/audio/PHD07008671

コンスタンティン・シモノヴィチ(1923-2000)
simo.jpg

フランソワ=ベルナール・マシュ/La Peau du silence 伝67.2.22
http://www.ina.fr/audio/PHF07009170

ダニエル・シャブルン(1925-2006)
ch.jpg

リュック=アンドレ・マルセル/P協奏曲第1番(ジャクリーヌ・エイマール) 伝68.9.14
http://www.ina.fr/audio/PHF07009150

フランソワ・ヴェルケン/聖金曜日のためのカンタータ(アンナ・リンガート、ドゥミニー) 伝72.3.30
http://www.ina.fr/audio/PHF07009627

ユヴァル・ザリウク(1939-)
za.jpg

リスト/ファウスト交響曲(ホセ・エチェバルネ) 伝75.1.12
http://www.ina.fr/audio/PHF07009317


また上に挙げた以外にも1964年以前の演奏では有名な音源(ソフトが出ている音源)や、各演奏家のリサイタル―カサドシュ、マガロフ等々、フランス国立放送室内管弦楽団(1976年以降改組して国立放送フィルに吸収合併)の演奏会などもあり、これらはまだまだ氷山の一角です。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2013-12-14 : ライヴ録音 特別編 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

追悼 ヴォルフガング・サヴァリッシュ

ww.jpg
ヴィーラント・ワーグナーと



ヴォルフガング・サヴァリッシュが逝ったとのこと。引退していたとはいえ、残念なことです。
わたしがオペラに目覚めたのはこのひとのバイロイトのローエングリンでしたから。

N響への客演はほとんど毎年のように行われ、いわゆる「指揮者」のイメージとしてこのひとの存在感はやはりずば抜けていたのは間違いないです。楽長的な感じでおおらかに振りながらも、ここぞというところでの豹変っぷりは実にカッコよく、また何事もなかったように楽長に戻る。音楽は自然な流れなんですけど、映像としてはすごく映えて見えたものです。

音楽的には、イメージ的にドイツ伝統の~みたいな妙な謂われ方をするもんですから、重心は低く、リズムも鈍重なのかというと、まったくそんなことはない。むしろ明るいほどに音色は輝き、リズムは気持ちいいくらいに明快。それでいて鳴ってる音はよく聴こえてくる。そしてノッたときの演奏はキレキレになるのですから、そういったときは最高に素晴らしかった。それがサヴァリッシュでした。
それだけに、ベートーヴェンは実はあんまり合わなかったんじゃないかなあ、と思います。ねじ伏せる感がない。ちょいと小ぢんまりしたところに落ち着いてしまう。ところがブラームスはよく合うんですね。なんでかしら。大体ライヴでも外れがなかった。あとはシューマン、シューベルトあたり。最高に合うのはやっぱり世評も高いR・シュトラウスでしょうね。

あとはワーグナーでしょう。このひとのバイロイト出演が若い頃で終わってしまったのは本当に残念です。ヴィーラントと「将来指環をやろう」と誓い合ってたのにヴィーラントの存命中に袂を分かち、ベームを推薦してバイロイトから去りました。いま残された音源では恋愛禁制、妖精、リエンツィを含めて(まだORFEOのカタログにもあるはず)、 ライヴでもほぼすべてのオペラを聴くことができる人というのは稀有な存在ですが(そういう人は実はほとんどいません)、惜しむべきはバイロイトにおける彼の指環が聴けなかったこと。轟音軍曹ショ○ティなんて彼に比べたら、はっきり言って何番手でしょう!

ただ、演奏にはムラはあったと思います。乗らないときは、ほんと乗らない。その最右翼はフィラデルフィアと来たときのベートーヴェン全曲演奏でした。このへんがベームになりきれなかったところ、というような気もします。まあ、別にどうでもいいことなんですが。

ライヴで聴く彼の思い出深い名演奏としては、まずは前述のバイロイトのローエングリン(Philips)。これはもう何度も聴き返しました。それと77年のミュンヘンにおけるパルジファル。79年の名歌手(DFD、モル、コロ、ヴァラディ、シュライアー、ネッカーという超豪華キャスト)。87年にバイロイト指環がおやすみだった際に、NHK-FMが気を利かせて放送してくれた指環全曲のプレミエ。出回っている映像はこの後の89年の演奏で、ほとんど配役は同じなのですが、ヴォータンがジェームズ・モリスとロバート・ヘイルで異なります。余談ですが大野和士氏がこのときのサヴァリッシュのモリスに対するしごきぶりをインタヴューで答えていました。ちょっと抜粋。
大野「METのヴォータン、J・モリスが、鳴り物入りでミュンヘンに入ってきた。演出家と練習していて、自信満々に歌っていた。そこにサヴァリッシュが来て、モリスを自分の部屋に呼び特訓したんです。『ラインの黄金』の登場場面で、「あなたは私のところにいてくださらない」と言うフリッカに対し、「私は、家のことだけじゃなくて、世界を外から―von aussen―把握したいんだ」と言うところがあります。サヴァリッシュは、その「外から」の言葉一つに、ヴォータンの、『指環』全体の鍵があるんだと言い、高らかに歌っていたのを、低めから響くような、世界を抱き込むような歌い方に改めさせた。三時間、特訓ですよ。」

ブラームスだとほとんどすべていいのですが、NHKオンデマンドにも上がっていたN響、DFD、ヴァラディとのドイツ・レクイエムを。シューマンではやっぱり98年のN響との全曲ツィクルスは白眉でした。
シュトラウスではオペラももちろんいいのでしょうけれど、2000年にBSで流れたフィラデルフィアとの家庭交響曲@ケルン、これは涙なくして聴けない同曲最高の名演奏です。下の画像は最後の最後でふっと優しい表情を見せるサヴァリッシュ。ここで何度見ても涙腺が緩んでしまいます。

どうぞ安らかに。


sawalisch.jpg

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2013-03-05 : おくやみ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

大指揮者エリアフ・インバルの2011-12シーズン

Inbal_DSC.jpg
エリアフ・インバル

ドイツ放送オケをはじめ、欧州各国の主要オケも来季の予定がかなり出揃いつつありまして、個人的偏愛の対象たるインバル、ブロムシュテット、ギーレン、ウルフ、ネルソンスと目を皿のようにして探索してみました。このエントリーからそういった人たちの来シーズンを占っていこうと思っています。第一弾がインバルです。
ブロム翁に関しては、欧米でまさに今、とんでもない引っ張りだこの愛されっぷりなのですが、結果から言うと相変わらずインバルは絆の強いオケ(二流でも!)との仕事をきっちりやるというシーズンのようで、余計な客演などはほとんどナシ。現在チェコ・フィルと都響、それにフェニーチェ劇場の首席を掛け持っています(ただしチェコ・フィルは来季がラストシーズン)から、当然といえば当然なのです。ところが来季はどうも少ない。がっかりするくらい少ないのです。
インバルのマネージメントはウィルフォードのCAMIなんかではなくて、カルステン・ヴィットで、情報が遅い。ほとんどない。さらに、ブロム翁やギーレンとかと違って、意外にも世界で誰も(少なくともネット上で)フォローされてる方がいないので、文字通り手探りしかありません。それに加えてまだ来季予定が出ていない団体もありますので、情報が欠けている面もあり、現状はいまだ不完全な予定であることをご容赦ください。

今季残り
2011
6.30 ロイヤル・コンセルトヘボウ管 マーラー/交響曲第10番(クック版)
7.7 WDR響(ラインガウ音楽祭/エーベルバッハ修道院) ワーグナー/ジークフリート牧歌、ブルックナー/交響曲第9番
7.17 フェニーチェ劇場管 マーラー/交響曲第7番「夜の歌」

来季
2011
9.2 チェコ・フィル リスト/ファウスト交響曲(独唱ブリシェイン)
9.23-25 ベルリン・コンツェルトハウス管 ブリテン・プロ 「小さな煙突掃除」から、鎮魂交響曲、Vn協奏曲(ファウスト)
10.13-14 チェコ・フィル マルティヌー/P協奏曲第4番(アルダーセフ)、ストラヴィンスキー/火の鳥
10.21 フランス放送フィル シューマン/Vn協奏曲(ファウスト)リスト/ファウスト交響曲(独唱デイヴィスリム)
11.3-4 チェコ・フィル マーラー/さすらう若人の歌(プレガルディエン)、巨人
11.11-12 チェコ・フィルアテネ公演 マーラー/さすらう若人の歌(プレガルディエン)、巨人とリュッケルト歌曲集(W・マイアー)、交響曲第5番
12.12&14 東京都響 ショスタコーヴィチ/Vc協奏曲第2番(リプキン)、交響曲第5番
12.20 東京都響 ショスタコーヴィチ/Vn協奏曲第1番、交響曲第12番「1917年」
12.31 チェコ・フィルジルヴェスター ドヴォルザーク/謝肉祭、ユモレスク、ロマンス、サラサーテ、J・シュトラウスIIなど(Vn=スクリデ)

2012
1.5-6 チェコ・フィル モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」、マーラー/大地の歌(B・フィンク、グールド)
1.26-27 チェコ・フィル シューマン/Vc協奏曲(ヤムニク)、ベルリオーズ/幻想交響曲
3.8-9 チェコ・フィル ヤナーチェク/Vn協奏曲、ラヴェル/ツィガーヌ(スパチェク)、ダフニスとクロエ
3.17 東京都響 ドヴォルザーク/P協奏曲(パイク)、交響曲第9番「新世界から」
3.24 東京都響 チャイコフスキー/ロココ変奏曲(宮田大)ショスタコーヴィチ/交響曲第4番
3.29-30 東京都響 マーラー/亡き子をしのぶ歌、大地の歌(フェルミリオン、ギャンビル)
6.7-8 チェコ・フィル ラヴェル/シェエラザード、バーンスタイン/交響曲第3番「カディッシュ」(ヴィコパロヴァー)

現状ではこうなっております。今年はリスト・イヤー(生誕200年)なのとマーラーの記念年その2(没後100年)なので、チェコ・フィルの方はだいぶそれを意識したプログラミングになっていると思います。ただ、こうしてみると都響の素晴らしいセンスが光りますねぇ。追っかけではないけど、インバルファンのわたしが今、彼に渇望しているのはショスタコーヴィチなんですよ!しかも一日だけのタコ4。なにがあろうと今からチケット(出るの秋だろ)取って絶対に行く覚悟です(笑)。
とりあえず落ち着いてスケジュールを見ますと、2月と春が空いていて、この辺におそらく音楽監督で、かつまだ来季予定の出ていない、フェニーチェ劇場あたりが入る(今季4月半ばにマーラー6番をやってます)のかな、と推測します。特筆すべきはコンツェルトハウス管のブリテンプロも秀逸ですが、正直放送は微妙。

それにしてもはじめの方で余計な客演は一切ナシと書きましたが、ベルリン・コンツェルトハウス管は首席をやっており(2001-06)、フランス放送フィルとも近年かなり緊密(三年に二回くらいには客演)なので、来季客演するところは実際かなり縁が濃いオケだと言えるのですが、桂冠位にあるヘッセンはなにやっとるんじゃ!!初夏にブルックナー・ツィクルスをエーベルバッハで毎年やってたケルンWDRはなにしとんねん!!!とも言いたくなりますよ。両オケとも来季は「登場ナシ」です…。昔シャイーの急な代役としてプロムスで見事なマーラー3番で救ってくれたコンセルトヘボウもナシ。呆れた。どことは言わないけどハーディング二回も呼ぶなら一回インバル呼んでよ。

ネットラジオで放送がただでさえ少ないインバルですが(ポストを見れば判りますが…チェコ・フィルも毎回はやらないのです)、今後もそうは増えなそうですね。彼のファンは直接聴きに行くのが最善そうな、来シーズンです。愚痴っぽいエントリーになってしまいました><

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2011-05-14 : 雑記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

南西ドイツ放送SWRでマーラー特集

kray.jpg
ハンス・ミュラー=クライ


SWR2 Mahler-Zyklusの詳細PDFはこちら

南西ドイツ放送SWRは、4月22-25日の4日間でマーラーの没後100年に合わせて大規模な特集を放送する模様です。
SWR傘下の二つの放送オケ、南西ドイツ放送交響楽団とシュトゥットガルトSWR交響楽団による今までの演奏から、交響曲全曲放送が今回の大きなメインとなります。
このほか、Näiveからロランス・エキルベイ指揮アクサンチュス合唱団の演奏で「私はこの世に忘れられ」がCDも出ている、歌曲集のクリュトゥス・ゴットヴァルトによる合唱編曲の演奏会(マーカス・クリード指揮シュトゥットガルトSWRヴォーカルアンサンブル)や、レコード録音による演奏なども放送されます。

今回放送される二つのオケの歴代シェフによる演奏は、その多くがCD(HansslerやVox)になっています。南西ドイツではロスバウトの「大地の歌」、ギーレンの5番、8番、10番アダージョ、10番クック版、シュトゥットガルト放送響ではノリントンの1番、9番や、シェフではなかったにしてもよく客演していたシューリヒトの2番などは、おそらくその音源が放送されるのではないかと思います。裏付けとしては2番や8番のソリストなど演奏者を見ればそれは明らかですからね。ただ、放送局所有音源からの放送かとは思うので、放送されてみるまではCD化されている音源かどうかは未知数です。Hanssler音源だとCD化にあたってSWR自体も協力しているようなので、まぁほぼその音源が使われるとは思うのですが、SWRで放送した定期など、演奏会の未編集音源の可能性もわずかですが無きにしも非ずです。

しかし最も注目すべきは、南西ドイツ放送響客演によるラインスドルフの3番、ショルティの4番、アッバードの6番、ノイマンの7番などでしょう。これらはかなり珍しく、いままでにもCDでは出ていなかった音源で、ライヴかあるいは少なくとも放送用音源かと思われますので、これだけでもかなり重要です。また、シュトゥットガルト放送響でも、初代シェフ(1948-1969在任)のハンス・ミュラー=クライ(1908-69)による4番は非常に貴重です。
ラインスドルフの3番はベルリン・フィルに客演したもの(1984年ベルリン芸術週間)、ショルティの4番はニューヨーク・フィル自主制作盤(1962年)で、アッバードの6番はウィーン・フィル(1972年)やハンガリー国立管などに客演した若き日のライヴや、2000年代に入ってのベルリン・フィルやルツェルン祝祭管との演奏など数多く、ノイマンにしてもフランス国立管との1986年のライヴ(なんとこの年代でも終楽章などカット版による演奏でした)などあるのですが、ミュラー=クライは1969年に60歳で早世してしまった上にスタジオ盤でも伴奏や歌物が多かったので、交響曲録音は非常に珍しいものです。第4楽章を歌うエルフリーデ・トレッチェルはクレンペラーとケルン放送響の4番(1954年録音)でも独唱を務めており、1958年に44歳という若さで亡くなっていますので、それ以前の録音ということになり、ヨーロッパでマーラーが普及する以前の貴重な録音ということにもなる訳です。

ライヴかどうかはともかく、録音データくらいはしっかり書いておいて欲しいものですが、南西ドイツ放送響やシュトゥットガルト放送響のマーラー演奏史を知る上では格好の特集になっているのではないでしょうか。とりあえずSWR2 Mahler-Zyklusとして、wiki番組表(こちら) に放送予定を載せておりますので、ご覧ください。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2011-04-11 : ネットラジオ : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

デンマークはフリューベック・デ・ブルゴス

iburgos.jpg
フリューベック・デ・ブルゴス

先のエントリーでご紹介した「サヴァリッシュの音楽館」さんのページにて確認しましたが、フリューベック・デ・ブルゴスがデンマーク国立放送交響楽団の新シェフに就任することが発表された模様です。記事はこちら

任期は2012シーズンより2015シーズンまでの4年間で、2011-12シーズンは先のエントリーの通り、客演指揮者陣による定期シリーズが組まれております。

しかしフリューベック翁ももう御年77歳ですから、なかなか思い切った決断ですね。
来シーズンはヴェルディの「レクイエム」一度きりの登板となりますので、この演奏会は要チェックといったところでしょうか。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2011-03-10 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【速報】デンマーク国立放送交響楽団2011-12シーズン発表

kjarvi.jpg
クリスチャン・ヤルヴィ


バイロイトが出たと思ったら慌しくデンマークも出ておりましたのでご報告。こちらのPDFをご覧ください。
昨今のネットラジオの普及から鑑みますと、最近デンマークしか更新していませんでしたが、こりゃあドイツの放送オケ、少なくとも北ドイツ、ケルンWDR、ヘッセン、南西ドイツとシュトゥットガルトSWRにベルリン・ドイツくらいまでは書かないといけないかもしれませんね。これらのオケはほぼ定期枠は間違いなく聴けますから。そう言い出しますとフランス放送フィルもスウェーデンもミネソタもフィンランドも・・・となっちゃいますけど(汗)。まぁ、書ききれない分については、リンクさせて頂いているサヴァリッシュの音楽館さんのページが、このところ素晴らしい情報量なので、そちらにお譲りしたくもありますが…。

さて、2011-12シーズンでは、首席のトーマス・ダウスゴーが11年6月をもって退任しまして、後任はいまのところまだ決まっていないようです。そのため、11-12シーズンは客演指揮者によって賄われる模様です。まぁ、今のN響みたいな感じと言いますと分かり易いでしょうか。ダウスゴー自体の音楽は、個人的にはすごく買っていますので、残念な気持ちはもちろんありますが、ある意味指揮者の見本市みたいなこの状況もまた、決して嫌いではないというのが移り気で身勝手な感想でもあります。ま、いずれにせよこんな実力派のオケ、すぐに後任も決まるでしょうし。

とりあえずは定期に登場する指揮者の名前から挙げていきましょう。開幕の9月から順にファビオ・ルイージ、クリスチャン・ヤルヴィ2回、エイヴィン・グルベリ=イェンセン、マルク・スーストロ、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、マンフレート・ホーネック、レイフ・セーゲルスタム、ドミトリー・キタエンコ、ニコライ・スナイダー、キリル・カラビッツ、ダウスゴー2回、ヤン=パスカル・トルトゥリエ、ジャンルイジ・ジェルメッティ、ファンホ・メナ、クリストフ・ポッペン、アンドルー・マンゼ、ワシーリー・ペトレンコ、ポール・マクリーシュ、マリオ・ヴェンツァーゴ、ヨン・ストルゴーズ、トーマス・ソナゴー(センデゴー)、インゴ・メッツマッハー、ジョシュア・ワイラースタイン、アイヴォール・ボルトン、ジャナンドレア・ノセダ、ポール・メイエ、ヘルベルト・ブロムシュテットとなかなか壮観な顔ぶれ。

この中から10-11シーズンも登場して来季も二度振るクリスチャン・ヤルヴィが、ウィーン・トーンキュンストラー管も退任することですし、どうも次期シェフとしてクサい気がしないでもありませんが(笑)、若手・中堅・巨匠系・古楽系・ソリスト出身と、かなりバランスの取れた布陣です。
特に名誉指揮者に就任するとはいえ、2回の出演に留まったダウスゴーの穴を埋めるべく、中堅スター系指揮者の起用がかなり目立っています。ルイージ、ホーネック、ジェルメッティ、メッツマッハー、ボルトンなどはそんなにこのオケと関係が深い訳ではないと思うので、そう言って差し支えないでしょう。ノセダやセーゲルスタム、スナイダー、スーストロあたりも出戻り組で、10-11シーズンは登場していませんが、過去には客演しています(セーゲルスタムは元シェフでもあります)。
もはやフリューベック御大とブロムシュテット翁は昔のロンドン響でいうところの会長職ベームみたいなもんで、このオケには欠かすことの出来ない二人ですね。また、ポッペン、ヴェンツァーゴ、ソナゴー、キタエンコ、マンゼ、ストルゴーズあたりは今シーズンも登場している常連組。

で、プログラムが来シーズンは実に面白いですね。特徴としては、記念年というわけでもないのに、特定の作曲家を網羅したような感じになっていることが挙げられます。また、いちおう現代曲の委嘱初演はいくつかありますが、今シーズンまでと違って首席不在ということも影響しているのか、アグレッシヴなプログラミングというよりはやや名曲路線に偏った感はあります。
まず、シューベルトの全交響曲をやります。内訳は1番/トルトゥリエ、2番/メナ、3番と5番と8番/ヴェンツァーゴ、4番と6番/ストルゴーズ、7番/マンゼ、9番/マクリーシュ。
まだよく判りませんが7番はニューボールドによる校訂版で、8番はヴェンツァーゴ校訂版とのことだそうです。現在は7番を「未完成」、8番を「グレート」とするのが一般的となりつつありますが、予想としては7番は大昔NHK-FMでもケネス・モンゴメリーの演奏が放送された、スケッチからニューボールドが補筆したD.729のことで、8番はヴェンツァーゴによる「未完成」の補筆完成版なのではないか、と愚推してみます。マクリーシュの9番も、これが大ハ長調なんでしょう。
また、同時にブラームスの交響曲も全4曲やるみたいです。こちらは1番/トルトゥリエ、2番/ジェルメッティ、3番/メナ、4番/ノセダ。
協奏曲もベートーヴェンとショスタコーヴィチがかなり多いです。ベートーヴェンは「皇帝」以外のピアノ協奏曲とヴァイオリン協奏曲を、ショスタコもピアノ協奏曲第2番以外はほぼやる模様。
さらにこのオケは世界でもトップ・レヴェルのデンマーク国立放送合唱団(いまは二つに分かれてデンマーク放送コンサート合唱団とデンマーク放送ヴォーカルアンサンブル)を持っていますので、自然声楽曲も例年多いのです。来季はなんとヴェルディ/フリューベック・デ・ブルゴス、モーツァルト/ホーネック、フォーレ/ボルトンの三大レクイエムをすべて取り上げる上にシーズン最後にもドイツ・レクイエム/ブロムシュテット(!!)。彼のドイツ・レクイエムは聴いてみたかった。これを彼が振る頃にはもう84歳になっているので、何事もないことを心から祈るばかり。
個別的には、ポッペンの振るプログラムが前シーズンと連関を持たせているのが、かなり興味深いです。すなわち、アイヒベルグの交響曲第1番と、ハルトマンの交響曲第2番を来季やるのですが、実は今季の定期でアイヒベルグは2番を、ハルトマンは1番「レクイエムの試み」を取り上げているのです。これ、特にハルトマンは8年かかっていいから8番までやってくれないですかね(笑)。頑張れポッペン。

それでは詳しくプログラムを見てみましょう。デンマーク国立放送響は一部(例外的に金曜または土曜もあります)を除きTorsdag、つまり木曜の夜の定期(日本時間金曜未明)は確実にDRP2で放送されますので、その日は特に緑字で記しています。


2011年9月8日、9日 ファビオ・ルイージ
R・シュトラウス/ドン・ファン、ストラヴィンスキー/詩篇交響曲、ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」

9月15日 クリスチャン・ヤルヴィ
ドヴォルザーク/謝肉祭、サンドストレム/三重協奏曲(初演)、ストラヴィンスキー/春の祭典

9月22日 エイヴィン・グルベリ=イェンセン Tine Thing Helseth(トランペット) Christian Ihle Hadland(ピアノ)
ショスタコーヴィチ/ピアノ協奏曲第1番、Ib Glindemann/トランペット協奏曲、シベリウス/交響曲第2番

9月29日、10月1日 マルク・スーストロ Measha Brueggergosman(ソプラノ)
トマジ/典礼風ファンファーレ、シェーンベルク/浄められた夜、ショーソン/愛と海の詩、ラヴェル/ボレロ

10月13日、15日 ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス イネス・サラザール(ソプラノ) ユリア・ゲルツェヴァ(アルト) アキレス・マチャード(テノール) リッカルド・ザネラート(バス)
ヴェルディ/レクイエム

11月3日、4日 マンフレート・ホーネック クリスティアーネ・カルク(ソプラノ) クリスティーナ・ワリン(メゾ) マキシミリアン・シュミット(テノール) Tareq Nazmi(バス)
モーツァルト/交響曲第39番、フリーメイソンのための葬送音楽、レクイエム

11月10日 レイフ・セーゲルスタム Olli Leppäniemi(クラリネット)
セーゲルスタム/交響曲第232番(初演)、コリリアーノ/クラリネット協奏曲、コルンゴルト/交響曲

11月17日 ドミトリー・キタエンコ クリスティーナ・オルティーズ(ピアノ)
ヴェーバー/オベロン序曲、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番、プロコフィエフ/交響曲第4番

11月24日 ニコライ・スナイダー サリーム・アブード・アシュカール(ピアノ)
モーツァルト/ピアノ協奏曲第22番、ブルックナー/交響曲第7番

12月1日 キリル・カラビッツ Karen Gomyo(ヴァイオリン)
ハチャトゥリヤン/ガイーヌから、ショスタコーヴィチ/ヴァイオリン協奏曲第1番、ムソルグスキー/展覧会の絵

2012年1月5日、7日 トーマス・ダウスゴー
マーラー/交響曲第9番

1月19日 ヤン=パスカル・トルトゥリエ アラベラ・シュタインバッハー(ヴァイオリン)
シューベルト/交響曲第1番、ショスタコーヴィチ/ヴァイオリン協奏曲第2番、ブラームス/交響曲第1番

1月26日 ジャンルイジ・ジェルメッティ ベンヤミン・シュミット(ヴァイオリン)
レスピーギ/Suite fra Marie Antonie(*ジェルメッティが復活初演した「マリー・ヴィクトワール」の組曲版か?)、ヴォルフ=フェラーリ/ヴァイオリン協奏曲、ブラームス/交響曲第2番

2月2日 ファンホ・メナ イングリット・フリッター(ピアノ)
シューベルト/交響曲第2番、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番、ブラームス/交響曲第3番

2月9日 クリストフ・ポッペン マルク=アンドレ・アムラン(ピアノ)
アイヒベルク/交響曲第1番、シューベルト(リスト編)/さすらい人幻想曲、リスト/死の舞踏、ハルトマン/交響曲第2番「アダージョ」

2月23日 アンドルー・マンゼ ジェームズ・エーネス(ヴァイオリン)
ボー・ホルテン/Gaudy Pageant、ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲、シューベルト/交響曲第7番(*ブライアン・ニューボールドによるおそらく「未完成」交響曲の「完成」版か)

3月1日 ワシーリー・ペトレンコ ボリス・ギルツブルグ(ピアノ) イリーナ・マタエワ(ソプラノ) Daniil Shtoda(テノール) ワシーリー・ゲレッロ(バス)
エルガー/南国にて、ドホナーニ/童謡の主題による変奏曲、ラフマニノフ/鐘

3月8日、9日 ポール・マクリーシュ ソル・ガベッタ(チェロ)
シューベルト/交響曲第9番、サン=サーンス/チェロ協奏曲第1番

3月15日、17日 マリオ・ヴェンツァーゴ シモーネ・ディナースタイン(ピアノ)
シューベルト/交響曲第5番(17日は第3番)、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第2番、シューベルト/交響曲第8番(ヴェンツァーゴ版)

3月22日 ヨン・ストルゴーズ ホン・スジン(ヴァイオリン)
バッハ/ヴァイオリン協奏曲第2番、ラスムッセン/Postludier(初演)、シューベルト/交響曲第4番

3月24日 ヨン・ストルゴーズ ブレット・ディーン(ヴィオラ)
バッハ(ヴェーベルン編)/リチェルカーレ、ディーン/ヴィオラ協奏曲、シューベルト/交響曲第6番

3月29日 トーマス・ソナゴー ヴィルデ・フラング(ヴァイオリン)
プロコフィエフ/交響曲第1番「古典」、ニールセン/ヴァイオリン協奏曲、ショスタコーヴィチ/交響曲第5番

4月12日、4月13日 トーマス・ダウスゴー アリス=紗良・オット(ピアノ
シューマン/交響曲第3番「ライン」、グリーグ/ピアノ協奏曲、R・シュトラウス/ティル
*本来12日がTorsdagですがこの日はMetrokoncertでシューマン3番一曲のみ。

4月19日 インゴ・メッツマッハー イレーネ・テオリン(ソプラノ)
ワーグナー/神々の黄昏から、ショスタコーヴィチ/交響曲第7番「レニングラード」

4月27日 クリスチャン・ヤルヴィ ミハイル・シモニャン(ヴァイオリン)
ペルト/カンティーク、カルステン・ダール/The Fifth Dimension(初演)、カンチェーリ/Styx

5月2日、5月3日 ジョシュア・ワイラースタイン Jens Elvekjær(ピアノ)
ペンデレツキ/広島の犠牲者に捧げる哀歌、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番、ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界から」

5月17日、19日 ジャナンドレア・ノセダ エンリコ・ディンド(チェロ)
バッハ(レスピーギ編)/前奏曲とフーガ BWV.532、ショスタコーヴィチ/チェロ協奏曲第2番(19日は1番)、ブラームス/交響曲第4番

5月24日 アイヴォール・ボルトン ローズマリー・ジョシュア(ソプラノ) テノール未定 ロデリック・ウィリアムス(バリトン)
ハイドン/交響曲第92番、ベートーヴェン/ヨーゼフ2世葬送カンタータ、フォーレ/レクイエム

6月1日 ポール・メイエ クリスティーナ・アストランド(ヴァイオリン)
ルーダース/新作初演、ワイル/ヴァイオリン協奏曲、R・シュトラウス/管楽器のためのソナチネ第2番「楽しい仕事場」

6月8日、9日 ヘルベルト・ブロムシュテット カミーラ・ティリング(ソプラノ) ペーター・マッテイ(バリトン)
ブラームス/ドイツ・レクイエム


以上です。個人的な推しは、前述のブロムシュテット、ポッペン。さすがに開幕を任されたルイージの「エロイカ」。フリューベック御大のヴェルレク。それとこのオケと実はめちゃくちゃ相性がいいスーストロ、セーゲルスタムの自作とコリリアーノ、コルンゴルトという激シブプロ、ダウスゴーのマラ9。トルトゥリエのシューベルトとブラームスの1番。メッツマッハーの「レニングラード」。ボルトンのベートーヴェンのカンタータとフォーレクあたりはまず、絶対に外せないところでしょう。


blomstedt2.jpg
ヘルベルト・ブロムシュテット

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2011-02-28 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【速報】バイロイト2011―配役予定発表

untitled.jpg
カミッラ・ニールンド


バイロイト音楽祭の配役予定が、ようやく出た模様です。こちら参照ください。
例年2月のヴァレンタインデーのあたりには出るので、いつもよりちょっと遅めの発表となっています。

今年は2005年以来の指環休演により、例によって新演出一本に旧来の四本を加えた五本の演目―「タンホイザー」(新演出/ヘンゲルブロック/バウムガルテン)、「マイスタージンガー」(ヴァイグレ/カタリーナ・ワーグナー)、「ローエングリン」(ネルソンス/ノイエンフェルス)、「パルジファル」(ガッティ/ヘルハイム)、「トリスタン」(P・シュナイダー/マルターラー)―が上演されます。

注目はなんといっても新演出の「タンホイザー」でしょう。
指揮のトーマス・ヘンゲルブロックは1958年生まれで今年53歳、師がアーノンクールであることや手兵バルタザール・ノイマン・アンサンブルの創設、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、フライブルクやアムステルダムのバロックオーケストラとも関係が深いことから、バイロイトでは史上初の古楽畑の指揮者の招聘となったと言っていいでしょう。また、ずいぶん前、90年代くらいから日本のFMでも手兵はもとよりザールブリュッケン放送響などへの客演が放送され、マウリツィオ・カーゲルやルトスワフスキにも影響を受けるなどその活動は古楽系だけに留まらず、来シーズンからはドホナーニの跡を受けて北ドイツ放送響のシェフに就任することが決まっており、いま最も旬の指揮者のひとりとも言えます。
オペラに関しては、わたしもほとんど彼のその領域における活動を知りませんので、今夏の「タンホイザー」もまったく未知数です。直近だと昨夏手兵との大ハ長調や「ウィリアム・テル」の序曲、ラーモアといくつかベルカント・オペラのアリアなどをヴュルツブルクのモーツァルトフェストで振っていて、これが実に活き活きした素晴らしい演奏だったですが、ワーグナーはどうでしょう。予想もつきません。とりあえずは今週末にバイエルン放送響への客演(バッハのカンタータと、アーノンクールも昔振っていた「最初のワルプルギスの夜」)がBayern4で放送されますので、興味のある方は聴いてみられてはいかがでしょう。

さて、肝心の配役。バイロイト音楽祭の海外フォーラムで言われていた通り、タンホイザーにはスウェーデンのラース・クレーヴェマン、ヴォルフラムにハンガリーのミヒャエル・ナジ、エリーザベトにカミッラ・ニールンド、ヴェーヌスにステファニー・フリーデ、領主へルマンにはギュンター・グロイスベックが起用されます。この主要五人については、全員バイロイトには初登場となります。
クレーヴェマンはデ・グリューやシェニエなどのほか、ワーグナーではアムステルダムでジークムント(演奏会形式)を、コヴェント・ガーデンでは一昨年にヘップナーの代役でトリスタンを歌っているようです。ストックホルムの指環プロダクションではジークフリートを務めていました(断片ながらジークフリートはこちら)。ストックホルム王立歌劇場の誇る第一テノールなんでしょうけど、年齢がヘンゲルブロックと同じ53歳なのが気がかり。
ミヒャエル・ナジは昨年末のリリング/N響の第九でバリトンを担当したので、聴かれた方も多いかと思います。去年秋くらいから、よくネトラジでも名前を見かけるひと。既に昨年オスロでヴォルフラムを歌っているようです。バイロイト初登場で所属はベルリン・コーミッシェオパーなので、早くもキリル・ペトレンコ(コーミッシェオパーのGMD)が振る2013指環への布石のような人選とも言えます。
ニールンドのエリーザベトはハマり役そうなので楽しみ。この中では最も知名度の高いひとでしょう。確かワーグナーだとパリでフライア、ヴェーゼンドンク歌曲集をベルリンでヤノフスキの指揮で歌っていたくらい(ジークリンデも予定があったんですがキャンセル)。ほかに一時第九のソリストでよく名前を見かけたり、元帥夫人や「イドメネオ」のエレットーラ(ザルツ)、最近だとRBBで放送されたベルティーニ/ベルリン・ドイツのコンサートでの、マーラー4番の名唱が思い出されます(ヴァイトブリックからCDも出ています)。上の写真はサンディエゴ・オペラでのエリーザベトです。
ヴェーヌスのフリーデはあんまりよく知りません。ネトラジでも、見落としているだけかもしれませんが、まだ彼女の放送はないかと思います。METにもまだ出ていませんし。いちおう彼女のHP(こちら)はありますが、アメリカの歌手で、既にブリュンヒルデやイゾルデなどもレパートリーに入っていて、そこそこの経験は積んでいるようです。
領主ヘルマン役のギュンター・グロイスベックは5年前のエッシェンバッハのパリでの指環でファーフナー。METにも昨秋コッリーネでデビュー済。去年ハインリヒ王を歌ったゲオルク・ツェッペンフェルトに比べると硬質な若干黒めのバスです。尤もまだ若いせいかそこまで黒くはありませんけれども。ツェッペンフェルトがフランツ・クラッスなら彼は若い頃のゾーティンに近いかと。今世紀に入ってクワンチュル・ユン、ハンス=ペーター・ケーニヒ、ツェッペンフェルト、アイン・アンガーなどなどバス歌手はけっこう豊作なのですが、このひともいよいよ呼ばれたかという感じ。あとバイロイトに出てない実力者はフランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ(グルネマンツで出ないかのぅ…)とステファン・ミリングくらいでしょうか。
端役ではヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデを歌うローター・オディニウスがちょっと気になります。お師匠さんがヴァイクルなんですね、このひと。それとビーテロルフが残念なことにランデス。まだ出るのかよ・・・。

「タンホイザー」が長くなったのでほかのプロダクションは短めに。
「マイスタージンガー」はポーグナー役でアルトゥール・コルンに替わってツェッペンフェルトが歌います。これは楽しみ。また、去年からいわれていたことですが、フォークトがローエングリンに移るため、ヴァルター役は初登場のブルクハルト・フリッツとなります。ティーレマンの昨秋の「千人」に出てたり、マリス・ヤンソンスやツァグロゼクの振る「グレの歌」でのヴァルデマールや、シカゴの「第九」など、どちらかというとコンサート歌手の印象が強いひとです。オペラだと2007年のザルツでの「ベンヴェヌート・チェッリーニ」(ゲルギエフ指揮)くらいでしょうか。経歴を読みますとパルジファルやマックス、フロレスタンなども持ち役で、ヴァルターも2年前にバレンボイムの指揮で歌っているようです。フリッツのHPはこちら。ほかは大きな変動はないようです。

「ローエングリン」。カウフマンが出ないので前述したように無表情なフォークトが予定通りローエングリンです。また、去年凄みのある素晴らしいオルトルートだったエヴェリン・ヘルリツィウスが、ティーレマンと一緒にザルツで「影のない女」に出るため、誰かな~と思っていたら、あの大植トリスタンでのブランゲーネ以来のペトラ・ラングが復帰して歌う模様。ケテルゼンもあれでは交代と思っていたところが初登場のトーマス・トマッソンになりました。このひとは特に所属はないようですが、ベルリン・コーミッシェオパーでザックス、先日もモネ劇場の「パルジファル」でクリングゾルなど歌っていたヴェテランです。なのでハインリヒ王のツェッペンフェルト、エルザのダッシュ、お触れ役のサミュエル・ユン以外は交代となります。こういう出入りの激しさは、昔のバイロイトっぽくて、ちょっとウキウキですな。また、年イチになってきたビデオ中継は、今年はこの「ローエングリン」です。またNHKで中継やってくれるとうれしいですね。

ガッティの硬化した指揮に似て「パルジファル」は配役もほぼ去年と不動。ただ重大なパルジファル役だけ、ヴェントリスが降りて昨年ツィクルス最後のローエングリンを歌ったサイモン・オニールが登場します。
一年間を置いて、今年で最後になるであろうマルターラーの「トリスタン」は、意外なことに一年置いてるのにもかかわらず、完全に2008年から固定キャスト替わらず。ディーン・スミスのトリスタンに、テオリンのイゾルデ、ホルのマルケ、ラシライネンのクルヴェナール。あらら。

こうなりますと、やっぱり今年の注目は予想通り、新演出の「タンホイザー」、より音楽面で(演出ははっきり言ってどうでもいいです―笑)深化が期待されるであろうネルソンスの振る「ローエングリン」となるかと思います。
この先、来年2012年は、「トリスタン」に振り替わりティーレマンが戻ってきての新演出「オランダ人」、2013年はあのヴィム・ヴェンダースが演出を担当する「かもしれない」キリル・ペトレンコ指揮の「指環」が待っております。
本年のバイロイト音楽祭、昨年と同じく7月25日に「タンホイザー」で開幕します。さてさてどうなりますか。


cleveman.jpg
ラース・クレーヴェマン

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2011-02-23 : バイロイト音楽祭 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ネットラジオ回顧2010

全体的には意欲の低下と興味あるカテゴリーの減少によって、個人的には低調に推移した年という感が強い2010年のネットラジオ。ここで昨年を総括してみたいと思います。4年ぶりの企画。

興味あるカテゴリーの減少、といいますのも各局の過去のアーカイヴ放送が休止したり、音質の低下によって聴くべきものが減ってしまったという面が強いですね。バルトークラジオは確か年明けごろから256kbpsの放送を止め、音質が著しく低下、ポーランド・ラジオPolskie2も。どうしても聴きたいコンテンツでなければ録音しないようになりました。また、オランダRadio4は番組表自体が非常に見難くなり、過去週一で流していた自国の音楽家のアーカイヴ放送の枠をなくしてしまい、魅力が半減。スウェーデンのSRP2も秋にストリームを一変させ192kbpsのmp3とaacによる放送を始めましたが、ストリームが弱くてすぐ途切れ、一段下の96kbpsではポツポツノイズが発生し、旧来の96kbpsとは思えない高音質放送が終わってしまったのは痛い。スイスのEspace2も不定期ながら流していたアーカイヴ放送を一切なくし番組表のHPも見辛くなった上に当日近くにならないと番組予定が分からなくなるなど、これまでがよすぎたのか、いろいろと状況は悪くなるばかりでした。
ただベルリン・ブランデンブルク放送(旧自由ベルリン放送)のストリームがついにまともに聴けるラインの128kbpsで放送を始め、ベルリン・フィルやベルリン・ドイツ響、コンツェルトハウス管などの過去の演奏が聴けるようになったことは、ネガティヴなことばかりだった昨年度のほとんど唯一といっていい明るい点。

コンテンツ的に注目されたのは、マーラー生誕150年、ショパンとシューマンの生誕200年ということで、特にこの三人の放送は非常に多かったです。マーラーなどは今年も没後100年になるので、昨年と今年の2シーズンかけての催しも多く、シーズン中は毎週のようにどこかの放送局で演奏されていたように思います。以下、印象に残った演奏会をコンテンツ別に1月から順に書いております。完全に個人的な覚え書きですのでご容赦を。。0514などの数字は放送された月日です。



アーカイヴ放送
サヴァリッシュ/スイス・ロマンド管の「ドイツ・レクイエム」ほか1991年ライヴ(0107、Espace2)は速めのテンポながら静と動のコントラストが強烈でバスのローテリングも名唱。サヴァリッシュはBayern4でも秋にオットーボイレン・ライヴのヴェルディのレクイエム2001年ライヴ(1102)が流れました。
ミトロプーロス/MET、スティーバー、ゲッダ、エライアス、レズニク、トッツィほかの1958年「ヴァネッサ」(0124、SRP2ほか)
ブロムシュテット/NDRのブルックナー7番ほか1997年ライヴ(0126、NDR)
ザンデルリンク/スイス・ロマンドのブラームス4番ほか1998年ライヴ(0204、Espace2)
レッパード/ザールブリュッケン放送響のシベリウス1番(!)ほか1990年ライヴ(0204、SR2)
コンドラシン/スウェーデン放送響のチャイコフスキーの組曲第3番1976年ライヴ(0205、SRP2)は涙なしには聴けない名演。これがアーカイヴ放送での昨年のベスト。
ネルソンス/NDRのショスタコ8番2007年ライヴ(0210、NDR)
マゼール80歳記念ということで、彼の昔の音源が多く流されたことも。バイエルンとのマドリード公演ブラームス・プロや日本公演の幻想交響曲など(02、NRKなど)。
知る人ぞ知るリヴィア・ブダイの伯爵夫人が印象的なシモノフ/ハンガリー国立歌劇場の「スペードの女王」2003年ライヴ(0217、BartokRadio)。シモノフはもうひとつ、スイス・ロマンドとの「レニングラード」2004年ライヴも(0325、Espace2)。さらに秋にはハンガリー国立管とのラフマニノフ3番ほか(1004、BartokRadio)。
岩城宏之/オランダ放送フィル、アルゲリチの独奏でショパンの協奏曲第1番と「アレクサンドル・ネフスキー」1968年ライヴ(0309、Radio4)
確かNHKでも放送されたグルダ弾き振り/NDRの自作「コンチェルト・フォー・マイセルフ」とモーツァルトの協奏曲(0309、NDR)
予想通りスケルツォが強烈だったスクロヴァチェフスキ/オランダ放送フィルのシューマン2番1997年ライヴと続いて放送された陰の実力者エド・スパンヤールド/オランダ放送響のアメリカ・プロ(アイヴズ、バーバー、コープランド3番)2000年ライヴ(0406、Radio4)も見事でした。
ジェームズ・ロッホラン/オランダ放送フィルでシューマン1番、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番をベレゾフスキーと。1999年ライヴ(0413、Radio4)
エッシェンバッハ/NDRのマーラー3番2004年ライヴ(0518、NDR)も、最新のパリ管と聴き比べてみたい演奏。
これも昔NHK-FMで放送した首席時代のコリン・デイヴィス/バイエルン放送響のレーガー、ブラームスのヴァイオリン協奏曲(独奏クーレン)1991年ライヴ(0520、Bayern4)
忘れた頃にすごい音源を出してくるBBCのEuroclassicNotturno。ファブリティース指揮によるテアトロ・コロンの「トロヴァトーレ」、L・プライス、ベルゴンツィ、コッソット、カップッチッリ、ヴィンコによる1968年ライヴ(0523、各局)。これは海賊CDが出ていて、音質改善に期待しましたが・・・。「トロヴァトーレ」といえばもうひとつ、ファウスト・クレヴァ/MET、ステッラ、ベルゴンツィ、シミオナート、バスティアニーニ、ウィルダーマンによる1960年ライヴ(1111、NRK)もありました。
痛かったのは名匠イェルジー・セムコフで、数回アーカイヴ放送を含めPolskie2などで流れたのですがすべて失敗。持ってる方いらしたらご連絡ください(笑)。
ヒュー・ウルフ/ヘッセン放送響のブダペスト来演、ドヴォルザーク6番2001年ライヴ(09、BartokRadio)
ドイチュラントラジオは、この秋からオペラの枠でたまにながらアーカイヴからの紹介も始め、クーン/ベルリン放送響、ローベルト・シュンクほかでコルネリウス「ル・シッド」1993年録音(0913)や、バレンボイム/ベルリン州立歌劇場、フォーゲル、シェヒター、カザラスなどでブゾーニ「嫁選び」1992年録音などやりました。ただこれ放送用録音っぽく、ライヴなのかどうか微妙。
またベルリン・ブランデンブルク放送RBBがこのころ高音質化。レヴァイン/BPOのベルリオーズ「レクイエム」、ドホナーニ/BPOのモーツァルト25番、ドヴォルザークのピアノ協奏曲(オピッツ独奏)、ヴァレーズ「アメリカ」は懐かしい音源(0919)。この枠ではほかにヨッフム/BPOでブルックナー8番1978年ライヴ(1017)、泣けた故デヴィッド・シャローン/ベルリン州立歌劇場管の「レニングラード」(1122)もよかった。年明けにもツァグロゼクやインバルのアーカイヴ・ライヴやるみたいなので要注目でしょう。
音質は落ちてもこれは外せなかったチャールズ・グローヴズ/ブダペスト・フィルのヴォーン=ウィリアムズとブラームス1番1984年ライヴ(1027、BartokRadio)。
ハンガリーのゾルターン・ペシュコーは年末になって急に二本。BartokRadioではベートーヴェン全曲演奏の8番9番に登場(詳しくは「そのほか」の項をご覧ください)した上NDRとの「眠りの森の美女」、D・シュネーベルの現代曲、お国もの「中国の不思議な役人」1992年ライヴ(1226、NDR)もすごい。「役人」はまさにハンガリーの先輩、ドラティ譲りの強烈な演奏。師匠がブーレーズなんですね、この人。
最後を締めくくったのはゲオルク・ショルティ/バイエルン放送響のR・シュトラウス「ツァラ」と「ドン・ファン」1996年ライヴ。プリンツレゲンテン劇場の再開記念公演。「ティル」をやらなかったのは残念。日本のFMでは「ドン・ファン」の代わりに「七つのヴェールの踊り」を振ったBPOとのプログラムを放送しました。最後にショルティがドイツ語で挨拶してたのがちょっと感動。



マーラー・イヤー
ストルゴーズ/デンマーク国立放送響の7番(02、DRP2)
ストックホルムの交響曲全曲ツィクルス(03-04、SRP2、過去記事こちら参照)は、どれも出色の演奏で素晴らしかった。特にオラモの「巨人」、ダウスゴー/デンマーク国立放送響の6番、セーゲルスタム/マルメ響の9番が大変な名演だった。異色なのはブリバエフ/ノールショピング響の7番で、指揮者の表現力がオケの実力を上回るすさまじい演奏。はよメジャーオケ振ってくれ。
練達のオペラ指揮者ゴメス=マルティネスとデンマーク王立歌劇場管のマーラー4番(0320、DRP2)もストックホルムに負けない歌心の感じられる素晴らしい演奏。
ネゼ=セガン/メトロポリタン管&オタワ・ナショナル・アーツ・センター管のマーラー8番(0624、ラジオ・カナダ)
ラインガウ音楽祭でのパーヴォ・ヤルヴィ/ヘッセン放送響の「復活」(0705、Bayern4)
間違いなくドゥダメルのコネでしょうけど、ラトルがイェーテボリ響に来た3番にはびっくり(0708、SRP2)。SRP2が不安定になる直前でほんとよかった。
ノット/バンベルク響の8番(0726、Bayern4)
ギーレン/NDRのブダペスト客演、モーツァルトのクラリネット協奏曲(独奏ヴィトマン)、マーラー4番(独唱エルツェ)(0910、BartokRadio)
マゼール/エッセン・フィルほかの大規模な8番(0913、WDR)はツイッター上でマエストロ本人やあさがらさんにご教示いただきありがたく録音。
ギーレン/NDRの9番(0926、NDR)は4年前にシュターツカペレ・ヴァイマールで演奏した際よりオケが上手く、大変な名演奏。意外と最近のギーレンはフォルムがいい意味で緩くなっていて、過去の鋭い演奏スタイルから若干の変容が認められるので、何をやっても目が離せません。
ブラジル人ジョン・ネシュリング/リエージュ・フィルの「復活」も独唱がフランス人とベルギー人、合唱がデュッセルドルフ合唱協会という変な組み合わせで異色(1023、Musiq3)。
コンセルトヘボウのマーラーツィクルスに6番でマゼールが登場(1024、Radio4)。これはものすごい遅い演奏で全曲95分くらいかけてました。でも、緊張感が緩まない巨大な演奏。年末のベートーヴェン・マラソンといい、歳を感じさせませんね。
ついに振ったという感じのティーレマン/ミュンヘン・フィルの8番(1030、Bayern4)は意外と素晴らしかった。もう振らなそうですけど果たしてCDになりますでしょうか。
ノセダ/ヘッセン放送響の「巨人」(1126、hr)



シューマン・イヤー
ダウスゴー/デンマーク国立放送響の「ファウストの情景」(0129、DRP2)
ボーデンセ音楽祭ではシュテファン・ヴラダー/バンベルク州立フィルほかで交響曲全曲ツィクルス(05、SWR)。特に交響曲第4番の回で「マ・メール・ロワ」、ルトスワフスキの秘曲「花の歌と歌物語」、グラズノフの「ショピニアーナ」と続いて4番をメインに持ってきたプログラミングの趣味のよさは昨年随一。
シューマンの命日まで一ヶ月を切ると、途端にシューマン関連が一気に多くなり、印象的なものだけでもバレンボイム/ベルリン州立歌劇場管(1番と4番)、エッシェンバッハ/デュッセルドルフ(メッシーナの花嫁、ピアノ協奏曲、2番など、こちらの過去記事参照)とNDR(ピアノ協奏曲、3番など)、スナイダー/ベルゲン・フィル(全曲ツィクルス)、ギーレン/南西ドイツ(2番)、準・メルクル/中部ドイツ放送響(ガラコンサート)など目白押し。バレンボイムのアシスタントでピアニストでもあるサリーム・アブド・アシュカールが大活躍で、デュッセルドルフとベルゲンに出てベルゲンではヴァイオリン協奏曲を弾くスナイダーの代わりに指揮を務めるなど頑張ってました。
また、いろんなところでダウスゴーが「ツヴィッカウ交響曲」を振っていたのも記憶に残ります。
ラトル/バイエルン放送響の「楽園とペリ」(0918、Bayern4)
エッシェンバッハ/デュッセルドルフの2番の演奏にも引けを取らなかったのがノリントン/フィンランド放送響の2番(0923、YLE)。先のギーレンと並んで2番の大演奏が今年は3種類も聴けました。
交響曲全曲演奏では秋にアルヴォ・ヴォルメルとアデレード響も(10、ABC)遅いテンポでじっくりと歌い通し、忘れ難い演奏です。



ヘルベルト・ブロムシュテット
ベルリン・ドイツとのブルックナー2番(0109、ドイチュラントラジオ)
バンベルクとのメンデルスゾーン「聖パウロ」(0330、Bayern4)
バイエルン放送響との「亡き子をしのぶ歌」(ゲルネ独唱)と大ハ長調(0521、Bayern4ほかとプラハの春客演0523、Bayern4)は、よりこなれたプラハ・ライヴの方が素晴らしい出来。
ゲヴァントハウスとのブルックナー5番(0622、NRK)とオベロン序曲、モーツァルト「軍隊」(独奏シュタインバッハー)とブラームス1番(1002、FranceMusiqueほか)。「未完成」とブルックナー3番も(1030、MDR)。
タングルウッド音楽祭ではP・ゼルキン病欠でジル・ヴォンサッテルの代役、ボストン響とのブラームス1番協奏曲と交響曲第2番
西部ドイツ放送響とはベートーヴェン8番とブルックナー3番(1127、WDR)。ベートーヴェンは1番と2番をどこかでやってくださいませんか、ブロム先生。
シュトゥットガルト放送響とはショスタコのチェロコン1番(モルク)とブルックナー3番(1211、SWR)
〆はバンベルク響との「気高き幻想」とついに来た!ブルックナー1番(1221、Bayern4)。大指揮者が振ると途端にいい曲になるのがブルックナーの1番。ギーレン、インバル、ブロムと昨年は聴けてほんとうに幸せ。
年明けにいきなりNDRを振ってツィンマーマンとのモーツァルトの3番、ブルックナーの3番と、バイエルン放送響とのモーツァルトの39番とドヴォルザーク7番の予定があるので、楽しみです(NDRはまだ放送未定ですが、いずれあります)。



マレク・ヤノフスキ
スイス・ロマンドとの「オルガン付」(0225、Espace2)、ブラームス4番(0401、Espace2)、シューマンのコンチェルトシュティックと1番の間にクララ・シューマンのピアノ協奏曲(0617、Espace2)を挟む粋なプロも印象的。ツィンマーマンとのマルティヌーのヴァイオリン協奏曲第2番、「新世界から」(1202、Espace2)。マーラー2番(1216、Espace2)も。それと、9月の2010-11シーズン開幕公演(ルプーとの「皇帝」とショスタコ15番)が放送されないと思ったら、やっぱり放送を拒むルプーのせいだったんでしょうね。12月になってやっと上の「新世界から」のときの前プロの別プロ、タメスティットとのウォルトンのヴィオラ協奏曲とショスタコ15番(1223、Espace2)という組み合わせでシーズン開幕公演放送はタコ15だけ。ルプーはナシ。芸術的な理由ならしょうがないけど前代未聞の決断ですな。

春にはもうひとつの手兵ベルリン放送響とベートーヴェン・ツィクルス(0524、0604、ドイチュラントラジオ)。ただこれ全曲は放送したかしら・・・。1-3、6-8番と荘厳ミサはありました。曲と曲の間に弦楽四重奏曲を挟むという面白い試み。ほかにアックスとのブラームス2番協奏曲、セレナード第2番、悲劇的序曲(0714、ドイチュラントラジオ)、オール・シューベルトで「ロザムンデ」抜粋、ブラームス編曲の歌曲集、交響曲第4番(独唱P・ラングとヘンシェル、1025、RBB)、「画家マティス」と「グラゴル・ミサ」(1213、RBB)、「未完成」とブルックナーのミサ曲第3番(1218、ドイチュラントラジオほか)、「オルガン付」、モーツァルトのピアノ協奏曲第21番(独奏フォークト)(1224、ドイチュラントラジオ)で〆。
ハイライトは今シーズンから始まりワーグナー生誕200周年に完結予定のワーグナー・ツィクルスの最初を飾ったベルリン放送響との「さまよえるオランダ人」(独唱ドーメン、メルベート、サルミネン、D・スミス)(1114、ドイチュラントラジオ)でしょうね。やっぱり。今春の「マイスタージンガー」「パルジファル」にも大いに期待(過去記事こちら参照)。



ワーグナー
バイロイトの「ローエングリン」伝令役で一躍気のおけない歌手になったサミュエル・ユン。ほかにランニクルズ/ベルリン・ドイツ・オペラとの「パルジファル」第2幕演奏会形式でクリングゾルを(0313、ドイチュラントラジオ)、翌日のフィリップ・ジョルダン/パリ国立歌劇場の「ラインの黄金」ではドンナーでした(0314、FranceMusique)。連日生中継という過密スケジュールぶりはやっぱ人気なんですね。そういえば、一昨年のインバルのラインガウ音楽祭の演奏会で「ヴォータンの告別と魔の炎の音楽」ですでにヴォータンを歌ってました。
あまりの会場の咳の多さに驚いたフィオーレ/ジュネーヴ大劇場、ドーメン、ロート、フォークト、リオバ・ブラウンの「パルジファル」(0328、Espace2)。ティトゥレル役に懐かしのヴィクター・フォン・ハーレムが予定されていたのが降板してしまい、代役がこれまた懐かしのハンス・チャンマーというのが泣ける(バイロイトでのファーゾルトや数年前アッバードの「パルジファル」でグルネマンツ)。
バイロイトを前にして注目だったのがヨナス・カウフマン。METの「トスカ」などでも好調そうで、バイロイト・ローエングリン前哨戦ともいうべきギュトラー/ミュンヘン放送管とのオペラ・リサイタル(0526、Bayern4)でも硬派かつ泣きの効いたローエングリン(名乗りの歌)で、本番も大いに期待できました。ほかフロレスタン、マックス、パルジファルも披露していましたが、最も合うかな、と思ったのがジークムント。今年のMETにもこの役で出ますし、2013年からのバイロイト指環のジークムントは決まりなんじゃないでしょうか(願望)。

昨シーズンのフィリップ・ジョルダン/パリ国立歌劇場は「ワルキューレ」(0627、FranceMusique)まで。今年残りの二作をやる予定ですが、「ワルキューレ」以降のシュトルックマンの降板は残念。ヴォータン降板といえばバレンボイム/スカラ座の「ラインの黄金」(0627、Rai)で初役ながらそこそこのヴォータンを聴かせてくれたルネ・パーぺもです(12月7日のバレンボイム/スカラ座のシーズン開幕公演「ワルキューレ」を降板し代役コワリョフ)。ところでこのスカラ座の「ラインの黄金」、演出は暗黒舞踏みたいのが随所に出てきてグダグダなのは目をつぶるとして、歌手陣がバイロイトに迫る水準。ちょっと硬いけどパーペも健闘していましたし、アルベリヒのヨハネス・マルティン・クランツルは迫力の点でアンドルー・ショアに譲りますがまあまあ。巨人はクワンチュル・ユンのファーゾルトは同じ(スカラ座のほうがよかった)でもファーフナーのティモ・リーホネンはバイロイトのランデスより遥かに上。また、藤村さん以外の女声陣が微妙なバイロイトに比べ、ショルティ=ホールの83年のバイロイト指環以来なんと27年ぶりに聴くフリッカのゾッフェル、エールダで待望のアンナ・ラーション(!)を起用されてはスカラ座の方が魅力的と言わざるを得ません。ゾッフェルのヴィブラートは多少気にはなりましたが、実際二人ともバイロイトよりよかった。ただし、これら女声陣はカーテンコールでブーが出たり、評判は芳しくなかったようです(「ワルキューレ」ではゾッフェルも降板しています)。それとローゲのシュテファン・リュガメルがもう絶品でした。ベズイエンもいいけど、リュガメルのが策略家風情を前面に押し出している感じ。youtubeにこれも全曲上がってますのでどうぞ(こちら)。
バイロイト音楽祭についてはこちらこちらのエントリーをご覧ください。最終年を飾ったティーレマンの「指環」とネルソンスの「ローエングリン」はやはり素晴らしかった。
音楽監督就任以来ここでワーグナーを振りまくっているヴェルザー=メスト/ウィーン国立歌劇場、ボータ、アンガー、ゲルハーエル、カンペ、シュスターほかの「タンホイザー」はここ最近なかなかない「タンホイザー」の名演奏。第2幕のヴァルターの歌カットは非常に残念でしたが、水準以上の出来。特筆すべきはゲルハーエルのヴォルフラムが師匠譲りで端正なこと!



MET
印象的なのはドミンゴが外題役に回った「シモン・ボッカネグラ」(ピエチョンカ、ジョルダーノ、モリス、レヴァイン指揮)(0127)、メオーニのエツィオが弱かったがそれでも満足なムーティの「アッティラ」(ほかアブドラザコフ、ウルマーナ、バルガス)(0307)、ケーニヒのザラストロが見事だったアダム・フィッシャーの「魔笛」(0411)、終わり近くになって新首席客演指揮者ルイージの「トスカ」(ラチェット、カウフマン、ターフェル)と「ルル」(0425と0509)。尤もルイージの「トスカ」は7月のミュンヘン・オペラ・フェスティヴァルでのバイエルン国立歌劇場とのもの(マッティラ、カウフマン、ウーシタロ)のがよかったかも(07)。
2010-11シーズンはアーカイヴ放送の「売られた花嫁」(ストラータス、ゲッダ、ヴィッカーズ、タルヴェラ、コスほか)(1226)が英訳上演ながら、非常に活気があって素晴らしかった。



そのほか
ペトリ・サカリ/アイスランド響のシベリウス交響曲全曲ツィクルス(01、NRK)(こちらの過去記事参照
御大健在を見せ付けたデ・ブルゴス/オスロ・フィルの「未完成」「カルミナ・ブラーナ」(0122、NRK)。合唱は時たまあれれ?なものの、第一部「見よ、今は楽しい」の最後の大見得とか第三部「今こそ愉悦の季節」の加速と間は変わらぬブルゴス節。御大は秋のデンマーク客演「はかなき人生」、「田園」、「ローマの噴水」と「松」やボストンとの「アトランティーダ」抜粋とブラームス2番(1008、DRP2とと1107、WGBH)もよろしゅうございました。
メータ/バイエルン放送響の家庭交響曲(0123、Bayern4)はサヴァリッシュ以来のこの曲の名演でした。実に熱かった。メータ見直した!!
ホーフシュテッター/ルートヴィヒスブルク城音楽祭管、リッパート、ケルメス、ネフ、トゥルクによる「トロヴァトーレ」(0125、SWR)もいろいろと突っ込みどころの多い怪演。本来リリックのリッパートのマンリーコが聴けるのも演奏会形式ならでは。
ゾルマン/プラハ放送響のショスタコ5番ほか(0126、Musiq3ほか)
コープマン/BPOによるバッハ・プロ(0130、ドイチュラントラジオほか)
デュトワ/バイエルン放送響の「キリストの幼時」(0130、Bayern4)はさすがに充実した響き。
ルガンスキーのコンセルトヘボウ・ライヴ(ベルガマスク組曲、プロコフィエフのソナタ4番など)(0208、Radio4)
ハンス・グラーフ/ベルリン・ドイツ響の大ハ長調(0210、ドイチュラントラジオ)。最近アメリカも含めてこの中堅指揮者の出番が多くなってますね。懐かしい名前なので聴いてしまいます。演奏は若い頃FMで聴いたような微温的な演奏に留まっていますが。このイメージはシュトゥットガルトとの「悲愴」(0529、SWR)でも同じ。
カンブルラン/南西ドイツの「幻想交響曲」、カーターなど(0220、SWR)
小澤代役として登壇したコルネリウス・マイスター/バイエルン放送響のモーツァルト29番、「展覧会の絵」(0220、Bayern4)も期待の若手とするに十分。パリ国立歌劇場への客演も前ありましたし、年末にはデンマーク国立歌劇場で「トリスタン」を振っています。
インキネン/ニュージーランド響のシベリウス交響曲全曲演奏会(02、ABC)
フルーシャ/シュトゥットガルト放送響のフランクの交響曲、珍しいメノッティのヴァイオリン協奏曲(独奏ハーン)(0227、SWR)

シューマンとブラームスを絡ませたニコラ・アンゲリッシュのシャンゼリゼ・リサイタル(0305、FranceMusique)
マリス・ヤンソンス/バイエルン放送響のショスタコ10番と「さすらう若人の歌」(スコウフス独唱)(0305、Bayern4)
シルマー/ミュンヘン放送管による静謐な現代曲プロ(武満、ウストヴォリスカヤ、なんとホヴァネスの6番)(0306、Bayern4)
フェドセーエフ/ベルギー国立管のグバイドゥリーナ、シューマンのピアノ協奏曲(独奏ヴィニツカヤ)、プロコフィエフの5番(0306、Musiq3)はオケが微妙でやや大味な気もしたけれど、フェドセーエフを聴けただけでも感謝。フェド様は夏場もブレゲンツ音楽祭でウィーン響とワインベルクの交響曲第6番とレクイエムを指揮(0821、ORFほか)。
懐かしのアンドレ・ワッツのシューベルト、ショパン、18番のリストのフリードリヒスハーフェン・ライヴ(0309、SWR)
パパ・ヤルヴィもスイス・ロマンドとのショスタコ10番ほか、フランス国立管とのプロコフィエフ5番ほか(0311、Espace2と0702、FranceMusique)で存在感を示す。ほかドレスデン州立歌劇場管のコペンハーゲン公演、ブラームスのヴァイオリン協奏曲(ツィンマーマン)、ツァラトゥストラ(0204、DRP2)にも帯同し、春にはドホナーニ代演BPOでも大活躍。秋にはエストニア国立響と「ドイツ・レクイエム」(1023、KlassikaRaadio)も非常に美しい演奏でした。今年早々にRBBでBPOへの12月の最新ライヴ(タネーエフ4番、ヴォロドスとのチャイコフスキー)も流れる予定です。
ドミトリー・リス/フランス国立管で「キキモラ」、「イタリア奇想曲」にスクリャービンとプロコフィエフの協奏曲を挟み込むロシア・プロも意欲的(0312、FranceMusique)。
コリン・デイヴィスの古巣復帰、バイエルン放送響とのエニグマ、ハイドン87番(0313、Bayern4)
実力者ジェラール・コルステン/ゲヴァントハウスのメンデルスゾーン1番、「驚愕」、エルガーのチェロコン(独奏ヘッカー)(0313、MDR)
なんとハンス・ツェンダーが南西ドイツ放送響を振ったブルックナー5番(0313、SWR)なんてのも。現役だったんかいな(笑)。終楽章の超快速テンポと音響設計の鋭敏さがすごすぎです。
ユリア・フィッシャーのバッハの無伴奏全曲ハンブルク・ライヴ(0316、ドイチュラントラジオ)
大野/リヨンの「マノン・レスコー」(0321、FranceMusique)
ティーレマン/BPOのシェーンベルク「ペレアスとメリザンド」(0323、SWRほか)はやはりねっとり濃厚な味付けで大変な名演。

コープマン/西部ドイツ放送響のメンデルスゾーンプロ(ヴァイオリン協奏曲/ツェートマイア、真夏の夜の夢)(0327、WDR)はコープマンのオーケストラ・コントロールが上手すぎ。
鈴木雅明&フォン・デア・ゴルツ/フライブルク・バロック管で前者バッハのカンタータ、後者ルベルの「四大元素」(0328、SWR)も素晴らしいプログラム。
ニューヨーク・フィルとの4番やベルリン・ドイツとの「ハムレット」組曲で勝手にショスタコーヴィチのスペシャリストと思っているアンドレイ・ボレイコ/フランス放送フィルで9番と、珍しいドゥケーリスキーの秘曲「ゼフィルスとフローラ」(0410、FranceMusique)とシュトゥットガルトでは15番と、そこに引用される原曲を前プロに集めた(「ギョーム・テル」序曲、「黄昏」の葬送行進曲、「トリスタン」の前奏曲と愛の死など)知的なプロもありました(0626、SWR)。
このところ自作含む現代曲の指揮が多いブーレーズ/パリ国立歌劇場管(!)による「ミのための詩」「クロノクロミー」「我は死者の復活を待ち望む」によるオール・メシアン・プロ(0413、FranceMusique)。まあ前からいくつか振ってますけど、もうオペラ座を破壊するつもりは毛頭ないんやね。
曲の持つ根源的な熱気や猥雑さを抑え、異様なほどシャープな音響と冷静さが全体を支配したハーディング/バイエルン放送響の「カルミナ・ブラーナ」(0417、Bayern4)は上のブルゴス翁の演奏とはまったく対照的とすらいえました。ハーディング自体は評価分かれるとこでしょうけど、ゲルハーエルが大変素晴らしい。

昨年一昨年とパリで「マクベス」「ドン・カルロ」を振っていて先日いきなりタコ14でレコード・アカデミー賞(笑)を獲っていたテオドール・クルレンツィス/南西ドイツ放送響のプロコフィエフ5番(0417、SWR)は20年前に同曲でゲルギエフを発見して以来の大演奏。クルレンツィスは秋にもNDRで「悲愴」など振っていました。若手の中で最も巨匠然とした指揮をするタイプか。これからの活動にも期待です。
ほかに若手では、共にデンマーク国立放送響へ4月と5月に客演したパブロ・ヘラス=カサド(惑星ほか、0409DRP2)、ロビン・ティッチアティ(幻想交響曲ほか、0507DRP2)も逸材か。両者とも丁寧で誠実な音楽作りに大変好感を持ちました。V・ユロフスキ/バイエルン放送響の「マンフレッド交響曲」も好演でしたがまだパパをはじめ並み居るロシアの大指揮者たちには及ばぬ出来。バイロイト初登場予定のネルソンス/ウィーン国立歌劇場、ストヤノヴァ、ジョルダーノ、ネトレプコ、ダルカンジェロと豪華キャストの「カルメン」(0516、ORFほか)は、オケ面では意外と練られておらず、少し心配になったり。ただ翌週のネルソンスは西部ドイツ放送響とのマーラー5番において、見通しがよいのに音楽自体は粘る(これはバイロイトの「ローエングリン」もそう)、方向性としては往年のベルティーニに近い力演を披露し(0523、WDR)、これは大変素晴らしかったです。バイロイトでも聴かせたスパッと切るようなフレージングは彼独特。荒れ狂う第2楽章は圧倒的な名演。ただ第3楽章は部分的には面白いのですがまだまとまり切っていない感じで、これからの課題か。それにしても演奏中の唸りとか「ふがっ、ふがっ」という息遣いもインバル級のすごさ(笑)。なによりオケが、まだまだマーラーだとベルティーニ―四方恭子時代の響きを残しているのを確認出来てうれしい。そのことは、珍しく第1楽章終了後に拍手が起きる7月のヤクブ・フルーシャの客演による「巨人」ほかでも十分感じられました(0703、WDR)。

ドホナーニ/NDRのベートーヴェン交響曲全曲ツィクルス(05、NDR、過去記事こちら参照)。春のBPO定期はキャンセルしたドホナーニもここでは実力全開、昨年の白眉となるような大変な名演でした。弾むリズムに俊敏なるテンポで一気呵成に聴かせ実に生気あふれるベートーヴェン。特に1番、2番、5番、8番が素晴らしい。ブロムシュテットと並んで年齢を感じさせない老大家と言えますね。

病欠したティーレマンの代役になんとマゼールが登壇したミュンヘン・フィルのパリ・ケルン公演でのブルックナー8番(0514、FranceMusiqueと0516、WDR)も印象的。BPOでも昔ヴァント代役にザンデルリンクて、ありましたなあ。
ミネソタ管客演のギルバート・ヴァルガは、5月にR・シュトラウスとラヴェル(悪魔的なラ・ヴァルスのすごかったこと!)、10月にはドヴォルザーク8番とウォルトンのチェロ協奏曲(独奏ロス)を披露。
5月になりますと各地で音楽祭開幕。シュヴェツィンゲン音楽祭ではブレハッチのバッハ、モーツァルト、ショパン(0518、SWR)やムローヴァ、ウィスペルウェイ、ベザイディンオートによるトリオ(シューベルトのD.929)が印象的。ベザイディンオートの硬質なピアノに二人の弦が溶岩のようにねちっこく絡んで静かに熱い。シュタインバッハーとクーレックによるブラームス、シュニトケ、ベートーヴェン「春」(0526、SWR)もよかった。アファナシエフもショパンとシューマンのリサイタルで出てましたね(0717、Bayern4)。
ドイチュラントラジオではドレスデン音楽祭をいくつか放送。ゲルギエフの助手を務めた32歳のミハイル・タタルニコフ/ロシア・ナショナル管、レーピンのヴァイオリンでチャイコフスキーの協奏曲とラフマニノフの2番。チャイコフスキーではレーピンが伴奏をぐいぐい引っ張りスリリング。アンコールでは18番のパガニーニの「ヴェニスの謝肉祭」をけれんたっぷりに弾き、聴衆も爆笑するライヴならではの愉しさ。こういうの聴くとほんとうれしくなります(別演奏ですが8年前のヴァルトビューネの演奏がyoutubeにも上がってました。こちら)。

春先にMETの「椿姫」をドタキャンして集中砲火を浴びたものの、シンフォニー・コンサートでは健在だったスラトキン/ベルリン・ドイツ響のバーバー1番、パリのアメリカ人に、これも珍しいアンリ・ラボー(1873-1949)の交響詩「夜の行列」。ガーシュウィンでベルリンっ子からすごいブラヴォーをもらってました。しかし昔のMETでの「サムソンとダリラ」(実は「椿姫」はそれ以来12年ぶりのMET復帰だった)を聴いた限りではそう悪くないんですけれども。
アレクサンドル・ヴェデルニコフ/フランス放送フィルのラフマニノフ「フランチェスカ・ダ・リミニ」とミャスコフスキーのチェロ協奏曲(クニャーゼフ独奏)(0522、FranceMusique)も収穫。ヴェデルニコフはキャンセルの多いミッコ・フランクの代役として3月にも「ネフスキー」などで国立管を指揮。
FranceMusiqueは昨年もストなどで放送が一部停滞しました。いちばん割りを食ったのがロジェストヴェンスキーで、パリ管との「イワン雷帝」も予定より二ヶ月も放送延期(0703)。秋のドイツ放送フィルとの前衛的な頃のプロコフィエフ・プロ(息子とのヴァイオリン協奏曲第2番、交響曲第2番、鋼鉄の歩み)もFranceMusiqueでは結局放送中止。ただし後者は会場のシテ・ドゥ・ラ・ミュジークのサイトでいまも聴けます(こちら)。
カエターニ/フランクフルト・ムゼウム管のショスタコ6番(0531、ドイチュラントラジオ)

プレートル/ドレスデン州立歌劇場管のパリ公演ばらの騎士、エロイカ(0602、FranceMusique)
ヘンヒェン/パリ管のベートーヴェン5番(0603、FranceMusique)
年に一度くらいしか名前を見なくなったヨエル・レヴィ/イル・ド・フランス国立管の「展覧会の絵」ほかロシア・プログラム(0604、FranceMusique)
6月はラジオ・ルーマニアで知られざる名オペラ指揮者クリスティアン・バデアが国立放送管を指揮、「悲愴」と「オルガン付」(0605、0613、RadioRomania)。この人90年代はMETの常連で実はかなりの実力者です。あまり上手くはないオケを精一杯鳴らして「悲愴」の第1楽章展開部などただごとではない雰囲気。このときwiki書き込み人としてはラジオルーマニアまで手が回らなかったので、書いてくれた方にはほんとうに感謝。
ヴァンスカ/ミネソタ管のシーズン・フィナーレの「皇帝」(独奏スドビン)、ブルックナー7番(0605、ミネソタパブリックラジオ)
ギーレン/NDRのブルックナー1番、花の章、子供の不思議な角笛から(0606、NDR)
グレーザー/バイエルン放送合唱団、カフス(ティンパニ)、オリヴォ&ハンフトの四手ピアノによる「ドイツ・レクイエム」編曲版世界初演はティンパニだけ残してあとは四手ピアノという珍しい編曲。聴いていてオケの雄弁さが欲しくなってしまうのは当然か(独唱カウネ、フォレ、0606、Bayern4)。
マンゼ/ミュンヘン・フィルという異色の顔合わせでこれまた異色な、パーセルの編曲を含むオール・ブリテン(0612、Bayern4)。これが意外によかった。

グリゴリー・ソコロフのハイデルベルク・リサイタル、バッハ、ブラームスの幻想曲集、シューマンのソナタ第3番(0622、SWR)もありました。秋にはコペンハーゲンでも同じ曲目でリサイタルが放送(1027、DRP2)。
ショパン・イヤーで最もよかったのは、ラジオ・カナダで放送されたルイ・ロルティの弾き振りによる協奏曲二曲と軍隊ポロネーズのグラズノフ編曲、ケベック響の演奏(0623)。アンコールが「別れの曲」でこれだけでお腹いっぱいなのに、翌日今度はロルティのリサイタルでバラードとノクターンもやってくれました。
基本ORFは、わたしの録音環境では上手く録れないためよっぽどではない限り他局の放送を待ちます。なのでウィーン芸術週間やザルツブルク音楽祭などはあんまり聴けません。今年はスウェーデンを降りてからめっきり登場が減ったホーネック/ピッツバーグ響のウィーン来演ショスタコ5番と「皇帝」(アックス独奏)がそこそこよかったくらい。年末の放送を楽しみにしていた昔と違って、ネットラジオの普及による多様化や大スターの不在により、特にザルツは魅力が薄くなってきてるなあ、と感じてしまいます。コンテンツそのものがマンネリな印象なんですね。

7月はシーズンも終わり各地の音楽祭開始まで落ち着くのが常。そんな中ノリントン/シュトゥットガルト放送響の「我らが時代の子」(0710、SWR)はほんとうに素晴らしかった。この放送のあとナマ中継でブルックナー9番やってましたが、絶対こっちのほうが好きだな、という感じ。ノリントンがこの曲を愛して熟知しているのがよく分かります。メッセージ性より純粋に音楽の美しさを追求した演奏。バッハの管弦楽組曲を前プロに置かなくても、コラール部分や構成などバッハの宗教曲を思わせる箇所も多いこの曲は彼に向いてるんでしょう。プロムスでも以前BBCとやっていましたね。
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭開幕公演では、ドホナーニがキャンセルし(ベートーヴェンの前後キャンセル!)、別の公演でも出演予定だったエッシェンバッハがNDRを指揮、「ライン」とマーラー4番
モンペリエ音楽祭ではアルティノグル指揮でバーナード・ハーマンのオペラ「嵐が丘」(0715、FranceMusique)が珍しい。バーナード・ハーマンの曲は年明けにもDRP2でカンタータ「白鯨」をやります。
一方オランジュ音楽祭ではやっと出てきてくれたミッコ・フランク/フランス国立管、ネイグルスタッド、アラーニャ、シュトルックマンによる「トスカ」(0719、FranceMusique)。シュトルックマンのスカルピアは予想よりちょっと違和感あり。でも悪くはなかった。フランクは結局今年はこれだけ。体調悪いんだな・・・。オランジュはもうひとつ、キリル・ペトレンコ/フランス放送フィルのショスタコ14番(独唱ミキテンコ、コチェルガ、0729、FranceMusique)もよかった。
プロムスでよかったのはティエリー・フィッシャー/BBCウェールズの「レニングラード」とプロコフィエフのピアノ協奏曲第1番(独奏トラーゼ)ダウスゴー/デンマーク国立放送響のランゴー「天球の音楽」とシベリウスの5番とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲(独奏クラッゲルード)という重量級プロ、ヴァンスカとミネソタ管の二晩(ブルックナー4番とベートーヴェン「第九」ほか)くらい。あとはあんまり聴いてません。
まだやってたヴュルツブルク・モーツァルト・フェストでは来年バイロイトで「タンホイザー」を振るヘンゲルブロック/バルタザール・ノイマン・アンサンブル、ジェニファー・ラーモアの独唱で「大ハ長調」とベルカントオペラからの名曲集(0812、Bayern4)が、いろんな仕掛けがありまくりですごい。
ラインガウ音楽祭恒例のインバル/西部ドイツ放送響によるワーグナー&ブルックナー・ツィクルス、昨年は「パルジファル」第1幕前奏曲と聖金曜日の音楽に交響曲第1番(0903、WDRほか各局)。
昨年のSRP2バルト海フェスティヴァルは、ストリームが変更された直後で上記のようなノイズ混じりだったので、ガッカリ。ブロムシュテットも出ませんでしたしね。二ヶ月ほど経ってようやく音のいいNRKでいくつか放送されて助かりました。中でもムーティ/スウェーデン放送響の「ドイツ・レクイエム」、サロネン/同響のマーラー3番が出色の演奏。

秋のシーズン開始でやっとオペラからシンフォニーコンサートに引き戻され、スクロヴァチェフスキがいきなりヘッセン放送響に客演。クピークとのショパン、ショスタコ5番(0904、hr)。スクロヴァチェフスキは元気でベルゲン・フィルとのショスタコ10番やミネソタ管とのブラームス1番も(1001、NRKと1023、ミネソタパブリックラジオ)。ブラームスは特に凄かった。
サラステ/ラハティ響とポゴストキーナは「テンペスト」、ユモレスク、交響曲第5番のオール・シベリウス(0910、YLE)。ユモレスク op.87と89は個人的な偏愛曲。ネットラジオでも2年に一度くらいしかかからないけど名曲です。
ブラームスの中品合唱曲群がかなりの頻度で演奏されていたのも昨年の特徴。「アルト・ラプソディ」や「運命の歌」、「運命の女神の歌」など多かった。ヘレヴェッヘ/オランダ放送室内フィルクサヴィエ=ロス/フランス放送フィルが同じ日に演奏してました(0911、Radio4とFranceMusique)。
パーヴォ・ヤルヴィがパリ管首席に着任してのお披露目演奏会は「ペリ」と「クレルヴォ」(0916、FranceMusique)。クレルヴォは録音に失敗しましたが、「ペリ」は精妙な音色で好演。サラステ/西部ドイツ放送響もお披露目の「火の鳥」、シューマンのヴァイオリン協奏曲(独奏ツィンマーマン)はまあまあの出来(0918、WDR)。逆に今年でシェフを退任するダウスゴー/デンマーク国立放送響は、「ダフニスとクロエ」が印象的。
トロンハイム室内楽フェスティヴァルでのアンスネス/ホープ/パワー/ガスティネルによるブラームスのピアノ四重奏曲第1番(0925、NRK)も密度の高い名演。アンスネスによる同曲はスタブラヴァや清水直子らBPOのメンツともやってました(1009、ドイチュラントラジオ)。
グルベローヴァが久しぶりに登場してウィーンで「ルクレツィア・ボルジア」(ハイダー指揮、1003、SRP2ほか)。

デヴィッド・フレイのシャンゼリゼ・リサイタル(モーツァルトとベートーヴェンのソナタ)(1006、FranceMusique)。
ボン・ベートーヴェン・フェストではマリナーやパーヴォもありましたがひとつ挙げるならシュテファン・ブルニェーとベートーヴェン管による「葬送と勝利の大交響曲」(1009、WDR)。ライヴで初めて聴きました。
久しぶりのマーク・ウィグルスワース/オランダ放送フィルはショスタコーヴィチの3番(1016、Radio4)。えらいシャープな演奏。この曲のライヴ自体が珍しいのです。放送は4年前のショスタコ特集におけるソリヨム/マルメ響以来(記事はこちら)でCDもヴァンスカのプロムス・ライヴくらい。
フィリップ・ジョルダン/パリ国立歌劇場、フアン・ポンスほかでプッチーニの三部作も(1107、FranceMusique)。ポンスももう65に近いですけど頑張ってました。ルチアーナ・ディンティーノも久々に「修道女アンジェリカ」で名前を見ました。
ネゼ=セガン/BPO、ブロンフマン独奏によるプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番も名演。26年前のテンシュテット/グティエレス/BPOのコンビとはえらく違う演奏です。と思ってたらその演奏もCD化される。でその月評を当時この演奏をFMで解説していた金子健志氏がレコ芸(2011.1月号)に執筆するというすごいこともありましたねぇ。
秋以降元気なアダム・フィッシャーがヤンソンスの代役でバイエルン放送響を振ったベートーヴェン5番、バルトークのヴァイオリン協奏曲第2番(ツィンマーマン独奏)(1023、Bayern4)も丁寧で熱い演奏。ツィンマーマンのこの協奏曲のライヴはもう10種くらいあるかも(笑)。驚いたのは同時に弟のイヴァン・フィッシャーも西部ドイツ放送響とマーラー6番を振っていたこと(1023、WDR)。この兄弟、やっぱ実力者ですね。
ロッシーニのスペシャリスト、アルベルト・ゼッダ/ジュネーヴ大劇場、ガテル、リナルディ、サンタフェほかの「セビーリャの理髪師」(1024、Espace2)。ゼッダは最近年イチはどっかでロッシーニの放送が流れますね。貴重。

これもORFではすでに流れていたであろうシューベルティアーデのツァハリアス、G・シュルツ、ボッシュなどによるモーツァルト、ロッシーニ、「鱒」(1025、FranceMusique)も秋にやっと聴けました。そんなに他ジャンルほど聴いている訳ではないけれど、室内楽だとこれが昨年のベストかも。
フォークトのシャンゼリゼ・リサイタル(幻想ソナタとシューマンの「幻想曲」)(1027、FranceMusique)、ポヒョネンのオシアッハ・ライヴ(モーツァルト、ヘンデル、ブラームス)(1030、YLE)など秋らしくリサイタルにも当たり多し。
「ワルシャワの生き残り」を祝祭的または劇的な曲にあえて被せる試みも、これ多分ウィーンでアッバードが20年前にやってたことなんですが、いくつかありましたね。ラトル/BPOの「復活」(1031、RBB)はまあ普通にやってました。カンブルラン/南西ドイツでは前プロかと思ったら、なんとベートーヴェン「第九」の直後にアタッカで(!)そしてそのあとに第九終楽章のプレスティッシモが回帰して締めるという奇矯な解釈(1218、SWR)。これはちょっとさすがに予想できませんでした。
11月になりますとwiki番組表が一時閉店となり、自然録音意欲もがた落ち。ほぼ金曜深夜のオケ定期枠と土曜深夜のオペラ枠のみ注視するだけという体たらく。
ミハイル・ユロフスキ/スタヴァンゲル響のドヴォルザーク7番とチェロ協奏曲(独奏石坂団十郎)(1102、NRK)はものすごい力演。ホルンをはじめとした金管をあれだけ鳴らせる指揮者はスヴェトラ御大以来。ぜひ息子にも伝授してやってくださいまし。
準・メルクル/オスロ・フィル/ヒューイットのドビュッシーとラヴェル(1105、NRK)も選曲が素敵。「子供の領分」はヒューイットが弾くのかな、と思ったらたぶんカプレによる編曲だった模様。

ヴァンスカ/ミネソタ管の「幻想交響曲」、「死と浄化」ほか(1107、ミネソタパブリックラジオ)が新シーズンでいまのところいちばんよかった両者のライヴ。
ホーネック/NDRのチャイコフスキー5番(1107、NDR)もテンポや音の強弱がめまぐるしく変化する名演。やはりこの人の指揮は一癖も二癖もあります。ちょっと30年前のアーロノヴィチの演奏を思い起こさせました(こちら過去記事参照)。
同じ演目をウィーン芸術週間でもやっていたムーティ/VPOのチャイコフスキー6番、「リンツ」、「未完成」リュブリャーナ・ライヴ(1110、FranceMusique)。ヴェルディではあんなにキチッキチッとしてるのに、この人の「悲愴」は、タテの線はあまり気にしてないのか揺らしまくって毎回どう転ぶか微妙なんですが、今回は成功。独特のカタストロフが絶妙。
ただし演奏の完成度はダウスゴー/デンマーク国立放送響によるチャイコフスキー6番(1113、DRP2)の方が遥かに上。
ピエトロ・マッサのピアノ、マルツェフ/ノイブランデンブルク・フィルはカステルヌオーヴォ=テデスコのピアノ協奏曲2曲を一気にやってくれました(1112、ドイチュラントラジオ)ニ曲ともライヴ一切ないのでありがたし。
もう40歳なので若手ではないですが、マーラー・チェンバー・オーケストラの創設者の一人らしいアントネッロ・マナコルダ/ポツダム・カマーアカデミーの大ハ長調(1113、RBB)も素晴らしかった。昨年はヘッセン放送響などにも登場。
フーズム城音楽祭は珍しく昨年は二つのプログラムが放送されました。アムランによるC・P・E・バッハと自作(0830、ドイチュラントラジオ)とヌーブルジェによるバッハ、ヘラー、シマノフスキとジャン・バラケのソナタ(1115、ドイチュラントラジオ)。バラケのソナタは35分くらいかかる大曲。

昨年のハイライトのひとつがセルジュ・ボド/シュトゥットガルト放送響の「古典交響曲」、シマノフスキの協奏的交響曲(独奏アンデルジェフスキ)、「イベリア」、「バッカスとアリアーヌ」第2組曲(1113、SWR)。この83歳の老巨匠もまだまだ元気です。なにより音色の美しさは老熟したこの人の第一の美点。音が濁らないので実に見通しがよく、ピアニッシモの静けさ(特にシマノフスキ)もすごい。「イベリア」「バッカス」は最高の名演。

アッシャー・フィッシュ/シカゴ・リリック・オペラ、ラドヴァノフスキー、ロパルド、デラヴァンほかの演奏(1116、WFMTほか)がものすごく酷かったので過度に期待しすぎた面もあったランザーニ/ローザンヌ歌劇場、ダマート、アロニカ、ペテアンほかの「仮面舞踏会」(1127、Espace2)はランザーニの指揮も歌も(特にペテアン)よく、お見事。シカゴの借りをジュネーヴで。
マウチェリー/デンマーク国立放送響の映画音楽(ロビン・フッドの冒険、サイコ、未知との遭遇など)(1119、DRP2)も定期枠でよくこんなのやりますなあ。未知との遭遇(スピルバーグの最高傑作はこれ)はまたDVD見たくなりました。
SWRで年一回やるロッシーニ・イン・ヴィルトバート、一昨年のゼッダ指揮「泥棒かささぎ」に続いて昨年はジャン=リュク・タンゴー/ヴィルトゥオージ・ブルネンシス、レガッツォ、サラほかによる「コリントの包囲」(1122)。

11月末と12月には、なんと二つのベートーヴェン交響曲全曲演奏が。ウィーンでもやったティーレマン/VPOのパリ公演(1124ほか、FranceMusique)とハンガリーでは1984年ブダペストの春音楽祭からの渋い全曲演奏で、2番3番がエーリヒ・ビンダー、1番4番5番がアンドラーシュ・コーロディ、6番7番がジェルジ・レーヘル、そして8番9番がゾルターン・ペシュコー(1211ほか、BartokRadio)と、ビンダーだけウィーン人ですが自国出身指揮者中心の非常にローカルな全曲演奏。こういうのがあるからネトラジはやめられない。

12月に入るといよいよもうwiki復活しないのではないかと正直疑心暗鬼に陥り録音どころではなかったですが、スカラ座の開幕公演に合わせたかのように12月8日ついに管理人さんが移転に成功。ほっ。
ヘンヒェン/フランス国立管のハイドン44番、「ドイツ・レクイエム」(1210、FranceMusique)は癒されました。昨年は要所でサヴァリッシュ、パパ・ヤルヴィ、ムーティとこの曲の名演奏が聴けて救われた感じがします。
さらに癒されたのがズヴェーデン/オランダ放送フィル、シュトルックマン、ホル、フォークト、ダライマンほかの「パルジファル」(1211、再放送1218、Radio4)。11日は第1幕が放送事故でなぜか室内楽。NHK-FMの1994バイロイト指環では「ラインの黄金」に地震速報が入り、要望で当日深夜に放送し直したという話を聞いたことがありますが、オランダRadio4もしっかり再放送してくれるんですね。しかしオケが実に丁寧で、ズヴェーデンも呼吸感が十分あり、場面転換の音楽など素晴らしかったです。
ヴェルザー=メスト/ウィーン国立歌劇場、ダルカンジェロ、エスポジト、マシューズ、ピルグ、コンスタンティネスクの「ドン・ジョヴァンニ」(1212、NDR)
ランニクルズ/ベルリン・ドイツ・オペラ、ストレイ、アルドリッチ、P・ラング、ハーゲン、マッカーシーほかの「トロイ人」(1212と1213、ドイチュラントラジオ)
フリードリヒ・チェルハがハノーファーNDRを振ったチャイコフスキー3番と自作(1213、NDR)なんてのも妙な取り合わせでしたね。
年の瀬になって予想もしなかった大演奏がエッシェンバッハのチャイコフスキー(ロメジュリ、フランチェスカ・ダ・リミニ、ロココ風変奏曲、ピアノ協奏曲第1番、独奏マスレンニコフとバルト)(1215、ドイチュラントラジオ)。特に名パートナーバルトとの協奏曲は昔聴いたラフマニノフの3番並の巨大な名演。第1楽章終了後に拍手もまあ、この演奏なら。「フランチェスカ~」はあまりに力瘤が入りすぎてやや空転気味。

最後に、タネーエフの交響曲第4番が異常に多かったのが印象的。トーマス・ザンデルリンク、プレトニェフ、パパ・ヤルヴィがバルティック・ユース・フィルと年末にはBPOとも取り上げていました。たとえば、ショスタコ11番も前世紀まではほとんどライヴはなかったので、それと似たような再評価ということでしょうか。果たして定着しますかどうか。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2011-01-03 : ネットラジオ回顧 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

バイロイトの火の神を全部聴いてみる(3)―ルドルフ・ルスティヒ

lustig.jpg

今回は1954-55年の二年間、バイロイトにこの役と「オランダ人」のエリックだけで出演したヘルデンテノール、ルドルフ・ルスティヒ(1906-1998)。
キャリア的にはバイロイト登場時に48歳と若くはありませんが、このバイロイト出演前後にもクリュイタンスとウィーン国立歌劇場の「トリスタン」で題名役(1957年、Walhall)や、ベームとナポリ・サン・カルロ劇場での「タンホイザー」題名役(1955年、Andoromedaなど)と活躍はディスクにも残されており、脂が乗った時期にバイロイトに招かれていることが判ります。ただ、この55年のステレオ・リングが陽の目をみたときにわたしが書いた記事(こちら)にも芳しい評価はしませんでした。正直、この時期のバイロイトのローゲ歌いには前任にヴィッテ、後任とそれに続く人にズートハウス、ウール、シュトルツェと来ては影が薄くなるのも仕方のないところでしょう。

登場時の音像は遠くから来て近づいてきた感じ。この最初の台詞の遠さからしてイメージが悪くなった面もあると思います。が、今聴きますと颯爽としており、いかにもヘルデン的なローゲ。巨人の城作りを報告して、わたしが怠け者だという人は嘘つきだ!(der lügt, wer lässig mich schilt!)のあたりは素晴らしく、「デア・リュクト!」をめっちゃ強調して、「おっ」と思わせます。が、ヴォータンから忠誠を尽くせ!と言われると途端に滑舌が悪くなるのはどうしたことでしょう。「Dumme!」はそれでも鋭くて、世界旅行のくだりもしっかりと歌い上げており、それなりに立派です。
ただこれ以後も、先のエントリーで書いたようにやっぱり声のコントロールには欠けている感じ(息が浅いせいか、フレーズの切り方がいっぱいいっぱいで余裕がなく聴こえてしまう)。それにヴィッテとは逆に、表現が練れていないというか、大味で一本調子になってしまうので、魅力に欠けます。さらに、ある程度の高音が無理くりずり上げる感じできつ苦しく、高音のフレーズになるたびにドキドキしてしまいます。録音の音がよすぎるせいもあるのでしょうけれど。ただ、楽天的なフロー(トラクセル)や相変わらず泣きのよく入るミーメ(クーエン)との声の対比はよく、ローゲの策士的な面は出ているのでまずは及第点といったところでしょうか。

ニーベルハイムの第3場は、この当時バイロイトでよく使われていた電子楽器によるノイズが全編を覆い(受信状況の悪いFMのようなサー、というようなノイズ)、この「指環」録音でも最も辛い場面です。
ここでもルスティヒのイメージは前述の通り。どうにも一本調子。大蛇出現のステレオ管弦楽とか55年とは思えぬくらい素晴らしいんですが。ナイトリンガー、ホッターやクーエンが老練なだけに、ノイズとともに惜しい。たとえば、ローゲがアルベリヒに「今度は小さな、ちっぽけなものになることができるのか?」と問いかけるあたりのフレーズも、彼なりに性格表現はしているのにもかかわらず、熟していないのでどうも小手先に聴こえてしまう。ナイトリンガーもよく騙されたなあ(笑)。アルベリヒを捕獲するあたりの切迫感はオケが雄弁で素晴らしく、ルスティヒもカッコよく聴こえますが。

ところで、ホッターやナイトリンガー、グラインドルももちろんそうなのですが、この55年の録音で、特に素晴らしいと思ったのがフリッカのミリンコヴィチと、フローのトラクセルです。モノラルだと魅力に欠けるかな、と思っていたのが前者の歌のなんと瑞々しいことでしょうか。またフローも出番はとても少ないものの非常に丁寧に歌っているのがよく分かり、短いながらも「なんと心地よい風が~」や「城へと、橋は通じています」など、触ると壊れそうな蕩けるような美しさです。見事と言うほかないリリックテノールぶり。元々いいな、と思っていたのが録音のお陰でさらによく聴こえるのです。ペネロープ・テュアリングの「新バイロイト」によると、この時期音楽祭の合間には出演歌手のリート・リサイタルがあり、トラクセルの「美しき水車小屋の娘」を聴いたとか。なんとも贅沢な話ですなあ。ただ、当然ながら全員が全員いいかというとそうでもなく、ずっとこのプロダクションでエールダを歌っているイロシュファイは相変わらず息が浅く、イマイチです。あと、意外にもヴェーバーのファーゾルトがあんまりよくない。彼に関してはこの演奏に限っては、ですが。

ルスティヒの最後の聴かせどころ、「神々は終末へと急いで行く」は第4場からずっとふてぶてしいというか、ニヒルな感じで通していた彼の面目躍如といったところ。ここはカイルベルトの指揮もよく、まあまあ。ただやっぱり不自然なフレーズの切り具合が興を殺ぎます。
全体の印象は、ローゲ役としては頑張っているとは思えるものの、歴代の練りに練られたローゲ役に比べると、留保が付くのは仕方のないところ。全く魅力がない訳ではなく、所々で素晴らしいところもあるので、実に惜しいのですが。残念ながら上の写真で見てももっさりとしたローゲ像は払拭できませんでした。

☆「新バイロイト」テュアリング女史の評価:1954年は言及なし。1955年「期待はずれであった」

次回からはいよいよローゲ黄金時代。1956-57年に登場したルートヴィヒ・ズートハウスを取り上げます。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2010-12-20 : バイロイト音楽祭のローゲ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バイロイトの火の神を全部聴いてみる(2)―エーリヒ・ヴィッテ

witte.jpg

今回は1952-53年に登場したエーリヒ・ヴィッテ(1911-2008)。
第二次大戦前からワーグナーではミーメ、フロー、「タンホイザー」のヴァルター、「トリスタン」の牧童や若い水夫、ヴァルター・フォン・シュトルツィング、ダーフィト、「パルジファル」の第二の騎士などを歌っていたようです。キャラクターテノールが歌う役どころをきっちり抑えており、クーエン~シュトルツェ~ツェドニク~G・クラークと流れるその系譜の先駆けとなっている歌手とやはり言えるのではないでしょうか。但し往時にはシュトルツィング(今最も入手しやすいのはWalhallから出ていた55年のコンヴィチュニー/ベルリン国立歌劇場盤か)や、バッカス、フロレスタン、カヴァラドッシやオテロですら歌っているようなので、録音がシュトルツィング以外ないとはいえキャラクターテノール、というだけでは語ることはできない歌手でしょう。このあたりは発掘を希望。
バイロイトでは1943-44年の戦時の「マイスタージンガー」にダーフィトで登場し、新バイロイトではこの1952-53年にローゲで再登板しました。のちにケンペ指揮コヴェント・ガーデンの1957年の上演(TESTAMENT)でもローゲで登場しています。

今回のリファレンスは1952年がArchipelから出ていたもの、1953年についてはカイルベルト指揮による第一ツィクルスがGoldenMelodram、C・クラウスが振った第二ツィクルスはOrfeoから最近出たもの、および以前から持っていたArchipelによっています。
そんな訳でヴィッテのローゲ録音は、バイロイトで三種、上記ケンペ盤を入れると四種も聴くことができます。これは歴代のローゲの中でも多い方と言えます。

どの年にも感じられる印象としては、いわゆるキャラクターテノールにありがちな、旋律線を崩すような「絶叫調」の台詞が、どれも非常に音楽的に「歌われている」ということ。ヴィッテについては、キャラクターテノールと見られがちですが、基本的にはリリックな声質で、聴いていて美しい瞬間が多いです。口跡も鋭くなく、むしろ柔らかいので実にノーブルな印象で、神の端くれとして十二分に気高さもあります。ぱっと聴いただけで、あ、このローゲはいいな、と思わせる歌いぶり。世評が高いのも頷けるというもの。
それでいて言葉の表現は実に反応がよく、ひとつひとつの単語をきっちりと発音していて歌い崩しがみられないのも素晴らしい。まさにホッターのヴォータンに対応していると言えましょうか。そのキャリアの最初は役者兼声楽コーチだったというのも納得です。

1952年の歌唱はいちばん若い時期(41歳)の録音だけあって最も張りが感じられます。この年の焦点は、ヴォータンのヘルマン・ウーデとの絡み。ウーデはこの年と1960年しかバイロイトでヴォータンを歌っていないのです。また、1952年は「ラインの黄金」、1960年は「ラインの黄金」と「ジークフリート」だけで、通してのヴォータンを歌わせてもらっていません。今から考えるととてももったいない。50年代はホッターが一手にこの役を歌っているので仕方ない気もしますが、60年代はオットー・ヴィーナーを通して起用するくらいなら・・・と思わざるを得ません(尤もウーデもこれが不満でバイロイトと袂を分かち、ヴィーナーはその後の話なので結果論です)。
アクが強いとか言われているウーデの歌唱はそれだけに実に面白いです。個人的にはだいたいマッキンタイアやトムリンソンなど、一定の水準以上に達しているヴォータン歌手はそう言われてけなされるとまでは言わないにしても、ホッターとの差別化でそう言われている気がしなくもありません。ま、ここはローゲの話なので深くは言いませんが、たとえば今のヴォータン歌手たちに比べれば、みな立派なのは確かとだけ申しておきます(好調時のシュトルックマンは除く)。

ヴィッテに戻ります。ウーデとの最初の掛け合いは余裕です。フローやドンナーに煽られるところの歌も実に落ち着いており、「あなたたちは自分の恥を隠そうとして、私の悪口を言うのか、愚かな連中だ。」(Ihre Schmach zu decken schmahen mich Dumme.)も最後の「Dumme!」でひとによって強烈な表現が多い箇所ですが、柔らかく少し強めにアクセントをつける程度で音楽的。その後も抑揚や強弱はそれほどでもないのですが、それだけにちょっとした強調が大きくモノを言うことになっており、半神半人としてのローゲがどちらかというと神寄りに見事に再現されると同時に、細かな機微も感じられる、とても繊細な役作りとなっています。指環強奪を企むウーデのヴォータンが、どちらかというと人間的に聴こえるのと好対照と言っていいかと思います。前述したホッターの場合と逆なんで面白いんですね。
第3場でのミーメとの掛け合いも、クーエンのキャラクターテノール的な歌唱とは明らかに違い、ヒロイックな質の感じられる歌なので区別も容易です。ここではミーメが退場したあとは、声の重いウーデとナイトリンガーのドロドロの意地の張り合いみたいになるところを、ヴィッテの歌がいい感じで合いの手を入れてアクセントになっているかのようです。
最初から最後に至るまで、焦れたようなところはなく、一貫して余裕(に思えるほど落ち着き払った風情)の歌唱。「彼らは、終末へと急いでいく」(Ihrem Ende eilen sie zu,)もゆっくりと台詞を噛み締めるように歌います。ここはちょっとカイルベルトの指揮が鈍い(加速が)ので、やや合わせにくそうですが、無難です。こうした点はキャラクターテノールとしてのローゲというよりも、神としての高貴さを感じさせ、ウーデの気性の激しそうなヴォータン像とはほんとうに一線を画しています。

1953年の歌唱は、第二ツィクルスのC・クラウスの指揮が若干早めなせいか、ヴィッテも最初はやや合わせにくそう(ただ、クラウスもホッターにはじっくり付けているのが面白い)。例の「Dumme!」も鋭くつぶやく感じ。ところがこれが「恩を仇で返されるのが、いつもローゲの運命です」(Immer ist Undank Loges Lohn!)あたりからクラウスがややテンポを落とし、「だが、無駄に探したあげく、今や私は気付きました」~「女性の愛を断念しようとは」までを頂点としてじっくりと歌わせるクラウスの指揮の手腕には、脱帽です。まさにここやねん!といった感じ。ここの濃密な弦と、官能的な木管はすごい!モノラルを感じさせません。すっ飛ばしていたアクセルを急に落とし、「間」が「魔」として機能し始めているのです。叙事的な「ラインの黄金」のなかでも稀に抒情的な瞬間です。もちろん、ヴィッテもここは見事。
とにかくこのあとはもうクラウスの指揮とホッターが素晴らしすぎ。ヴィッテもまた相乗効果か1952年以上の歌いぶりです。密度が高すぎて個々の箇所云々ではないとすら言えます。
第3場でもやはりノーブルで、アルベリヒが大蛇に化した際の「オヘー!オヘー!」も実に音楽的。なによりナイトリンガーとの掛け合いが実に素晴らしい。はしゃいだようなところがなく、半神としての威厳というか品格漂うので、余計にナイトリンガーの黒さが際立ち、ホッターも相変わらず神々しいので三人のキャラが引き立っています。

で、ここでまた余談。ローゲ史において避けて通れない、ゲルハルト・シュトルツェについて少し書きます。
1953年の彼は、1951年の再開以来まだ新バイロイトで端役で、「パルジファル」の小姓や「名歌手」のモーザー、「トリスタン」の牧童などをこの頃歌っています。初の大役は1956年からのダーフィト、そして1957年からのミーメとなるのですが、この1953年でしか聴けないフローは、今の目から見ますとかなりものめずらしく見えます。フローという役は、ヴィントガッセンをはじめ、コーンヤやハンス・ホップ、コロ、イェルザレム、ヴォトリヒなどどちらかというとヘルデンテノール予備軍的な扱いの強い役どころなのです。
ただ、まだこの時期はクセのある声で一瞬でシュトルツェと判るものの、神妙に美しくフローを歌っているのが大変印象的です。数少ないフローの聴かせどころ、神々のヴァルハラへの入城の虹の橋の歌も、力強くて素晴らしいです。シュトルツェといえば後年の歌い崩しまくりの強烈なキャラクターがあまりにすごいのですが、この時期はジェフリー・スケルトンの「新バイロイト」にあるように、この地において彼も将来を嘱望された歌い手のひとりだったことがよく分かります。バイロイトでのミーメにしても、1958年においては、まださほど強烈ではなく、前任者クーエンをしっかりなぞっているような、噛んで含めるようなミーメで後年とはだいぶ違いますし、ローゲもまた、そうです。彼については、バイロイトをいったん離れたあとくらいから芸風のデフォルメがいや増したように感じますが、このことはまた1960-64年の彼のローゲで書くことにしましょう。

今回は脱線が多いですね。
ニーベルハイムから戻ってきても、ヴィッテのローゲはたいへん見事です。「彼らは、終末へと急いでいく」(Ihrem Ende eilen sie zu,)では、カイルベルトと違ってクラウスの加速が実に自然で、歌と一緒に盛り上がるので違和感がないです。クラウスもヴィッテもまったく強引さがないので聴き易く、実に音楽的。ホッターのあまりの素晴らしさもあって、策略のドラマとしての「ラインの黄金」というよりも、神々の御伽噺、という風情もします。たださすがにいちばん最後の「水の中のお前達よ、」(Ihr da im Wasser,)は若干オフマイク気味になってしまう(おそらく下界のラインの乙女に語りかけるためか)のと、ややレガートに流れ過ぎる気もしますが、全体としては高水準で、ローゲ史上においてもほぼ隙のない最高の歌唱のひとつであろうと思います。もちろん、C・クラウスの指揮も指環史上最高の名演のひとつです。

あまりに長くなってしまったので1953年のカイルベルト指揮の第一ツィクルスと、1957年のケンペとのコヴェント・ガーデンでの歌唱は、簡単にコメントだけ。
53年のカイルベルト盤は、ほぼイメージは前年通り。一部ライヴならではのミスが聴かれ、音程も少し変な箇所がある(登場してからの語り)など、やや調子が悪そうです。録音も不安定で、全曲最後の大事なところでなぜか遠くなるなど、残念。ただカイルベルトは前年よりよく付けています。
57年盤は最も新しい音源にもかかわらず、録音状態は最悪なこともあり、生気に欠ける印象です。復刻状態は精一杯なのでしょうが、ちょっと臨場感がなさすぎます。ヴィッテ自体の歌も、バイロイトでのものに比べると、やはり落ちます。所々でケンペの伴奏の上手さは感じられますが、この盤はバイロイトで歌うことのなかったクルト・ベーメのファーゾルトとハーゲン(バイロイトではファーフナー、ポーグナー、ティトゥレルのみ)を聴くことができるのが最も重要でしょう。

☆「新バイロイト」テュアリング女史の評価:1952年「実に見事なローゲ」1953年は言及なし。

次回は1954-55年のルドルフ・ルスティヒ(54年の音源は出たことがないので55年のみ)を取り上げます。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2010-12-14 : バイロイト音楽祭のローゲ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

番組表wiki復活

大変長らくお待たせいたしました。

管理人さんのご尽力により、「海外ネットラジオのクラシック音楽番組」―番組表wikiが8日夜、めでたく移転に成功し復活しましたことをお知らせします。
管理人さんによりますと、サイト立ち上げ当初はwindowsを使っておられたそうなのですが、現在はmacに変えられたため、設定に難儀されたこと、また勤め先がお忙しかったことなども重なってしまったため予定がずれ込まれたそうです。

いちおうすでに、わたしともうお一方残っていらっしゃった書き込み人さんも既に昨日分から書き込みを開始しております。

私見ですが、ネットラジオも普及と共に、個人・掲示板問わずいろいろなサイトなどに番組表が乱立している現在、wiki番組表の書き込み人も不足していると思われます。おそらく年が明けてからは前述のように、ほぼわたしともうひとりの方で番組情報を書いている現状になっております。
wikiの名の通り、この番組表は個人のものというよりも、皆で情報を共有しあう、という意味合いが強いと思っていますので、わたしも書いてみたい、けど分からない、という方がもしいらっしゃれば、書き方などお教えしますのでご連絡いただければと思います。

はじめは面倒かつ難しく見えるかもしれませんが、慣れれば意外と簡単です。このPC音痴のわたしが大丈夫なのですから(笑)

今後ともよろしくお願いいたします。

新番組表url http://classicradio.es.land.to/cgi-bin/index.cgi?FrontPage

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2010-12-10 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

海外ネットラジオのご案内―各局リンク

海外ネットラジオwiki番組表の今後の動向がまったく不透明なため、再開まで当ブログにおきまして私的側面の強い番組案内をやっていきます。
某ブログのような網羅的なものは時間の都合上出来かねますが、個人的に興味深いものからピックアップして参ります。まずは、いちおう備忘録的に各局ストリームでわたしが主に録音時使用しているストリームを。

ドイツ

NDR(北ドイツ放送、ハンブルク、北ドイツ放送響/ハンブルク州立歌劇場など) 
128kbpsmp3 http://ndrstream.ic.llnwd.net/stream/ndrstream_ndrkultur_hi_mp3
96kbpswma http://ndr-ndrkultur-hi-wma.wm.llnwd.net/ndr_ndrkultur_hi_wma

Deutschlandradio Kultur(ドイチュラントラジオ、ベルリン、ベルリン・ドイツ響/ベルリン・フィルなど)
128kbpsmp3 http://www.dradio.de/streaming/dkultur.m3u
128kbpsogg http://www.dradio.de/streaming/dkultur_hq_ogg.m3u

RBB(ベルリン・ブランデンブルク放送、ベルリン、ベルリン・ドイツ響/ベルリン・フィルなど)
128kbpsmp3 http://www.kulturradio.de/live.m3u

Nordwestradio(北西ドイツ放送、ブレーメン)
128kbpsmp3 http://sc5.lax.llnw.net/stream/gffstream_mp3_w50a

hr2(ヘッセン放送、フランクフルト、ヘッセン放送響など)
128kbpsmp3 http://metafiles.gl-systemhaus.de/hr/hr2_2.m3u

MDR Figaro(中部ドイツ放送・フィガロ、ライプツィヒ、中部ドイツ放送響/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管など)
128kbpsmp3 http://avw.mdr.de/livestreams/mdr_figaro_live_128.m3u

BR-Klassik(バイエルン放送、ミュンヘン、バイエルン放送響/バイエルン州立歌劇場/バイロイト音楽祭など)
128kbpsmp3 http://streams.br-online.de/br-klassik_2.m3u
128kbpsmp3 http://gffstream.ic.llnwd.net/stream/gffstream_w13a
128kbpsmp3 http://gffstream.ic.llnwd.net/stream/gffstream_w13b
128kbpswma http://streams.br-online.de/br-klassik_2.asx

SR2(ザールブリュッケン放送、ザールブリュッケン、ドイツ放送フィルなど)
128kbpsmp3 http://streaming01.sr-online.de/sr2_2.m3u

WDR(西部ドイツ放送、ケルン、ケルンWDR響/ボン・ベートーヴェン音楽祭など)
128kbpsmp3 http://www.wdr.de/wdrlive/media/wdr3.m3u
256kbpsその1 http://gffstream.ic.llnwd.net/stream/gffstream_mp3_w105a
256kbpsその2 http://gffstream.ic.llnwd.net/stream/gffstream_mp3_w105b

SWR(南西ドイツ放送、バーデン=バーデン、南西ドイツ放送響/シュトゥットガルト放送響/シュヴェツィンゲン音楽祭など)
128kbpsmp3 http://mp3-live.swr.de/swr2_m.m3u

オーストリア

ORF(ウィーン・フィル/国立歌劇場/ウィーン響/ORF響/モーツァルト週間/ザルツブルク音楽祭/リンツ・ブルックナー音楽祭など)
112kbpsmp3 http://mp3stream3.apasf.apa.at:8000/listen.pls
64kbpswma mms://stream4.orf.at/oe1-wort
64kbpswma mms://apasf.apa.at/oe1_live_worldwide

フランス

FranceMusique(フランス・ムジーク、パリ、フランス国立管/フランス放送フィル/パリ管/パリ国立歌劇場/サン・ドニ音楽祭/ナント・ラ・フォル・ジュルネ音楽祭/オランジュ音楽祭など)
128kbpsmp3 http://www.tv-radio.com/station/france_musique_mp3/france_musique_mp3-128k.m3u

ベルギー

Musiq3(ムジーク3、ブリュッセル、ベルギー国立管/リエージュ・フィルなど)
128kbpsmp3 http://www.static.rtbf.be/radio/musiq3/m3u/mus3_128k.m3u

オランダ

Radio4(オランダラジオ4、アムステルダム、コンセルトヘボウ管/オランダ放送フィル/ロッテルダム・フィル/オランダ放送室内フィルなど)
384kbpswma http://www.omroep.nl/live/radio4-5channel.asx
128kbpswma http://switch.streamgate.nl/cgi-bin/streamswitch?streamid=48&a=.asx
直リン http://www.omroep.nl/radio4/live64.asx
直リン http://www.omroep.nl/live/radio4-breed.asx
192kbpsmp3 http://shoutcast2.omroep.nl:8106/

スイス

ESPACE2(スイス国営放送フランス語局、ジュネーヴ、スイス・ロマンド管/ローザンヌ室内管/ジュネーヴ大劇場など)
128kbpsmp3 http://broadcast.infomaniak.ch/rsr-espace2-high.mp3
128kbpsmp3 http://broadcast.infomaniak.ch/rsr-espace2-high.mp3.pls

DRS2(スイス国営放送ドイツ局、チューリヒ、トーンハレ管/バーゼル室内管など)
128kbpsmp3 http://stream.srg-ssr.ch/drs2/mp3_128.m3u


ルクセンブルク

Radio100,7(ラジオ100,7、ルクセンブルク、ルクセンブルク・フィルなど)
128kbpswma http://stream.100komma7.lu/100komma7/

ノルウェー

NRK(ノルウェー放送、オスロ、オスロ・フィル/スタヴァンゲル響/ベルゲン・フィル/ウィグモア・ホールなど)
192kbpsmp3 http://lyd.nrk.no/nrk_radio_klassisk_mp3_h
160kbpswma http://lyd.nrk.no/nrk_radio_klassisk_wma_m
384kbpswma http://lyd.nrk.no/nrk_radio_klassisk_wma_h

デンマーク

DRP2(デンマーク放送P2、コペンハーゲン、デンマーク国立放送響/シェラン響/デンマーク王立管/デンマーク王立歌劇場/オーフス響/オールボー響など)
128kbpswma http://www.dr.dk/netradio/Metafiler/ASX/DR_P2_128.asx

DRk(デンマーク放送クラシーク、コペンハーゲン、主にDRP2再放送枠など)
128kbpswma http://www.dr.dk/netradio/Metafiler/ASX/DR_Klassisk_128.asx

フィンランド

YLE(フィンランド国営放送、ヘルシンキ、フィンランド放送響など)
128kbpswma http://yle.fi/livestream/yleradio1.asx
256kbpswma http://mediau.yle.fi/liveyler1hifi?.wma     

スウェーデン

SRP2(スウェーデン放送P2、ストックホルム、スウェーデン放送響/ストックホルム・フィル/スウェーデン王立歌劇場/バルト海フェスティヴァルなど)
96kbpsaac http://http-live.sr.se/p2musik-aac-96
192kbpsaac http://http-live.sr.se/p2musik-aac-192
192kbpsmp3 http://http-live.sr.se/p2musik-mp3-192
オンデマンド http://www.sr.se/cgi-bin/P2/kanalarkiv.asp

エストニア

Klassikaraadio(エストニア国営放送、タリン、エストニア国立響など)
96kbpswma http://web.mmm.elion.ee/klassikaraadio.asx

ハンガリー

BartokRadio(ハンガリー国営放送バルトークラジオ、ブダペスト、ハンガリー放送響/ハンガリー国立フィル/ハンガリー国立歌劇場など)
128kbpsmp3 128kbpsmp3
128kbpsaac http://stream002.radio.hu/mr3.aac

ポーランド

Polskie2(ポーランド放送響、ワルシャワ・フィルなど)
128kbpswma mms://stream.polskieradio.pl/program2?MSWMExt=.asf
128kbpswma mms://195.245.217.7:80/program2?MSWMExt=.asf
128kbpswma http://www.polskieradio.pl/st/program2.asx

チェコ

Český rozhlas 3 - Vltava(チェコ国営放送ヴルタヴァ、プラハ、チェコ・フィル/プラハ放送響/プラハの春/プラハの秋など)

256kbpsogg http://amp1.cesnet.cz:8000/cro3-256.ogg
192kbpswma mms://netshow4.play.cz/cro3-192?WMContentBitrate=200000
128kbpswma mms://netshow4.play.cz/cro3-128?WMContentBitrate=130000
80kbpsmp3 mms://stream.rozhlas.cz:8000/cro3_high.mp3

ルーマニア

Radio România Muzical(ルーマニア国営放送、ブカレスト、ルーマニア放送響など)
128kbpsmp3 http://stream2.srr.ro:8022/listen.pls
128kbpsmp3 http://stream2.srr.ro:8022/
128kbpswma mms://stream1.srr.ro/romania_muzical_128

スペイン

RNE Radio Clásica(スペイン国営放送、マドリード、スペイン放送響/マドリード・テアトロ・レアル歌劇場など)
128kbpsmp3 http://radioclasica.rtve.stream.flumotion.com/rtve/radioclasica.mp3.m3u

Catalunya Música(カタルーニャ・ムジカ、バルセロナ、バルセロナ響/リセウ劇場など)
128kbpswma mms://catmusica.directe-wm.emissio.catradio.cat/reflector:36524

イギリス

BBC Radio3(BBC・ラジオ3、ロンドン、BBC響/ロンドン響/プロムスなど)
48kbpswma http://bbc.co.uk/radio/listen/live/r3.asx

アメリカ

Minnesota Public Radio(ミネアポリス、ミネソタ管など)
128kbpsmp3 http://minnesota.publicradio.org/tools/play/streams/classical.pls

KUSC(ロサンジェルス、ロサンジェルス・フィルなど)
128kbpsmp3 http://kuscstream.org/mp3/kusc128.m3u

WGBH(ボストン、ボストン響など)
112kbpsmp3 http://streams.wgbh.org/classical.m3u

WFMT(シカゴ、シカゴ響など)
128kbpsaac http://www.wfmt.com/res/streaming/live/ad1/wfmtstream.pls

KUHF(ヒューストン、ヒューストン響など)
128kbpsmp3 http://app1.kuhf.org/KUHF-Classical-24hours.m3u

オーストラリア

ABC(オーストラリア放送協会、シドニー、シドニー響/メルボルン響/西オーストラリア響/タスマニア響/オーストラリア・オペラなど)
128kbpsmp3 http://www.abc.net.au/streaming/classic/classicfm.m3u
96kbpswma http://www.abc.net.au/classic/audio/wmpstream.htm
96kbpswma http://www.abc.net.au/streaming/classic/classicfm.asx

カナダ

Radio Canada(カナダ放送協会、モントリオール、モントリオール響/トロント響など)
128kbpsmp3 http://icy1.abacast.com/radiocanada-espacemusique-128.m3u

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2010-11-22 : ネットラジオ局リンク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

twitter

プロフィール

Kurwenal

Author:Kurwenal
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。